お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

スマホスピタルお役立ち情報 コピーパネルと高品質液晶パネルの違いをご紹介してみました!

iPhoneの画面割れや液晶不良で修理をする際にネットなどで調べるとコピーパネルという言葉が多く出てくると思います。それとはまた別に液晶が高品質ですよ!といったパネルも扱ってます!といった文言も見たことがあると思います。この液晶が高品質のパネルは業者によって何と呼んでいるかが全く違うのでなんとも言えませんが当店では高品質液晶パネルと呼んでおります。今回はこのコピーパネルと高品質液晶パネルの違いやメリット・デメリットなどをご紹介させて頂き修理の選択肢を広げてお客様のニーズに合った修理をご提案できればと思います♪

 

コピーパネルのメリット・デメリット

コピーパネルは中国製のiPhoneのオリジナルフロントパネルと見た目はほとんど変わらないパーツになります。メリットとしてはやはり修理費用を安く抑えることが出来るパネルになります。部品自体の価格が高品質液晶パネルよりも安い為に修理費用も安く出来るというわけです。また在庫がなくなるということも少ない為にパーツ取り寄せになるということもほとんどないのがメリットになると思います。 デメリットとしては、オリジナルの画面と比べると白色が少し薄青くなるところです。色が変わるというよりは蛍光灯の昼白色と電球色の違いと言った方がいいかもしれません。コピーパネルは昼白色で白がビッカビカな感じです。オリジナルは電球色で少し暖かい光になります。好みによってはコピーパネルの方が良い!という方もいらっしゃいますので好き嫌いで決めるのもいいかもしれません。

 

高品質液晶パネルのメリット・デメリット

高品質液晶パネルは純正の液晶に近い表現が可能な液晶を使用することでコピーパネルの青白さなどがないパネルになります。この高品質液晶パネルのメリットとしては映像の表現が純正に非常に近い為、ゲームや映像をよく見るといった方にはオススメです。写真なども綺麗に表現されるので写真をiPhoneで良く見るといった方にもいいですね♪ この高品質液晶パネルのデメリットとしては1つあります。それは修理費用がコピーパネルでの修理よりも少し高くなることです。液晶部分がコピーパネルに比べて費用が掛かっているために部品自体がかなり高額にになります。その為に修理費用も上がります。しかしiPhone8までですがコピーパネル修理よりも5.000円ほどで高品質液晶パネルでの修理が出来ますので今後も長く使う端末であれば高品質液晶パネルでの修理をオススメさせて頂いております。

 

iPhoneX以降の有機ELパネル使用の場合は?!

iPhoneX以降のフラッグシップモデルにはフロントパネルに有機ELパネルを採用しております。黒色を綺麗に表現出来るパネルで液晶パネルよりも綺麗に映像や画像を表現出来るパネルです。この有機ELパネルはとても高価な部品の為、この有機ELパネルを使用している端末は自然と高価になります。それでは修理はどのようなモノを使うのでしょうか。iPhoneXを例にご案内します。iPhoneXは有機EL採用の端末ですので画面割れや液晶不良となった場合にはその画面全体を交換する必要があります。もっともお安く修理出来るのがコピーパネルになります。しかしこのコピーパネルは有機ELパネルではなく、液晶パネルになる為に有機ELの良い所は失われてしまいますので注意が必要です。これから何年かはこの端末を使うといった方であればなるべく有機ELパネルをオススメしております。有機ELのコピーパネルもご用意が御座います。修理費用はコピーパネル使用よりは高額になりますが、今後長く使用されるのであれば有機ELのコピーパネルをオススメさせていただいております。 最後に全画面タイプのパネルにも高品質液晶パネルも御座います!有機ELパネルよりも高額になりますが、映像描写や画像はとてもキレイですので少し費用がかかっても画像や映像を綺麗にみたいという方にオススメしております!

 

まとめ

このように修理をする際に選ぶパネルによってお安く修理が出来たり品質が高かったりと色々とお客様のニーズに合わせて修理が可能です。いろいろな選択肢と豊富な在庫によりしっかりとニーズに合わせることが出来ますのでiPhoneの画面修理の際には是非スマホスピタル宇都宮店へご相談いただければと思います♪ もちろんご相談・お見積りは無料で御座います!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。