お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

スマホスピタルお役立ち情報 iPadが曲がった!直る?どんな修理をするのか?

IMG_4980こんなに曲がったipad(たまに持ち込まれます)の相談もあるのでご案内しましょう。

まず本体が曲がっても「電源が入る」かどうかが重要です。

ここまで曲がっているとガラスは割れている事が多く、へたをすれば液晶まで破損しているなんて事もあります。

もちろん、ガラス割れ、液晶破損等は修理で直せますが、曲がったままの本体に取り付ける事はできません・・・その為一旦全て分解します。

IMG_0136中身はだいたいこんな感じです。半分ほどバッテリーで端っこにメイン基板があります。バッテリーに関しては強力な両面テープでついているので、綺麗に剥がす事ができません、必ず曲がります。その為バッテリーは交換時以外が原則外しません。

ただしメイン基板は取り外し、アルミフレームとバッテリーだけの状態にします。

アルミ自体は変形しやすく、力をかけてやると「ある程度」矯正可能です。ただ、完全には真っ直ぐ、真っ平らにはなりません、伸びてしまった部分がある為、あくまでガラスが収まる範囲となります。

IMG_4983大体このあたりが限界です。新しいガラスとやや隙間が出る状態なので、ケースなどで保護する必要があります。

ここまで矯正ができればメイン基板を戻し、新しい液晶やガラス部品を取り付けていきます。

iPadは以外と曲がっても完全に壊れてしまう事が少ないのが特徴ですが、写真を見てバッテリーが大きいと思った方も多いでしょう。それが「曲がっても壊れない理由」の1つになります。

当然メイン基板が折れてしまえば修復はできません・・・が曲がった部分がバッテリー側なら復活の可能性大!

さらに言えば車に踏まれた場合でも、基板側よりもバッテリーの方が曲がりやすい為、圧力がバッテリー側に逃げるんです。その為高い確率で復活するという事です。

 

もし曲がったから使わなくなった・・・等の理由のiPadで放置されている場合、直して使えるかもしれません。

まずは相談ください。

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。