iPhoneで動画再生できない!どんな原因なのか

動画視聴サイトが豊富になってきた近年、iPhoneで動画を視聴するのが日課になっている人も多いのではないでしょうか?映画やドラマ、ミュージックビデオなどを動画視聴サイトで楽しむのが趣味という人も多いようです。 そんな生活の一部になってしまっている動画視聴サイトですが、ある日突然動画を見られなくなったら困りますよねもしも動画が再生できなくなったときは、まずは原因を知ることからはじめましょう。対処法も解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneの動画再生ができない原因とは

まずは、iPhoneで動画が再生できなくなった原因を見てみましょう。突然動画が視聴できなくなる原因は、大きく分けて4つあります。ご自身のiPhoneがどのパターンなのかを照らし合わせながら確認してみてください。

履歴や情報が溜まっている

iPhoneには、これまでに見たWebサイトデータや検索履歴をiPhone内に保存し、次回アクセスしやすくする便利な機能が搭載されています。

サイト閲覧時には便利な機能ではあるのですが、履歴やサイトデータが大量にiPhone内に蓄積されると、iPhoneの処理速度を低下させてしまうことにつながってしまいます。

iPhoneの処理速度が遅くなると、動画の読み取り速度も遅くなったり、動画自体の読み取りができなくなってしまうでしょう。

通信制限がかかっている

iPhoneのデータ通信は、契約しているキャリアのプランによって上限が設定されています。Wi-Fiに接続せず動画を視聴している場合、このデータ通信の上限を超えやすくなります。上限に達するとデータ通信が著しく制限されるため、処理速度が遅くなり動画が再生できなくなる場合があります。

普段からWi-Fiを使用しておらず、突然動画が再生できなくなった場合、データ通信の上限を超えていないか確認するようにしましょう。

回線に問題がある

動画再生が上手くいかない場合、回線に問題があることも多いです。iPhoneでは、3G回線とLTE回線が利用できますが、3G回線ではスピードがLTE回線に比べ遅いので、動画が再生できない場合があります。

そのためLTE回線が入らない場所や、電波が弱い場所では、動画再生ができないことがあるのです。

また契約しているキャリアの回線に、不具合が起きている場合も考えられます。各キャリアの回線情報をチェックするようにしましょう。

動画ファイル形式に問題がある

動画のファイル形式は、さまざまな種類がありますが、すべてのファイル形式がiPhoneで再生できるとは限りません。パソコンで問題なく見られる動画をiPhoneに転送したら見られなくなったという問題が起きている場合は、動画ファイル形式に問題があると考えられます。

動画をダウンロードしてiPhoneで視聴しようとしている場合も同様で、再生できない場合は動画ファイル形式を確認してみましょう。

目次へ

動画再生できないときの対処

iPhoneで動画が再生できない4つの原因がわかったところで、実際に動画が再生できなかった場合の対処法を見ていきましょう。ここで紹介する対処法は、どれも基本的なことで、誰でもできる方法をまとめています。

難しい設定などは必要ないですので、iPhoneで動画が再生できなくなった場合は、ぜひ一度トライしてみてください。

履歴やWebサイトデータを消去する

別項でも紹介したように、履歴やWebサイトデータがiPhone内に溜まると、処理速度が遅くなり動画再生できなくなることがあります。このiPhone内に溜まった履歴やサイトデータは、簡単に消去することができますので、まずは、次の方法を試してみてください。

①iPhoneを再起動する
②iPhoneの「設定」→「Safari」をタップ
③青文字で記載してある「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ

この3ステップで、簡単に履歴とサイトデータを消去することができます。

データ通信量を追加する

データ通信の上限を超えている場合は、契約しているキャリアに通信量の追加申請を行うことで、再び動画を再生できるようになります。

データ通信量は、1GB当たりおよそ1,000円で購入できますが、何度も頻繁に購入しなければならない場合は、データ通信量については別のプランを検討してみるのも良いかもしれません。

各キャリア、データ通信の上限に達した場合に、メールで通知してくれるサービスもありますので、登録しておくと動画が再生できなくなった原因を特定しやすくなるので便利です。

回線はWi-Fiを利用する

iPhoneでの動画再生は、安定しているWi-Fi回線を使うのがもっとも適しています。Wi-Fiを使用した場合、キャリアで設定されている通信制限を超えることもありませんし、スムーズに動画が楽しめます。

自宅にWi-Fi環境がない場合でも、コンビニやカフェなどで無料Wi-Fiを使うという方法もありますので、データ通信量の消費が激しいときは、積極的にWi-Fiを利用することをおすすめします。

目次へ

原因不明の場合は専門店で調べてもらう

iPhoneで動画再生ができなくなった原因や、動画が見られなくなったときの基本的な対処法をご紹介しましたが、原因がわからず対処法を試しても動画が視聴できない場合は、iPhone本体の故障が原因かもしれません

iPhoneの故障は、目で見てわかるものではないことが多いため、iPhone修理専門店などを利用してプロの目で診断してもらう必要があります。

iPhone本体の修理店

iPhoneの不具合を診断して修理をしてくれるお店は、大きく分けて3種類あります。
まずはiPhoneのメーカーでもあるApple直営店です。Apple直営店は日本全国で9店舗しかなく、そのほとんどが主要都市です。そのため、直接Apple直営店に持っていける人は限られるでしょう。さらに、Apple直営店にiPhoneの修理や診断を依頼する場合、ネットでの事前予約が必要になります。

2つ目は、Apple正規サービスプロバイダの専門店を利用する方法です。店舗数も比較的多く、Appleが認定した修理店ですので、安心して修理サービスを受けられることがメリットです。しかし、基本的にはiPhoneを持ち込みしてから数日間の預かり期間を経て後日引き渡しとなるため、代替え機を用意する必要があったり、代替え機がない場合は数日間iPhoneを使用できなかったりといったデメリットがあります。

3つ目は、非正規修理店を利用する方法です。非正規修理店とは言っても、Appleが認定していないだけで、質の高い修理を行っている修理店はたくさん存在します。
優良な修理店を見つけることができれば、Apple直営店やApple正規サービスプロバイダを利用するよりも安く、そしてスピーディーに修理をしてもらえるでしょう

iPhoneの不具合に関する診断や修理は、スマホスピタルにお任せください。スマホスピタルは、非正規修理店という立ち位置ではあるものの、総務省登録修理業者なので安心して修理を受けていただくことが可能です。

破損部品のみを交換するので、費用も安く、面倒なバックアップをしていなくてもデータと消去することなく修理できます。

また、予約なしの持ち込み修理も大歓迎です。多くの場合は数十分お待ちしていただくだけで即日修理済みのiPhoneをお返しできますので、iPhoneが使用できなくなる時間がほとんどないことも大きなメリットです。

古い機種はもちろん最新機種の修理にも、知識豊富なスタッフが対応しますのでスムーズで的確な修理ができます。iPhoneの不具合でお困りの際は、どんな些細なことでも構いません、スマホスピタルにご相談ください。

目次へ

まとめ

iPhoneで突然動画が再生できなくなる原因は、回線や動画のファイル形式、iPhone内部のデータとの蓄積による処理速度の低下などを挙げました。対処法を試しても効果が見られなかった場合は、iPhoneの故障の可能性があります。

自分で対処できる不具合なのか、それとも専門店に診断してもらわなければならないのかを判断し、それもわからない場合は、iPhone修理店に直接相談してみましょう。

目次へ