お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

スマホスピタルお役立ち情報 iPadの構造は機種ごとに違ってきます。ペンにも差が……?

ipad%e3%81%a8apple-pencil
iPadにも様々な種類がありますよね。

具体的には通常のiPad。コンパクトサイズなiPad mini。音楽、動画、アプリの利用が多めな人向けなiPad Air。ガッツリPCのように使いたい人向けのiPad Proですね。

 

これらの構造は全て異なっていて、使えるペンの種類も異なっています。

例えば3月に発表されたiPad Air(第三世代)や、iPad mini(第五世代)。両方ともApple pencilが利用できる機種になりますが、使えるのは初代のApple pencilのみに限られております。

現在登場している第二世代のApple pencilは構造上使用することが出来ないのです……。

 

初代のApple pencilは充電口(もしくはライトニングケーブル)に差し込んで充電・ペアリングをする仕組みになっています。

購入の際はお間違えの無いよう、お気をつけください!

 


構造の違いをもう少し

 

iPadも世代が上がるごとに日々進化をしております。

Apple pencilが発売してからは、画面一体型のフルラミネート系が登場し、書き心地の遅延が少ない画面パーツを使用したiPadも増えてきました。

 

iPad Proシリーズはこのフルラミネート形式で出来ているため、ガラス、もしくは液晶に問題が発生した場合には、画面全体をまとめて全て交換する必要が出てきます。

 

3月発売のAir(第三世代)、そしてmini(第五世代)も同様にフルラミネート系なので、画面が割れてしまった場合の修理費用は高くなってしまいます。

なので画面割れ被害を防ぐためにも、衝撃吸収フィルムや強化ガラスで保護をすることを推奨します。

 

当店で特におすすめしたいのは「スマートコート」でのガラスコーティングです!

スマートコートは特殊な液体をガラス表面に付着させることで、ナノレベルの粒子がじっくりとガラス表面と結びつき、強化されていくというものとなっています。

塗布した日から約1か月で、鉛筆で例えるところの9Hの硬度になります。

絶対的な保護を補償するものではございませんが、安心要素としてご利用頂ければと思います。

 

さて、iPadは一体型と、ガラスと液晶が分離しているタイプがあります。

先述したiPad Pro、Air2、mini4、mini5は一体型です。

これ以外は分離型ですので、ガラスが割れた際は、表面だけのダメージであれば、ガラスのみを交換することで対処が可能です。

 

分離型でApple pencilが使用できるiPad 2018年モデルは分離型ですので、一体型と比べると書き心地が異なっていると考えられます。

 

毎年のように最新機種が登場するiPadですので、その違いを探ってみるのも面白いかもしれませんね!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。