「待機中」のまま止まった!iPhoneアプリがアップデートできない原因

iPhoneに新しくアプリをインストールしようとしたときや、アプリのアップデートを開始したときに、待機中と表示されたまま止まってしまう不具合は多いです。 早くアプリを使用したいのにアップデートが進まず、イライラしてしまった経験がある人も多いでしょう。 ここでは、アプリが待機中のまま止まってしまう原因をはじめ、対処法を紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneのアプリがアップデートできない原因は主に3つ

iPhoneのアプリが「待機中」となったままアップデートできない、もしくはインストールできない原因は3つあります。まずは、原因を知って、なぜ待機中になっているのか推測してみましょう。

1.iOSやApp Store に原因がある

配信されて間もない最新版のiOSは、アップデート時の不具合が発生することも多いです。特に、大型アップデートの直後は、バグやエラーも発生しやすくなります。

また、iOSを最新版にアップデートしようと多くの人がアクセスするので、App Storeのサーバーが混雑してしまい、アプリのアップデートやインストールが途中で止まってしまうこともあるのです。

2.通信環境に原因がある

iPhoneアプリのアップデートやインストールは、iPhoneが通信できる状態であるかも関係します。まずは、自身のiPhoneがインターネットにつながれているかを確認しておきましょう。

容量が大きいアプリの場合は、モバイルデータ通信ではアップデートできない場合もあります。Wi-Fi環境につなげてから、もう一度実行してみてください。

3.アプリ自体に原因がある

アプリ自体にバグが発生していたり、破損していたりする場合は、アップデートもインストールも正常に行えません。

アプリ自体に原因がある場合は、先ほど紹介したように通信環境を改善しても最新版のiOSにしても改善できないので注意しましょう。

目次へ

アプリがアップデートできないとき自分でできる対処法4つ

先ほど紹介した、アプリが正常にアップデートできない原因を元に、次は実際に自分でできる対処法を4つ紹介します。今すぐできる対処法を多く解説するので、ぜひひとつずつ試してみてください。

1.ダウンロードを一時停止して再開してみる

原因がどこにあるのか特定できず、何から対処すれば良いかわからない場合は、アップデートやインストール途中のアプリを一時停止して、少し時間を置いてから再開してみましょう。

使用している機種がiPhone6以降の場合、ホーム画面から一時停止したいアプリを長押しすると「ダウンロードを再開」「ダウンロードを一時停止」「ダウンロードをキャンセル」という3つのオプションが表示されます。

すでに一時停止している場合は「ダウンロードを再開」をタップ、アプリが反応しなくなっている場合は「ダウンロードを一時停止」→「ダウンロードを再開」の順にタップしましょう。

最新版のiOSやApp Store自体に問題がある場合、自力で解決する方法はありません。iOSの不具合が解消されるのを待つか、App Storeのサーバーが正常になるのを待ってから再度アップデートを試してみてください。

2.Wi-Fiや機内モードを試してみる

Wi-Fiにつながず、モバイルデータ通信でアプリのアップデートをしていた人は、Wi-Fiに接続して試してみましょう。

接続するWi-Fiによっては、通信が不安定なこともあるので、別のWi-Fiにも接続して確認してください。

Wi-Fiに接続する方法は、「設定」→「Wi-Fi」でオン・オフする方法と、画面右上から下にスワイプしてコントロールセンターからオン・オフする方法の2種類あります。どちらか好きなほうを選んで試してみてください。

すでにWi-Fiに接続していて、それでも状況が改善しないときは、機内モードのオン・オフを試してみるのもひとつの方法です。

iPhoneの画面右上から下へスワイプしてコントロールセンターを表示し、左上の飛行機マークをタップすると機内モードがオンになります。

少し時間を置いてから、もう一度飛行機マークをタップしてオフにすると通信がリフレッシュして改善することもあるので、確認してみましょう。

3.アプリを再ダウンロードしてみる

アプリ自体に問題がある場合は、一旦アプリを削除して再ダウンロードすると改善するかもしれません。

ホーム画面から、削除したいアプリのアイコンを長押しするとアプリが震えながら「×」マークが表示されるので、「×」マークをタップします。

※Verによっては長押し後に「Appを削除」で削除が可能です。

この方法で削除できない場合は、「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」の順にタップし、アプリ一覧から削除するアプリを選択してください。選択したアプリをタップしたあと「Appを削除」をタップするとアンインストールが完了です。

