お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneで1番多い修理は画面(ガラス)割れ!どの程度の画面割れなら修理可能?

 

「iPhoneの画面がかなり割れて

中も見えてますけどこれって修理できますか?」

というお電話でのお問合せをよく頂きます。

 

iPhoneの液晶パネルは

ガラス・タッチパネル・液晶が

一体化になったもので

画面割れ、タッチパネル故障、液晶不良などでも

液晶パネル交換で複数の症状を直す事が可能です。

 

今回はiPhoneの液晶画面の修理で

1番多い画面割れ修理に関してご紹介していきます。

「どうして画面割れは起こるのか?」

「そのまま使い続ける事はできないのか?」

など画面割れが起こる原因から放置するリスクなど

ご紹介していきますのでお役に立てればと思います。

 

iPhone修理のほとんどは液晶画面に関連する故障

修理依頼のほとんどをしめるiPhoneの液晶画面の修理。

なぜかというと同じ液晶画面の不具合といっても

症状が色々とあるからなんです。

 

そして自然故障の場合や過失による破損など

他のパーツの不具合よりも起こりやすい分

修理依頼も多くなります。

 

なぜiPhoneの修理はそんなに画面割れが多いの?

ご存知のようにiPhoneやスマートフォンの液晶画面には

ガラスが使用されています。

このガラスはある程度の強度のものが使用されていますが

スマートフォンの画面の大きさに対してガラスが薄過ぎるので

どうしても衝撃や圧力には弱くなってしまいます。

 

そして家の中で置いて使用するパソコンなどと違い、

常に持ち歩き、手に持って操作する事がほとんどなので

どうしても落としてしまうリスクは高まります。

 

外で使用する場合も自分自身が気をつけていても

誰かにぶつかられたり、落とされたりする事もあります。

 

そして最近では歩きスマホが問題にされているように

iPhoneの画面だけを見ながら歩いて事故にあったり

事故を起こしたりする件数が急増しています。

 

相手が原因の事もありますがせめて自分自身で

事故や破損を起こさないように気をつけたいですね。

 

iPhoneの画面が割れたまま使い続けるリスクとは?

液晶画面のガラス部分のみのヒビ割れの場合

その下にあるタッチパネルと液晶が無事なら

表示やタッチ操作ができるので

割れたiPhoneをそのまま使い続ける方がいますが

実はそれってかなり危ない状態なんです。。。

 

 

割れたiPhoneの画面(ガラス)を指で触ったり通話時に顔に当てているので怪我の恐れが!

まず割れたiPhoneはガラスの破片がかなり細かく、

指や顔などに刺さると入り込んで取れないほどです。

 

普段窓ガラスやガラス製のコップなどが割れても

それを指で触ったりするなんて事ないですが

割れたiPhoneもそれと同じくらい危ない状態なんです。

 

特にお子様やペットがいるご家庭の方だと

ご自身だけでなく周りの方も

怪我をする可能性があります。

 

割れたiPhoneの破片は想像以上に

危険ですので少しの割れだからと

思わずにすぐに修理する事をお勧めします

 

iPhoneの画面(ガラス)のヒビ割れから液晶の不具合へ発展する事も!

そしてiPhoneに限らずですが

ヒビ割れたガラスというのは現状維持が難しく

ヒビが広がる悪化していく事がほとんどで、

個体によってその進行スピードに違いがあるだけです。

 

 

通常iPhone液晶画面への衝撃や圧力は

ガラスで保護されていましたが

少しでもガラスにヒビが入ると衝撃や圧力が

ダイレクトに液晶画面に届くようになります。

 

最初はガラスのヒビ割れだけだったのに

いつのまにか液晶にシミや線が出て

表示や操作の不具合が出ていた、、、

という事も少なくありません。

 

ちょっと割れているだけだから

といってそのままにしておくと

怪我をしたり、かえって修理料金が

高くついてしまう事もありますので

少しの画面割れでも早めの修理をおすすめします。

 

 

iPhoneの液晶に不具合が出ると電源起動不可に発展する事も!

