• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhone11なのにバッテリーの減りが早い?そんな時は設定が原因かも!
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhone11なのにバッテリーの減りが早い?そんな時は設定が原因かも!

充電の減りが早い 変え時

バッテリーがすぐに減る!原因は…?

バッテリーの持ちが良いとされている最新機種を購入したのに、
直ぐにバッテリーが減る…なんてことはありませんか?
そのような場合はいくつかの原因が考えられます。
Wi-Fiの接続
Bluetoothの接続
位置情報サービス
プッシュ通知
バッテリーの故障
端末の故障
まずは1つずつ確認してみましょう。

Wi-Fiの接続をONにしている

Wi-Fiの接続をオンにしたままにしていると、
Wi-Fi環境のない場所でも、常に電波を探している状態が続きます。
電波を探す動力はバッテリーを消耗しますので、その分減りが早くなってしまいます。
必要のない場合は、Wi-Fiをオフにしておきましょう。

Bluetoothの接続をONにしている

Bluetoothはノンワイヤレスでスピーカーやイヤホンに接続することができる便利な機能です。
しかし必要のない時までオンにしていると、常に接続環境を探し続けますので
やはりその場合もバッテリーの減りが早くなります。

位置情報サービスの接続をONにしている

マップを使用する際に便利な位置情報サービスですが、
こちらも接続したままにしていると、位置情報を探し続けますので
バッテリーが消耗する原因となります。

プッシュ通知がONになっている

メールやSNSなどの通知を音でお知らせしてくれるプッシュ通知は
大変便利な機能ですが、必要以上にすべての通知をオンにしていると
バッテリーの消耗に繋がります。
どちらでもいいお知らせなどは通知を切っておくと良いでしょう。

バッテリーが故障している

バッテリーは劣化すると、持ちが悪い・充電が溜らないなどの不具合を生じます。
購入したばかりなのに明らかに減りが早い!
%の変動が極端すぎる!(例えば80%からいきなり60%に変動するなど)
という場合は、端末が初期不良を起こしている場合があります。
その場合、ケータイショップやメーカーに相談してみましょう。
新しい本体に交換してくれることがありますよ!
★豆知識【バッテリーの寿命は何年?】
スマホのバッテリーの寿命はおおよそ2年程度と言われています。
2年ほど使用していて、充電の減りが早いと感じる場合は、
バッテリーが劣化している可能性が高いので、修理に出しましょう。

端末が故障している

強い衝撃を与えてしまったり水没している場合は、本体が故障している可能性があります。
全ての情報を処理する「基板」が壊れてしまうと、
パーツ交換をしても直りません。
最悪完全故障、データが消えてしまうなどの事態に発展する場合もありますので、
スマホに不具合を感じたら早めにケータイショップや修理店に相談しましょう。

スマホを修理する場合はどこに頼めばいいの?

修理店は正規店・非正規店の2種類があります。
どちらも特色が異なりますので、その時の状態によって使い分けましょう。
非正規店で修理すると、今後正規店のサポートは受けられなくなってしまいますが、
即日修理が可能な場合が多いです。
また基本的にはデータが消える心配もありませんので、
緊急の場合は非正規店に相談するのも良いでしょう。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。