お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iphoneの充電をするとマークがついたり消えたりする

iphoneの充電ををしようとライトニングケーブルをさすと充電してることを表す電池マークがついたり消えたりする症状が起こることがあります!

そうなってしまうと充電が正常に行われず充電が溜まらなかったり充電をためるのにかなり時間がかかってしまう可能性もあります。

そんな状態になってしまうとまともにお使いにくくなってしまいますよね。

ではなぜこのような充電を表す電池マークがついたり消えたりするようになってしまうのかということですよね。

このようになってしまう原因はいくつか考えられますのでお話していくとしましょう。

iPhoneの充電をするとメークがついたり消えたりする原因は?

1.ライトニングケーブルがしっかりと刺さっていない

iphoneの充電の仕組みはライトニングケーブルの先の端子の金色の接点と本体の充電口の接点がしっかりと合わさり反応して正常に充電が行われます。

ですので充電口にライトニングケーブルがしっかりと奥まで刺さっていない接点がしっかりと合わず反応したりしなかったりして充電した時に電池マークがついたり消えたりしてしまうといったことが起こってしまうんです。

じゃあなんでライトニングケーブルが充電口にしっかりと奥まで刺さらなくなってしまうのかといったことになります。

その原因は充電口のホコリやごみのつまりです。

IMG_1516

普段使っていると知らず知らずのうちに充電口にホコリやごみは溜まってきてしまうんです。

その知らず知らず溜まってしまっていたホコリやごみがライトニングケーブルを刺すたびに充電口の中で押し固められてしまうんです。

その押し固められてしまったホコリやごみによりライトニングケーブルを刺して充電しても奥までしっかりと刺さらずに先ほど話したように接点がうまく合わさらず電池マークがついたり消えたりしてしまう事になるんです。

男性の方はiPhoneを持ち歩くときにはポケットに入れで外出する方がほとんどだと思います。

ポケットの中というのは意外とホコリやごみなどが溜まっていることがあるのでそのポケットの中にiPhoneを入れて持ち歩くことでポケットの中に溜まっていたホコリやごみがiPhoneの充電口の中に入り込んでしまい充電口にホコリが溜まってしまう原因になりやすいです。

女性の方はカバンの中に入れて持ち歩く方が多いんじゃないでしょうか。

カバンの中も意外と底にはホコリやごみが溜まっていたりするのでカバンの中に入れて持ち歩いていても充電口にホコリやごみは溜まりやすいかと思います。

ズボンのポケットやカバンは普段は中のホコリやごみを取り除いたりすることってあまりないかと思いますがこの話を見た方は今後はたまにはズボンのポケットやカバンの中は掃除をしてホコリやごみを取り除くようにしてくださいね。

いくらズボンのポケットやカバンの中を綺麗にしていたとしてもiPhoneの充電口の中にはどうしても知らないうちにホコリは溜まるので充電口の中を綺麗にしておかなければなりません。

しかしiPhoneの充電口は非常に小さく中には接点となるピンがあるため無理矢理掃除してしまうと接点となるピンを折ってしまったりして充電が全くできなくなってしまう事もありますので気を付けないといけません。

ではどうやって充電口の中のホコリやごみを掃除したらいいのかといいますと息を吹きかけてホコリやごみを飛ばすのがいいと思います。

ただし息を吹きかけてホコリやごみを飛ばすのにも注意が必要です!

その時に唾が掛からないようにしてください!

充電口に唾がかかると故障してしまう危険性があります。

精密機器ですので水分には非常に弱いので!

一番安全なのはエアダスター使う事です。エアダスターであれば空気のみを非常に強い風力で噴射できるのでホコリやごみを一気に吹き飛ばすことができますし水分出てしまうといった心配もありませんので。

エアダスターはホームセンターはもちろんの事100均などでも販売されているので買っておけば便利ですよ!

パソコンをお使いになる方はキーボードの隙間に溜まったホコリやごみをエアダスターで飛ばすことができますし充電口の掃除以外にも使えますので。

この作業はご自身で出来る作業にはなりますが先ほど申したようにやり方によっては充電口の故障も引き起こしてしまうのでご自身で掃除するのが不安だという方はスマホスピタル西宮北口店までお持ちいただければメンテナンス作業させていただけますのでご来店くださいね!

充電口にホコリやごみが詰まっていないのに充電した時に電池マークがついたり消えたりしてしまう症状であれば考えられるのであれば次の症状です。

2.充電口の故障

やはり単純に充電口の故障により充電時に電池マークがついたり消えたりしてしまう症状が起きているんです。

充電口もライトニングケーブルを何度も抜き差しすることにより劣化していき反応しずらくなり電池マークがついたり消えたりしてしまう症状を引き起こすんです。

充電口の中のピンが何らかの原因によって折れてしまったり抜けてしまう事により故障してしまうパターンもあります。

このように充電口が故障してしまった場合には充電口のパーツを新しいものに交換すれば症状がなくなりまた通常通り充電ができお使い頂けるようになります。

しかしこの充電口のパーツを新しいパーツに交換しても直らない場合もございます。

iPhone6s ドックコネクター交換修理

3.基板の故障

充電口のパーツは本体内部の基板とコネクターによって接続されていてその基板側のコネクターが故障してしまっていて充電をしても電池マークがついたり消えたりしてしまう症状があります。

この場合はいくら充電口のパーツを新しいものに交換しても症状が改善されることなないんです。

コネクターに異常がなかったとしても基板の通電がおかしくなっていて電池マークがついたり消えたりしてしまっている場合もありこれも基板の故障が原因になります。

基板が故障している場合には基板修理をするしか直す方法はありません。

基板修理になりますと店舗での行える作業ではなく専門部署にて作業いたしますので通常2~3週間ほどはお預かりなります。

この基板修理も必ず直るわけではなく作業をしてみないとわかりません。

こういった本体側の故障が原因でない場合もあります。

4.ライトニングケーブルの故障

ライトニングケーブルが故障で電池マークがついたり消えたりしてしまう症状が起こりこともあります。

iphoneを充電をするときには基本的には純正品を使っての充電がいいんですが非純正品をお使いになる方もおられるかとおもいます。

非純正のライトニングケーブルを使っていると突然充電しなくなったりこのアクセアサリは使用できませんと表示されることもあります。

充電ケーブルが使えないだけではまだいいですがそれで充電口を故障させてしまう事もあるのでiphoneの充電をするならば純正のライトニングケーブルを使うようにした方がいいですよ!

ライトニングケーブルが故障して電池マークがついたり消えたりしているのならばライトニングケーブルを新しいものに交換すればまた充電が正常に充電できるようになりますので簡単です!

充電ケーブルを刺して充電しようとしたら電池マークがつぃたり消えたりしている症状が起こったならまずは充電口にホコリが溜まっていないかを確認し溜まっているなら取り除いてしっかり奥まで刺さっているかを確認して充電してみてください!

それでもだめなら次は新しいライトニングケーブルを刺してみて確認してみてください!

それでもだめなら次は充電口のパーツ交換です!

パーツ交換をしてもダメなら基板の故障だという事です!

このように順番に試していき不具合の原因を探ってみてください!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。