お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのゴーストタッチとは?原因と対処法・解消法をご紹介

image3

iPhoneが何も操作していないのに勝手に動いた!という経験はありませんか。

この症状は「ゴーストタッチ」と呼ばれ、iPhoneやiPad、スマホユーザーを悩ます困った症状の一つです。

原因も様々で、使い方の問題の場合もあれば、実は本体の故障により発生している場合もあります。

今回は、iPhoneで起こるゴーストタッチの原因と対処法を、まとめてご紹介いたします。

iPhoneのゴーストタッチで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneのゴーストタッチとは?どのような症状が出る?

iPhoneやAndroidスマホ、iPadなどのタブレットでは、「ゴーストタッチ」(お化けタップ)と呼ばれる症状が起こることがあります。

ゴーストタッチとは、まるでお化けが勝手に操作をしているかのように、操作していないスマホ・タブレットが勝手に動き出すことを指します。

全く画面に触れていないにも関わらず、勝手に電話をかけてしまう、メールやSNSなどで勝手に文字が打ち込まれるなどの症状が現れます。

また、長い文面やWEBページなどを見ているときに、勝手に上下左右にスクロールしてしまうこともあります。

ゴーストタッチの症状が現れるとスマホやタブレットの使用において支障が出るため、早めに原因を見つけて対処する必要があります。

iPhoneのゴーストタッチが起こる原因について

image2

冒頭にもお話ししましたが、ゴーストタッチが起こる原因は1つだけではありません。

様々な要因によってゴーストタッチが起きていたり、場合によっては複数の原因が重なって発生しているケースもあります。

ここでは、ゴーストタッチの症状が現れたときに適切に対処するため、ゴーストタッチが発生する主な原因について見ていきましょう。

ソフトウェアの不具合


ソフトウェアに不具合が発生していると、ゴーストタッチが起こることがあります。

iOSの不具合は、様々な症状が現れますが、ゴーストタッチも例外ではありません。

長期間にわたってソフトウェアのアップデートを行っていない場合や、自動アップデートをオンにしていても本体の容量が足りないような場合はゴーストタッチが起きる可能性があるので注意しましょう。

ディスプレイ(液晶画面)に付着した汚れやゴミ、気泡


ディスプレイに汚れや細かなゴミなどが付着していることも、ゴーストタッチが発生する原因の1つです。

iPhoneなどのスマホには静電気容量方式と呼ばれる方法で、タッチ操作を認識しています。

簡単にご説明すると、画面に微弱な静電気を流し、指から流れる微弱な静電気の量によって、画面がタッチ操作されたと認識します。

なので、画面の保護フィルムやシートを貼っている場合、フィルムと画面の間に気泡やゴミが入っているとゴーストタッチが発生しやすくなります。

貼り直しを行った際だけでなく、長期間同じフィルムを使い続けていることで劣化し、隙間が生じた結果ゴーストタッチを引き起こしていたというケースもあります。

 iPhoneの熱暴走


夏場に多いのが、iPhoneの熱暴走によって引き起こされるゴーストタッチです。

熱暴走は、暑い場所で長時間使用している、充電しながらアプリのゲームを行っているなど、iPhoneの放熱がうまくできていないと発生します。

熱暴走によってゴーストタッチの症状が出た際、突然電源やアプリが落ちる、本体が異常に熱いなどの症状が同時に現れる特徴があります。

割れた画面や本体の歪み・細かい傷


iPhoneの画面が割れてしまった状態で使用を続けていると、隙間にホコリなどの細かなゴミが入り込み、ゴーストタッチを引き起こします。

割れた画面を保護しようとして、フィルムやセロハンテープを貼っているような場合も同様です。

目で見えないような細かな傷が気付かないうちについていたり、本体が歪んだりしているときにもゴーストタッチが発生することがあります。

また、画面が割れていなくても、本体フレームが歪んでいることによってゴーストタッチが起きることもあります。

ゴーストタッチが起こると困ること

image1

iPhoneでゴーストタッチが起こったとき、どのようなことに困るでしょうか?

