iPhoneの初期化ができない!強制的に初期化する4つの方法

いままで使っていたiPhoneをフリマサイトに出品したいときやショップに下取りに出したいとき、友達にiPhoneを譲りたいときに、iPhoneの中にデータが残ったままになっているのは不安ですよね。 そんなときはiPhoneの初期化が有効的ですが、どうしても初期化がうまくできないときもあります。 今回は、iPhoneをうまく初期化する方法と、iPhoneを初期化するときに押さえておきたいポイントを紹介します。


この記事は約9分で読み終わります。

初期化する前にしておくこと

iPhoneを初期化する前には、事前にAppleIDとパスワードを確認しておくことが大切です。

AppleIDは、ホーム画面から「設定」を選び、画面の一番上にある「ユーザ名」をタップすれば確認できます。しかし、パスワードが分からない場合は確認することができません。

そのときは、パスワード自体を1度リセットしてから、設定しなおす必要があります。
Apple ID管理ページにアクセスして、パスワードをリセットし、新しくパスワードを設定します。

AppleIDとパスワード、ロックを解除するときなどに必要な「パスコード」も、メモを取っておくなどして忘れないようにしましょう。

バックアップを取る

iPhoneを初期化すると、iPhoneの中に入っている写真やビデオなどのデータは、すべて消えてしまいます。

つぎの2つの方法で、データのバックアップを取っておきましょう。

iPhoneでバックアップを取る

iPhoneでバックアップを取る場合は、iCloudにデータを移行させておく方法がおすすめです。

1. ホーム画面から「設定」を開く
2. 画面一番上にある「ユーザ名」をタップする
3. その中にある「iCloud」の項目を開く
4. 下にスクロールして「iCloudバックアップ」を開く

iCloudバックアップがオフになっている場合は、オンに変更して「今すぐバックアップを作成」をタップします。

オンになっている場合は、バックアップが自動的に作成されています。

「今すぐバックアップを作成」の下に表示されている「最後に作成されたバックアップ」の日時を確認してみましょう。

PCを使ってバックアップを取る

PC(パソコン)を持っている人は、iTunesを通して、パソコンにデータを保存しておく方法がおすすめです。

データのバックアップを取る作業に入る前に、iPhoneのiOSは最新版にアップデートしましょう。また、iTunesも同じように、最新版にアップデートしておきます。

・iPhoneのiOSアップデート方法

1. ホーム画面から「設定」を選ぶ
2. 「一般」をタップする
3. 「ソフトウェア・アップデート」を選択する

iOSが最新版でない場合は、インストールをうながすログがでるので、指示通りに進めていきます。

・iTunesのバージョンアップデート方法

【Windows版】
iTunes画面の上部にあるメニューバーの中から「ヘルプ」を選んで開きます。つぎに「更新プログラムを確認」をクリックして、ログの通りに進めましょう。

【Mac版】
iTunes画面の上部にあるメニューバーの中から「iTunes」を選び、「アップデートを確認」に進みます。すでに最新版になっているときは、非表示になります。

iPhoneのiOSとiTunesの準備ができたら、iPhoneのデータバックアップを進めていきましょう。

データバックアップをしたいiPhoneとパソコンを、Lightningケーブルでつなげます。
iPhoneの画面にパスコードの入力を求めるログや「このコンピュータを信頼しますか?」というログがでるので、指示に従って進んでください。

そうすると、iTunes画面の左上にスマホのアイコンが表示されます。
(画面中央にある「ライブラリ」「For You」などのタブの左側にでてきます)

アイコンがでたら、そのアイコンをクリックしましょう。

左にあるタブから「概要」を選びます。

概要の中にある「バックアップ」の項目の中の「このコンピュータ」と「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れて、右側にある「今すぐバックアップ」をクリックします。

はじめてバックアップをする場合は、新しくパスワードを設定します。このパスワードは、このデータを使ってデータ復元するときに必要になるので、メモを取っておきましょう。

iPhoneを探すをオフにする

iPhoneを置き忘れたり、iPhoneを失くしたりしたときに役立つ「iPhoneを探す」機能ですが、この機能をオフにしないまま初期化を行うと「アクティベーションロック」がかかってしまいます。

1. ホーム画面から「設定」を開く
2. 「ユーザ名」をタップする
3. 「iCloud」を開いて、画面を下にスクロールさせ「iPhoneを探す」を選択して、タブをオフに変更する
4. Apple IDのパスワードを入力して完了

アクティベーションロックとは、iPhoneを拾った人がiPhoneの中身を盗み見できないように、データを保護するシステムです。アクティベーションロックを解除するには、Apple IDとパスワードを入力が必要になります。

iCloudのサインアウトをする

データバックアップを取って、「iPhoneを探す」をオフにしたら、iCloudからサインアウトします。

iCloudをサインアウトしておかないと、iPhoneを初期化してもiCloudとiPhoneがつながったままになって、iCloudのデータが第三者に見られてしまう危険性があります

