• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhoneのスピーカーから音が出ない時の原因と対処法を徹底解説
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのスピーカーから音が出ない時の原因と対処法を徹底解説

image2

音楽を聴いたり、電話をしたりするときに便利なiPhoneのスピーカー。

しかし、突然音が出なくなれば着信音や通知音も聞こえなくなるため、何かと不便です。

今回は、iPhone本体のスピーカーから突然出なくなった場合の原因と対処法を紹介します。

お困りの方はぜひ確認してください。

スピーカーから音が出ないときにまず確認したいこと

image3

iPhoneのスピーカーから音が出なくなった場合、故障を疑う前に設定や仕様上の問題がないかを確認しましょう。

イヤホンを挿しているときのように、仕様によりスピーカーから音が出ない状況もあります。

この場合、設定を変えることで音が出る可能性があります。

サイレントモードになっている

まずは、サイレントモード(消音モード)になっていないかを確認しましょう。

切り替えは、iPhone左側部についているサイレントスイッチで行えます。

オレンジ色が見えていると、サイレントモードになっている状態なので、オレンジ色が見えないほうにスイッチを入れ替えましょう。

サイレントモードがオフでも、音量が0であれば音が出ないため、音量も確認してください。

Bluetoothで他のデバイスに接続している

Bluetoothがオンになっていると、気が付かないうちに他のデバイスと接続している可能性があります。

「設定」で「Bluetooth」がオンになっていないかを確認しましょう。

オンになっている場合、「接続済み」のデバイスがあれば、スピーカーから音が出ない原因になっている可能性があります。

おやすみモードが設定されている

おやすみモードは、睡眠中に着信音や通知音で起きないよう消音になる設定です。

おやすみモードがオンになっている場合は、スピーカーから音が出ません。

「設定」で「おやすみモード」がオンになっているかを確認しましょう。

店舗一覧へのバナー

iPhoneのスピーカーから音が出ないときに考えられる原因

設定上、仕様上の問題がないにもかかわらず、iPhoneからスピーカーから音が出ない場合は、なんらかのトラブルが発生している可能性があります。

考えられる原因を確認しましょう。

スピーカーから音が出ない原因は、ハード面での問題と、ソフト面での問題があります。

スピーカーが物理的にふさがっている

スピーカー部分にゴミやホコリが詰まった場合、音の出が悪くなる可能性があります。

また、着用しているケースや保護フィルムによってスピーカーが塞がれてしまっている場合も、同様に音が出にくくなっている可能性があります。

物理的にスピーカーがふさがっている場合、音が出ないことよりも、音が歪んで出るケースが多いのも特徴です。

水没してスピーカーが故障している

iPhoneに雨がかかったり、汗だくの状態でiPhoneを使用したことがある場合、iPhoneが水没している可能性があります。

水没というと、水に落としたりジュースをかけたり…といった状況をイメージしてしまいますが、雨や汗のわずかな水分でも、内部に入り込めばiPhoneの故障原因となります。

iPhone 7以降は耐水性能がありますが、落下や強い衝撃などで本体が歪んでしまっていると本来の耐水性能を発揮できず、ちょっとの水分でも水没に繋がる可能性があります。

iOSのバグや不具合

ハード面での問題が見当たらない場合は、ソフトウェアのバグによってスピーカーから音が出なくなっている可能性があります。

iOSがアップデートできていなかったり、何らかのバグが発生したりして、音が出ないことも。

原因が一時的な場合もありますが、修理が必要な故障ということも考えられます。

容量がなくなっている

iPhoneの容量(内蔵ストレージ)が少なくなったり、なくなったりしている場合に、音が出なくなるケースがあります。

容量がないと、アプリを動かしたり、データ保存ができなくなり不具合が発生してしまうことがあるためです。

故障ではないため、容量に空きを作れば音が出るようになります。

店舗一覧へのバナー

スピーカーから音が出ないときの対処法

image1

ここからは、スピーカーから音が出ないときの対処法を紹介します。

修理に出す前に本当に故障しているか確かめてみましょう。

基本の対処法

水没している場合、操作するのも、電源をつけるのも危険です。

そのため、まずは水没していないかどうかを確認しましょう。

水没しているかは、SIMカードが挿されている内部にある、水没マークで確認できます。

SIMカードを抜いて、中が赤ければ水没していることを示します。

水没していなかった場合は、再起動して音が出ないかもう一度確認しましょう。

iOSをアップデートしていない場合は、最新のiOSにしてもう一度確認しなおしてください。

それでも音が確認できない場合は、Apple公式の対処法を試してみましょう。

スピーカーを掃除する

まずはスピーカーにゴミやほこりが詰まっていないか、確認し掃除をしましょう。

保護フィルムやケースを着用している場合は取り外して掃除します。

汚れている場合は、柔らかく乾燥したブラシで優しく掃き出しましょう。

「設定」から音声をチェックする

iPhoneの「設定」から「サウンド」または「サウンドと触覚」を選択、続いて「着信音と通知音」のスライダを左右に動かし、音が出るか確認します。

この時点で音が出なかったり、着信音と通知音のスライダーが灰色になっていたりすれば、修理が必要です。

スピーカーフォンで電話をかける

前項のチェックで音が出た場合は、スピーカーフォンにして電話をかけてみましょう。

着信音と通知音チェックで問題なく音が出たにもかかわらず、電話では音が出なかったり、雑音が入ったりすれば、ネットワークに不具合があることが考えられます。

店舗一覧へのバナー

対処法を試しても直らなければ修理店に相談を

原因がわからない、水没している、対処法を試しても直らないという場合は、故障している可能性が高いため修理店での修理が必要です。

とくに、水没している場合は、被害が広がるとスピーカーから音が出ないだけでなく、iPhone自体が使えなくなる可能性があります。

スピーカーから音が出ないだけ、と放置せず、早めに修理店に持ち込みましょう。

iPhoneのスピーカーから音が出ないトラブルはスマホスピタルにおまかせ

スマホスピタルでは最新モデルから旧機種まで、iPhoneに関する修理なら何でも承ります。

基本的にはデータそのままで即日修理が可能で、価格も安価なのがポイントです。

また、登録修理業者で安心安全が修理を行っております。

スピーカーから音が出ない症状でお困りでしたら、スマホスピタルまでご相談ください。

皆様のご来店お待ちしております。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。