iPhoneをiTunesでバックアップできない原因は?対処方法と注意点を紹介!

ダウンロードで購入した音楽などを楽しめるiPhoneですが、万が一のときに備えてバックアップを取っておきましょう。しかし時にiTunesにうまくバックアップできないこともあります。今回はiPhoneのデータをiTunesにバックアップできないときの考えられる原因と具体的な対処法を紹介していきます。


この記事は約7分で読み終わります。

iTunesでiPhoneのバックアップができない原因は?

まずはバックアップができない原因を3つにまとめてご紹介します。

iTunesのバージョンが最新ではない

1つ目は「iTunesのバージョンが最新ではない」です。iTunesのバージョンが古いと最新のiPhoneのデバイスに反応しません。基本的にiTunesは定期的にアップデートを行うようにしましょう。

Mac をご利用の方は、以下の手順でiTunesのバージョンが最新かどうかの確認ができます。

<iTunesバージョンの確認方法>
1iTunesを起動する
2画面上部にあるメニューバーから「iTunes」を選択する
3「アップデートの確認」を選択する

Windowsをご利用の方は、以下の手順でiTunesのバージョンが最新かどうかの確認ができます。

1iTunesを起動する
2画面上部にあるメニューバーから「ヘルプ」を選択する
3「更新プログラムの確認」を選択する

もしアップデートしていないものがある場合、画面の表示に従ってアップデートしてからバックアップを試しましょう。

iPhoneのiOSが最新ではない

2つ目はiPhone端末自体のiOSが最新バージョンでないことです。

自動更新を設定していない方は、古いバージョンのiOSである可能性があります。バックアップをはじめとするさまざまな機能は、バージョンが最新であることを前提として機能します。そのため古いバージョンだと不具合がでてしまうことがあるのです。

iPhoneのiOSバージョンの確認方法をご紹介します。
<iOSバージョンの確認方法>
1ホームボタンを押す
2「設定」アプリをタップする
3「一般」を選択する
4「ソフトウェアアップデート」をタップする

「今すぐインストールする」という表示が出なければ最新バージョンです。表示が出た場合はタップしてアップデートをしましょう。

パソコン・iPhone・ケーブルの不具合

3つ目は、パソコン・iPhone・ケーブルに何らかの不具合が起きている可能性です。

たとえばパソコンにiPhoneをケーブル接続しても認識しない場合は、以下の可能性が考えられます。

・パソコン側のUSB端子の不具合
パソコン側のUSB端子の不具合を疑う場合は、違うUSBポートに差し込んで試してみましょう。

・ライトニングケーブルの断線などの不具合
パソコンとiPhoneにつなぐライトニングケーブルに不具合があると、そもそも接続がされません。ライトニングケーブルを変えてつないでみてください。

・iPhoneのプラグ接続部分の不具合
iPhoneの不具合は、落下による損傷や水濡れなどの可能性もあります。パソコンやケーブルに問題がない場合、はiPhoneの不具合を考えておきましょう。

目次へ

iTunesにバックアップできない場合の対処方法

前述した方法を試してみても、バックアップができないときの対処方法をご紹介します。

まずはこの方法を試してみよう

パソコンでもiPhoneでもソフトやアプリが起動しないとき、再起動することで正常に動くことがありますね。まずはパソコンとiPhoneどちらも再起動してみてください。

パソコンとiPhoneがケーブルで繋がっている場合は、以下の手順で行ってください。

<再起動をさせる方法>
1パソコンを再起動させる
2「iPhone」のスリープボタンを長押しし、案内に従い右にスライドし電源を落とす
3「iPhone」のスリープボタンを再度長押しして起動させる

次にパソコン側の容量を確保することです。バックアップはパソコン内に保存されるため、十分な容量がない場合にバックアップができなくなってしまいます。※バックアップ中に「ディスク容量が不足している」とメッセージが出るのはiPhoneではなく、バックアップ先のパソコンの容量が不足しているという警告です。