1. ホーム画面から「設定」を開く
2. 「ユーザ名」をタップする
3. 画面を下にスクロールさせて、1番下にある「サインアウト」を選ぶ
4. Apple IDのパスワードを入力して「オフにする」をタップする
5. 「データのコピーをこのiPhoneに残しますか?」というログがでるので、「コピーを残す」にある項目をすべてオフにする
6. 右上にある「サインアウト」を押すと、「本当によろしいですか?」と再度確認のログがでるので「サインアウト」をタップする

「設定」画面に戻って、ユーザ名のところに「iPhoneにサインイン」と表示されていれば、サインアウト成功です。

目次へ

iPhoneの強制初期化の方法4つ

iPhoneを初期化する方法と、どうしても初期化がうまくできないときのために強制初期化の方法をみていきましょう。

iPhone本体で初期化する

iPhoneの動きに問題がなく、Apple IDのパスワードなどもきちんと把握できている場合は、iPhone本体を操作して初期化することができます。

1. ホーム画面から「設定」を開く
2. 「一般」をタップする
3. 画面を下にスクロールして「リセット」を選ぶ
4. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする

リカバリーモードを使う

iPhoneの動作に問題があるときや、Apple IDのパスワードがどうしても分からないときは、iTunesを使って、強制初期化します。

この方法で初期化を行う場合は、iTunes画面の「概要」の「オプション」項目にある自動同期のチェックを外しておいてください。

iPhoneとパソコンを、Lightningケーブルでつなげます。

【iPhone7以前の機種】
1. iPhoneの電源をオフにする
2. 電源ボタンとホームボタンを同時に押し、Appleマークが出たら指を離す
3. しばらくするとiTunesマークが表示されて、画面にログがでる
4. 「復元」を選ぶと初期化ができる

【iPhone7シリーズ】
1. iPhoneの電源をオフにする
2. 音量を下げるボタンとスリーブボタンを同時に押し、Appleマークが出たら指を離す
3. しばらくするとiTunesマークが表示されて、画面にログがでる
4. 「復元」を選ぶと初期化ができる

【iPhone8シリーズとiPhoneX】
1. iPhoneの電源はオフにする必要がなく、音量を上げるボタンを押す
2. すぐに、音量を下げるボタンを押す
3. iTunesマークが表示されるまで、スリープボタンを長押しする
4. しばらくするとiTunesマークが表示されて、画面にログがでる
5. 「復元」を選ぶと初期化ができる

【apple非推奨】DFUモード【自己責任】

さきほど紹介した2つの方法を試してみても、初期化できない場合は、こちらの方法もあります。しかし、この方法はApple非推奨となるため、自己責任で行ってください。

1. iTunesをインストールしたPC(パソコン)を用意
2. Lightningケーブルで、iPhoneとパソコンをつなぐ
3. スリープボタンを3秒くらい押す
4. 【iPhone7以前の機種】すぐにホームボタンとスリープボタンを10秒くらい押す
【iPhone7以降の機種】すぐに音量を下げるボタンとスリープボタンを10秒くらい押す
5. スリープボタンだけ指を離して、ホームボタン(もしくは、音量を下げるボタン)はそのまま押し続ける
6. 「iTunesがリカバリーモードのiPhoneを見つけました」とログがでたら成功
7. 「復元」を選んで、指示の通りに進める

手元にiPhoneが無い場合

iPhoneを紛失した、盗難にあって手元にiPhoneがない場合には、「iPhoneを探す」を使えば、iPhoneを初期化できることがあります。

1. インターネットが使えるPC(パソコン)か、タブレットを用意する
2. Apple公式サイトのiCloudへログイン
3. ログインできたら「iPhoneを探す」をクリックする
4. 画面の上部にある「すべてのデバイス」から初期化したいiPhoneを選んで、「iPhoneの消去」を実行する

目次へ

これらの方法でもうまくいかない場合

ここまでの初期化の方法を試しても、うまく行かなかった場合は、サポートやiPhone専門の修理店で見てもらうことがおすすめです

appleやキャリアのサポートへ問い合わせる

まずは、Appleの公式サポートにアクセスして問い合わせてみます。電話やチャット、メールで相談が可能です。

相談してみても問題が解決しないときは、修理が必要になる場合も。

また、サポート期間が終了している古い機種は、正規店では修理できないことがあります。

スマホスピタルへ修理依頼する

当店スマホスピタルなら、サポート期間が終了してしまったiPhoneでも修理が可能です。

スマホスピタルは、駅近でアクセスのよい場所にあり、全国80店舗を展開中!
(2019年1月現在)
スマホスピタルのホームページから、お近くの店舗を検索してみてください。

近くに店舗がない、忙しくて来店できない人には、郵送修理も可能です。
店舗まで、ぜひお問い合わせください。

目次へ

まとめ

iPhoneを最新機種に変えたときや、使っていないiPhoneが余っているときなど、iPhoneの状態がよくてまだまだ使えそうなら、誰かに売ったり、譲ったりしたくなりますよね。

しかし、適当にiPhoneの初期化をして、データが保存できていなかったり、データが残っていたりしたら大変です。

今回紹介した方法を使って、安心、安全にiPhoneを初期化してみてください。

目次へ