お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの画面割れと液晶割れは違う?症状は同じ?

スマホ 画面割れ

 

iPhoneは画面が割れてしまっても、タッチが反応するとご存知の方も多いと思います。

通常の電子機器なら破損してしまうとタッチが反応しなくなってしまうのがほとんどです。

ではなぜiPhoneは画面が割れてしまってもタッチ反応があるのでしょうか?

これはiPhoneの構造と割れ方に秘密があるんです。

今回はガラス割れと液晶割れについてご紹介します。

 

ガラス割れと液晶割れの違い

 

一言で画面割れといっても【ガラス割れ】と【液晶割れ】の2種類があるのはご存知でしょうか。

ガラス割れはフロントガラスが割れてしまっている事、液晶割れはガラスの下にある液晶パネルが割れてしまっている事を指します。

iPhoneはフロントガラスと液晶パネルの2つに分かれています。

ガラスは液晶パネルを守る役目、液晶パネルは画面を映し出すほかにタッチパネルとしての役目ももっています。

そのためiPhoneが液晶割れを起こしてしまうと、表示が正常にされなくなってしまいます。

画面の一部分が黒くシミのようになってしまう、画面に線がでてしまう、タッチが正常にできない、ノイズがでる、など様々な症状がでてしまいます。

つまりガラスが割れただけだと、液晶パネルやタッチセンサーは機能するためガラスが割れてしまってもiPhoneを操作する事が可能という事です。

液晶割れは液晶とタッチセンサーがダメになっている事が多く、操作不能になってしまう事もあります。

 

iPhoneの画面割れは放置すると危険?

 

iPhoneのガラスと液晶は別々の部品となっています。

画面が割れてしまっても、液晶が無事なら操作する分には問題ありません。

それが原因なのか、iPhoneの画面が割れているにも関わらずそのまま使用する人の多い事…

割れたままの使用などは、内部にホコリや水分が入ってしまうので、精密機器のiPhoneが完全に故障してしまう可能性すらあります。

画面割れを放置していると、iPhoneが使用できなくなってしまう事もあるので、気をつけてください。

 

液晶割れを防ぐ!対処方法

 

iPhoneの液晶割れにはいくつか原因があります。

iPhoneを踏んづけてしまったり、ポケットやカバンに入れていたら画面が圧迫されて割れていたなどです。

一番多い画面割れ原因が、落下による破損です。

また、iPhoneを落としてしまっても大丈夫なように、保護フィルムを貼っておくのがいいでしょう。

落下の際に画面への傷や衝撃を吸収してくれるので、iPhoneを落としてしまった際の保険になります。

他には衝撃吸収のケースを装着していると内部に衝撃が伝わりにくくなるので、液晶割れを防ぐ事が出来ます。

 

画面の割れは早めの修理を!

 

iPhoneの画面が割れてしまった時にガラス割れか液晶割れか判断が難しい事があります。

ガラスが割れているだけだと思っていたら液晶まで割れてしまっていて突然タッチ反応が無くなってしまったり、画面がブラックアウトしてしまう事があります。

タッチ反応が無くなってしまうと、バックアップをする事も困難になってしまいますよね。

大事なデータを守るためにもiPhoneの画面割れは早めに修理する事をオススメします!

スマホスピタル奈良店では最短30分程でiPhoneの画面を修理してお返しする事が可能です。

基本的に大事なデータもそのままでお返しできますのでバックアップをしていなくても大丈夫です。

iPhoneの画面割れでお困りの方は、スマホスピタル奈良店へ是非ご来店くださいね。

 

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。