お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

スマホスピタルお役立ち情報 実はiPhoneの修理用液晶画面には種類がある?

最近ではiPhone修理のお店がかなり多くなってきていて

ある程度の規模の駅周辺なら2,3店舗はある

というくらい見かけるようになりました。

 

どこも同じようなものと感じている方も

多いかもしれませんが実はお店によって全く違ってきます。

今回はその1つであるiPhoneの修理用液晶画面についてご紹介していきます。

 

 

iPhoneの修理用液晶画面には2種類ある

ご存知の方はほとんどいないと思いますが

実はiPhoneの修理用の液晶画面には種類があるんです。

全ての修理店に2種類とも取り扱いがある訳ではなく

お店によって取り扱いの液晶画面が違います。

 

高品質で同じ構造のiPhone同等品液晶パネル

元の画面と同じ構造で組み上げられている

同等の液晶画面になります。

iPhone 同等品画面

 

ガラスがバキバキに割れていても

液晶が無事なら操作が可能な構造ですね。

 

全く同じではなく同等というのは

ベゼルと呼ばれる液晶画面と本体フレームを

固定するための画面周りの枠がありますが

形状にほんの少し違いが出る事があります。

 

しかしこのベゼルは電子パーツではないため

操作に影響することはありませんし、

外観のデザインを損なう部品でもないので

多少形状が違っていても支障をきたすことが

ほとんどありません。

 

液晶とタッチセンサーが元と同じものを使用しているため

使い心地がほぼ同じで品質が安定しているので

修理するにはオススメの液晶画面となります。

 

 

構造が違う安価なiPhone互換品液晶パネル

対して互換品液晶画面は

純正や同等品とは構造自体が違って

ガラスにタッチセンサーが付いているので

軽いガラス割れでもすぐにセンサー破損で

タッチ操作ができなくなる事が多いタイプです。

iPhone 互換品液晶画面

 

液晶自体も色あいやドットの細かさなどに

差が出てきますので品質的には同等品よりは

やや劣るかたちとなります。

 

ただ、その分値段的には同等品よりも

安くなっていますのでデータを取り出すだけの場合や

あと1週間ほど使えればいいという時には

オススメです。

 

 

iPhoneの液晶画面を修理するならどちらの液晶画面が良い?

 

品質の同等品か

安価の互換品か

それはケースバイケースですので

どちらが合っているかなども

お気軽に当店スタッフまでご質問下さい

お客様に合った修理用パーツや修理内容をご案内致します。

 

 

修理店によって取り扱い液晶画面に違いがある

修理用の液晶画面が2種類あるとお伝えしましたが

この2種類の液晶画面はどのiPhone修理店にも

ある訳ではありません。

 

互換品のみの激安iPhone修理店

いわゆる激安iPhone修理店は互換品の

液晶画面のみを使用しているところがほとんどです。

しかも互換品は製造元がいくつもあるのと

ランクもAAAやAA、Bなどランクがあり、

同じ互換品でも製造元やランクによって

液晶の表示やタッチの操作感の品質に差があります。

 

他と比べてかなり安いというお店は

低ランクの互換品を使用している可能性が

あるのでその際は修理後の保証内容を

事前に確認して起きましょう。

 

もともと低品質なので保証がほぼ無いに

等しい場合が多くありますので注意が必要です。

 

同等品液晶パネルと互換品液晶パネルを選べるiPhone修理店

では当店はどうかというと

「同等品液晶パネル」と「互換品液晶パネル」を

お客様で選んで頂く事ができます。

 

修理後も安心して高品質の画面を使用できる

「同等品液晶パネル」

 

安価で修理ができてお財布にやさしい

「互換品液晶パネル」

 

当店ではどちらも取り扱いが

ありますのでお客様が選んだ画面で

丁寧にしっかりと修理致します。

 

iPhoneの液晶画面の修理やご質問については

当店スタッフまでお気軽にどうぞ

 

お問合せお待ちしています

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。