Windowsのパソコンをご利用の場合、以下の手順で不要なアプリやファイルを削除し、容量を確保しましょう。

<Windowsの容量を確認する方法>
1スタートボタンからWindowsシステムツールを選ぶ
2コントロールパネルを選び、ダブルクリックする
3「プログラムのアンインストール」の文字を選ぶ
4アプリやファイルの一覧が出てくるので、不要なものを選び「アンインストール」を選ぶ

さらに過去のバックアップデータを削除しましょう。パソコンとiPhoneを接続しているのに「iPhoneがコンピュータから取り外されたためバックアップできませんでした」とエラーが出る場合、過去のバックアップデータが邪魔をしている可能性があります。

<バックアップを削除する方法>
1iTunesを起動し、メニューバーの「iTunes」を選ぶ
2メニューバーの編集の中から「環境設定」を選ぶ
3上部タブにある「デバイス」を選ぶ
4バックアップ一覧が出るので、削除するものを選び「バックアップを削除」を選ぶ

この後、再度バックアップを試してみてください。

iTunes以外でバックアップを取る

続いてご紹介するのは、iTunes以外でバックアップを取る方法です。

iCloudでもバックアップを取ることが可能です。ただし、iCloudに写真や動画などを多く保存している場合は、容量が足りなくなる可能性がありますので注意が必要です。

まずはiCloudの容量確認および確保のための操作方法をご確認ください。

<iCloudの容量確認方法>
1iPhoneのホームボタンを押す
2「設定」アプリをタップする
3上部に表示されるご自分のユーザー名を選ぶ
4「iCloud」を選び、現在の「使用容量」を確認する
5「使用容量」のグラフ下にある「ストレージを管理」を選ぶ
6消去するデータを選び、表示される「無効化して削除」をタップ

写真や動画などは特に容量を消費しますので優先的に削除しましょう。

続いてバックアップ手順です。

<iCloudでバックアップをする方法>
1iPhoneのホームボタンを押す
2「設定」アプリをタップする
3Wi-Fiが「オン」になっているかを確認し、なっていなければ「オン」にする
4「設定」アプリをタップする
5上部に表示されるご自分のユーザー名を選ぶ
6iCloudを選び「iCloud バックアップ」を選択する
7「今すぐバックアップを作成」をタップする

「DearMob iPhoneマネージャー」や「TunesGo」などといったiPhoneのバックアップをとるためのアプリも多くありますので、これをダウンロードして試すのもいいでしょう。

目次へ

iTunesでバックアップする際に注意すべきこと

ご自分でiTunesを利用しバックアップ時に注意しておきたいポイントを2つご紹介します。

1つ目はLINEやゲームなどの引き継ぎ準備をしておくことです。これを忘れてしまうと、必要なデータの復元ができないことがあります。必ず引き継ぎの準備はしましょう

2つ目はApple IDやパスコードを忘れずに保管しておくことです。バックアップや復元をする際に必ず必要となるので、紙に書いて保管しておくことをおすすめします。

目次へ

それでもiTunesでバックアップできない場合は?

最後にそれでもiTunesでバックアップができない場合、iPhone本体を落としたことによる衝撃や水濡れなどで故障している可能性があります。

しかしiPhoneを修理に出すと、手元に戻るまで時間がかかって不便とお考えの方も多いでしょう。

そんな方はスマホスピタルに依頼すれば、即日対応をいたします。「アプリ割」を利用すれば修理代も2000円割引する特典もあります。総務省登録修理業者に認定されているため安心して修理のご相談をしてください。

まとめ

iTunesがバックアップできない時に考えられる原因と、具体的な対処法についてご紹介してきました。比較的単純な原因もあれば、iPhone本体やケーブルの故障という原因も考えられます。ひとつひとつ試していき、どうしてもバックアップができない場合は、即日修理が可能なスマホスピタルにぜひお問合せください。

目次へ