ここからは、使用中にゴーストタッチが発生した際、具体的にどのような点で困るのかを見ていきましょう。

メールやSNSで連絡が取りづらい


ゴーストタッチが頻繁に起こると、メールやSNSで連絡が取りづらい状況になります。

というのも、勝手に文字が入力されてしまうので、伝えたい内容を入力できなくなるからです。

緊急の連絡や返信が必要な内容にも関わらず、思うように文章入力ができないような状況であれば、早めに修理に出すことをおすすめします。

iPhoneのロック解除ができない


こちらも文字入力ができないことによって起きてしまいます。

セキュリティ対策として、iPhoneのロックを設定されている方が多いと思います。

そのロック解除がゴーストタッチになるとできなくなることが多いです。

特に、ロック解除は11回連続で間違えてしまうと、完全にロックがかかってしまいます。

ロックがかかると、iPhoneを初期化しなければ使えなくなるので、早めに対処しましょう。

勝手に電話をかけてしまい相手の迷惑になる


ゴーストタッチの症状において、もっとも困ることが勝手に電話をかけてしまう症状ではないでしょうか。

かかってきた相手は、なにか要件があると判断して電話に出る・折り返すなどの行動を取るでしょう。

つまり、相手の時間を奪うことや手間をかけさせてしまう状況になってしまう点が、ゴーストタッチの厄介な部分だといえます。

このような状態になった場合は、何度も電話をかけてしまわないように、バックアップを取ってなるべく早く修理することをおすすめします。

最悪の場合一切の操作ができなくなることも


ゴーストタッチの代表的な症状は、勝手にさまざまな操作が起こることです。

症状の重さも様々で、たまにゴーストタッチが起きてしまうこともあれば、常に起きていることもあります。

その場合は一切の操作ができなくなります。

「タッチ病」とも呼ばれる症状で、勝手に操作されるため、自分で操作しようと画面をタップしても反応しない、などの状態です。

iPhone6/6Plusに多かった症状ですが、それ以外のiPhoneでも報告されています。

ゴーストタッチはiPhoneの使用ができなくなるだけでなく、バックアップを取ることもできなくなるため、非常に危険です。

ゴーストタッチが起こったときの対処法・解消法は?

ゴーストタッチの症状は、常時ゴーストタッチが発生しているような場合もあれば、操作中まれに起こる場合など、発生頻度にばらつきがあるのも特徴です。

たまにゴーストタッチが起こる程度だと、気にせずそのまま使用を続けてしまい、結果深刻な故障に繋がる恐れがあります。

ゴーストタッチの症状の重さに関係なく、今からご紹介する対処方法をお試しください。

液晶保護フィルムやシートを外して掃除してみる


ゴーストタッチが起こったら、ディスプレイに付着した汚れやゴミを取り除き、気泡などが入っていないかを確認します。

画面に付着したものが原因でゴーストタッチが発生しているのであれば、掃除することで改善する場合があるので試してみてください。

保護フィルムなどをされている方は劣化していたら、交換するのも一つです。

iPhoneを再起動する


iPhoneがゴーストタッチになってしまったら、再起動をお試しください。

実はゴーストタッチだけではなく、タッチが反応しない等の症状も再起動で改善することがあるのです。

iPhoneの機種によって再起動方法が異なりますので、今からご紹介する方法を参考に再起動をお試しください。

  • iPhone6以前に発売された機種
    1.電源ボタンとホームボタンを長押し
    2.電源が落ちてAppleのマークが表示されたらボタンを離す
  • iPhone7シリーズ
    1.電源ボタンとボリュームボタンのマイナスボタンを長押し
    2.電源が落ちてAppleのマークが表示されたらボタンを離す
  • iPhone8以降に発売された機種
    1.ボリュームボタンのプラスボタンを押して離す
    2.ボリュームボタンのマイナスボタンを押して離す
    3.電源ボタンを長押し
    4.電源が落ちてAppleのマークが表示されたらボタンを離す