割れた画面のまま使用していると

悪化する症状の1つに電源がつかなくなる

というものがあります。

 

iPhone自体がどこかのパーツ

に不具合があると電源自体を

起動させないようになってきます。

 

以下のパーツの不具合があると

電源起動不可になるケースがあります。

 

・液晶画面

・バッテリー

・バック(リア)カメラ

・フロントカメラ

・ホームボタン

 

 

特に液晶画面は内部にあるパーツではないので

衝撃を受けやすく、画面割れの際に

液晶不良やタッチパネル故障などの

複数の部分の不具合を引き起こす可能性が高い

部分となっています。

 

液晶画面のみの問題であれば

画面交換をする事で修理が可能となっていますので

そのまましばらく放置しておくと

画面を交換しても何をしても電源が付かなくなる

状態にも発展してきます。

 

人間の体と一緒で「これくらい」と

思わずに何かあれば早めの対処を

心がけましょう。

 

どのくらいまでの状態ならiPhoneの画面は修理できるの?

電源起動不可などの手遅れになる前に

液晶画面交換で直せる状態なら

早めに修理をした方がいいですが

ではその画面交換で修理可能な状態

どこまでの割れ、破損の状態なのでしょうか?

 

iPhoneの画面が割れているが液晶表示、タッチパネル共に良好の状態

これは単純に割れのみとわかりやすい状態ですね。

画面のガラス部分のみの割れで

タッチパネルも良好で液晶表示も

問題なしというかなり軽度の状態です。

 

もちろんこの状態も画面交換で

修理可能な状態となっていますので

なるべくならこの状態の時点で

修理をしたいところです。

 

iPhoneの液晶も割れて液晶に縦線や横線が出ている

ガラス割れだけでなく液晶も破損して

液晶画面に縦線や横線などの表示不良が出ている状態。

 

液晶パネルとタッチパネルは一体型となっている為

液晶に縦線や横線が出ている場合は

タッチパネルが故障している場合がるので

 

できるだけ早めの修理が必要な状態です。

 

画面割れでタッチパネル故障で操作が効かない、誤操作、勝手に操作される

液晶に縦線や横線が出ていなくても

画面割れの衝撃でタッチパネルが故障すると

 

・タッチ操作が効いたり効かなかったり

・タッチ操作が全く効かない

・勝手にタッチ操作される

 

などの症状が起こります。

 

特に怖い症状が

「勝手にタッチ操作される」

というもので、誤ったパスコードロックを

勝手に入力されてしまい

 

「iPhoneは使用できません」

という完全なロック状態になり、そうなると

データを全て消去しなければならなくなります。

 

この状態でも画面交換で修理が可能となっています。

 

 

iPhoneの割れたガラスの破片が取れて隙間から内部が見えている状態

画面が激しく割れるとガラスの破片が

ボロボロと剥がれてしまい

内部が見えてしまうほど

破損してしまう事があります。

 

画面に穴が空いている状態となりますが

その状態でも画面交換で直る場合が

ほとんどですが、

 

穴が空いている状態なのでそのままだと

画面以外の基板やその他パーツに

影響が出る可能性が大きく

一刻も早く修理が必要となります。

 

iPhoneの画面割れ修理は安心できる修理店へ

という事で画面に関係する故障の

ほとんどは液晶画面の交換で修理が

可能となっています。

 

ただ、iPhoneの状態は刻一刻と

変わっていくので10分後には完全に

使用できなくなっているかもしれません。

 

 

「まだ使える状態だから」

と油断していると手遅れになる事もあるので

まずは修理店へ相談する事をおすすめします。

 

全国80店舗展開のiPhone・スマホ修理のスマホスピタル

 

当店は全国に80店舗を展開する

スマホスピタルグループです。

 

丁寧な案内、高い修理技術、

安心の修理後保証、アフターフォローで

修理後も安心して使い続けられる

修理を心がけています。

 

iPhoneだけでなく修理難易度の高い

・Androidスマートフォン

・各種ゲーム機

・iPod touch

 

などの修理も行なっていますので

iPhone修理のみのお店とは

修理技術が全く違います!

 

店頭で無料診断も行なっていますので

修理可能かどうか確認してから

どうするか検討して頂ければ結構です。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。