お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの画面割れ、悪化してしまう前に早めに修理をするのがベスト!

iphone12par56713_tp_v

 

世界中でみてもかなりのユーザー数である「iPhone」

街中で使用されているスマホを見かけてもほとんどの方がiPhoneを使っている印象で、老若男女幅広いユーザーから支持されているスマホになります。

 

現代社会においてスマホはほぼ生活必需品としても扱うことができ、

連絡手段だけではなくお買い物や定期券などの交通手段として一つにまとめたりできたりとかなり便利なものになります。

 

今回はそんなiPhone修理の中でも2トップとも言える《画面割れの修理》についての記事になります。

 

 

 

iPhone修理の2大故障の一つである画面割れ

画面が割れてしまうよくあるケース

普段からiPhoneを使用しているだけでも我々の身の回りには様々な故障の可能性が潜んでおります。

iPhone含めスマホの操作は本体の画面を指でタッチして行うものなのはご存知かと思いますが、

画面上でほとんどの操作ができる反面故障してしまうと何もできなくなってしまうという点もあります。

 

画面が割れてしまうケースとして多いもので言えば

「手を滑らせてしまい誤って落下させてしまった」

「ポケットに入れたまま圧迫されてしまった」

「外で使用中に落下させてしまい車に轢かれた」

などこの辺りのケースが多い印象を受けます。

 

 

 

iPhoneの画面の構造や割れた際の症状の違い

iPhoneの画面は昔からガラス製品とほぼ同等で運悪く落としてしまうとバキバキにひび割れてしまったりすることも多いのですが、

iPhoneの画面の特徴としては“ガラス割れだけで済んでいる場合は操作に支障が無い”ことが挙げられます。

 

iPhoneの画面の構造を簡単に説明すると

《表面にあるガラス》+《ガラスの下にある映像を映し出す部分の液晶》というような構造になっていて

操作ができている状態はガラス部分のみの破損でおさまっているパターンになります。

この場合は状態として軽度の破損としても扱うこともあります。

 

“操作が効かない(タッチ反応が無い)”や“画面の表示がおかしくなっている(画面にシミのようなものやカラフルな縦線が出ている”等の場合は

表面のガラスのみではなくその下にある液晶部分までダメージを負ってしまっていて破損している状態になります。

iPhoneの画面が割れてしまった際に出る症状としてはこの2つの破損状態に大きく分けることができ、

映像を映し出す部分が壊れてしまっている場合や操作が効かない部分がある場合は重度の破損として扱われることがほとんどです。

 

最初は割れているだけでも後に悪化する可能性も!?割れている場合は早めに修理が必要

mask_uketsuke_woman

 

今回は《iPhoneの画面割れ》について簡単にではありますがご紹介をさせて頂きました!

 

iPhoneの画面割れの場合最初は問題なく使用できていても急に使用不可能な状態に陥ってしまう事も多く、

画面操作ができなくなったり画面が映らなくなってしまうとそこからバックアップを取ることさえもできなくなってしまいます。

最悪の場合、画面割れによるタッチの誤動作などの影響により大事なデータのバックアップを残すどころか初期化をしなくてはいけなくなってしまう事にも!?

 

普段からのバックアップも非常に大切ですが、まずは画面が割れてしまっているままでの使用自体が良くない事なので

できるだけ早めに画面割れなどあれば修理などでキレイに修理をしてしまったほうが良いでしょう!

 

当店スマホスピタル高槻店では幅広いiPhoneシリーズの画面修理なども承っており

画面交換修理であれば即日でしかも基本的にデータもそのままで修理をさせて頂いております。

なるべく早めになんでも対処をしたほうが良いのは間違いないので、お困りであればご相談下さいませ!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。