上記の方法でiPhoneの再起動が可能です。

ちなみに、この方法はゴーストタッチのように、iPhoneのタッチ操作に異常が起きている場合でも再起動が可能です。

ソフトウェアを最新の状態にアップデートする・再起動を行う


ソフトウェアの不具合によってゴーストタッチが起こっている場合、アップデートを行うことで症状が改善することがあります。

また、容量が足りずにアップデートができていない可能性もあるため、容量のチェックも行っておきましょう。

ソフトウェアのアップデートが最新の状態になっているのであれば、再起動を行う方法もあります。

アプリをいくつも起動していて動作が重くなっている状態で、ゴーストタッチが起きることもあるためです。

このような場合には、アプリをすべて閉じてから再起動を行うことで症状が改善することがあります。

 iPhoneが熱いときはカバーやケースを外して冷ます


熱暴走によってゴーストタッチが起きているときは、本体の放熱を行うことで症状が改善することがあります。

カバーやケース、充電器などを外して一度使用をやめ、涼しい場所に置いておきましょう。

このとき、保冷剤や氷、冷蔵庫などで急速に冷やすと、本体内部に結露が発生してしまいます。

結露の水分によって水没故障を引き起こす恐れがあるため、涼しい部屋でゆっくりと冷ますということが重要です。

iPhoneの画面修理をする


今ご紹介した対処方法を試しても改善されない場合、画面のタッチセンサーが故障している可能性があります。

画面のタッチセンサーが故障している場合は、画面の修理をしなければ改善されません。

信頼できるiPhone修理専門店で早めに画面修理をすることをおすすめします。

iPhoneのゴーストタッチをいくらで直る?

iPhoneのゴーストタッチを修理するにはいくらくらいかかるのでしょうか?

今回は画面修理費用でスマホスピタルで修理する場合とApple Storeで修理する場合の2通りでご紹介します。

スマホスピタル Apple Store
(保証適応)
Apple Store
(保証適応外)
iPhone7 2,800円~ 3,700円 18,040円
iPhone8 2,800円~ 3,700円 18,040円
iPhoneX 6,580円~ 3,700円 36,680円
iPhoneXS 7,680円~ 3,700円 36,680円
iPhoneXR 7,680円~ 3,700円 23,980円
iPhone11 9,000円~ 3,700円 23,980円

※スマホスピタルの料金はスマホスピタル大阪梅田店のガラス+液晶交換修理(重度)料金です。
※表示されている料金は2022年5月時点の料金です。
※店舗や時期によって料金が変動する可能性があります。詳しくはご連絡ください。
※表示されている料金は作業費込みの料金です。
※表示されている料金は税込料金になります。

iPhoneのゴーストタッチを解消できない時はスマホスピタルまでご相談を

iPhoneのゴーストタッチの原因と対処法について、詳しくご紹介してきました。

今回ご紹介した対処法を行ってもゴーストタッチの症状が改善しない場合でも、画面交換をすることで症状を改善できる場合があります。

ただし、内部パーツに異常があると画面交換だけでは復旧できない場合もあり、素人判断は危険です。

症状だけで原因を特定するのは難しいため、ゴーストタッチの根本的な解決には、修理店での修理がおすすめです。

もし今iPhoneのゴーストタッチでお悩みの方は、スマホスピタルに一度ご相談ください。

スマホスピタルではiPhoneの画面交換なら最短当日30分で行える他、動作チェックもしっかり行うので安心です。

スマホスピタルのiPhone修理は中のデータそのままに修理を行うので、バックアップが取れてなくても心配なし。

ゴーストタッチでお悩みの方、ぜひスマホスピタルまでご連絡ください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。