しかし、アプリを一旦削除するとアプリ内のデータも消えてしまうので注意しましょう。

削除したあと、もう一度App Store からアプリを検索すると、該当アプリアイコンの右隣に雲のマークが表示されています。このマークをタップすればもう一度再ダウンロードできるので、試してみましょう。

4.本体を再起動してみる

iPhoneのシステムになんらかの問題があり、それが理由でアプリのインストールやアップデートに不具合が出ていると推測される場合は、iPhoneを再起動してみましょう。

■iPhone X以降の再起動方法
1. iPhone右側にあるサイドボタンと左側にあるボリュームキーのどちらか片方を、電源オフのスライダが画面に表示されるまで、同時に長押しする
2.画面上に表示されたスライダを右へドラッグして電源をオフにする
3.完全に電源がオフされたら、iPhone右側のサイドボタンをAppleロゴが表示されるまで長押しする

■iPhone 8以前の再起動方法
1.iPhone右側にあるサイドボタンを、電源オフのスライダが画面に表示されるまで長押しする
2. 画面上に表示されたスライダを右へドラッグして電源をオフにする
3. 完全に電源がオフされたら、iPhone右側のサイドボタンをAppleロゴが表示されるまで長押しする

目次へ

対処法をやってもアップデートできない場合は専門家に見てもらう

ここまで紹介した対処法を試しても、まだ症状が改善されずアップデートやインストールできない場合は、iPhoneの故障が考えられます。iPhoneの故障は、iPhone修理の専門家にしか修理できないので、修理を依頼してください。

iPhoneの修理依頼をする場所は、AppleStoreやApple正規店、街のiPhone修理専門店があります。

正規店での修理は、純正部品を使って修理してもらえるので安心度が高いですが、あらかじめ予約が必要であったり、修理に1週間程度時間がかかってしまうことがデメリットとして挙げられるのです。

当然、修理に出している間は、手元にiPhoneがない状態ですので、自分で代替え機を用意するなど対策しなければなりません。

すぐにiPhoneの不具合を見てもらいたいときは、街のiPhone修理専門店がおすすめです。iPhone修理専門店は、予約なしで即日対応してくれるところが多く、スムーズに不具合を解消できます。

スマホスピタルでも、予約なしでiPhoneのどんな不具合に対しても随時相談を受け付けており、iPhoneのことを熟知したスタッフが丁寧に対応します。全国で80店舗を展開しているので、ぜひお近くのスマホスピタルへご相談ください。

街のiPhone修理専門店は、技術やサービスの差があり優良な店舗に依頼しないと、不具合が改善できなかったり、別の箇所で不具合が起きたりすることもありますが、スマホスピタルなら修理実績100万台以上という豊富な修理実績があるので、iPhoneのどんなトラブルでも安心してご依頼いただけます。

診断の結果、iPhoneが故障していて修理が必要になった場合でも、総務省登録業者であるため、修理サービスや交換するパーツの質が高いのです。

状況によっては、即日対応して修理完了できますので、iPhoneのない生活を送ることは少ないでしょう。

他店で修理を断られたiPhoneでも、一度スマホスピタルへご相談ください。

目次へ

まとめ

iPhoneアプリのアップデートやインストールができないと、アプリが起動できず、したいことができない状況になって不便を強いられます。

再起動や通信環境の見直しで症状が改善しないときは、原因を診断して不便なく使えるようにするためにも、専門店への依頼を検討しましょう。

目次へ