• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhoneやiPadのバッテリーについて、劣化して出てくる症状とは?
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneやiPadのバッテリーについて、劣化して出てくる症状とは?

iPhoneシリーズに限らず、iPadシリーズについても

画面の交換修理はもちろん、バッテリー交換修理が可能です!

 

では、バッテリーが実際に劣化してくると、

どのような症状となってしまうか

こちらでまとめてみました。

どうしてバッテリーが劣化してしまう?
劣化バッテリー

スマートフォンやタブレット端末などの

充電式の電子機器には、「リチウムイオン電池」が使用されています。

 

昔の機器で使われていた「ニッケル水素電池」というものがありました。

こちらも充電すれば、電気をためておくことができます。

 

例えば充電式の電動ドライバーや、ラジコンなどに使われています。

ですが、この「ニッケル水素電池」には欠点があり

大きな電力を持たせようとすると、

バッテリーのサイズが比率して大きくなってしまいます。

 

そこで、代わりに開発されたのが「リチウムイオン電池」となります。

こちららは、ニッケル水素電池より

より多くの電力をため込むことができ、

さらにバッテリーの小型化に成功しました。

 

この「リチウムイオン電池」が存在していないと、

スマートフォンやタブレット端末は成り立たないほど

重要な役割を担っています。

 

そして、これらの充電式バッテリーの最大の欠点である

バッテリーの劣化についてご紹介いたします。

スマホ充電中

バッテリーが劣化してしまう要因は様々ございますが、

特にバッテリーは過度な「」に弱いです。

 

バッテリーは充電すると、中に電力をため込みます。

電力をため込む際にも「」を持つことがあります。

バッテリー自身には、ある程度の耐久性はもっていますが、

必要上に熱にされされてしまう環境は良くありません

 

スマホを充電しながら

ゲームをしたり、長時間スマホを使い続けると

本体の基板が熱をもちます。

 

こちらのによって

バッテリーの劣化が進んでしまう原因となります。

 

さらに、熱がかかってしまったままで

バッテリーの充電を続けてしまうと

バッテリーが「膨張」してしまうような、症状となります。

バッテリー膨張

膨張」がスマホの中で起きてしまうと、

本体の中から、画面が押し上げられてしまいます

押し上げられた圧力によって、画面にダメージが入ってしまうと

 

画面がひび割れてしまったり、

表示がおかしくなってしまう原因となる可能性があります!

 

画面にダメージが入ってしまうと、

パネルの交換が必要となりますので

バッテリーと、画面の交換修理の費用が二つ発生します。

 

ですので、バッテリーが劣化してきて

お困りの方がいらっしゃいましたら

お早目にバッテリーを交換修理されることをオススメします。

バッテリーの劣化具合をチェックする方法とは?
iPhoneをお持ちの方でしたら、

設定アプリから、内部のバッテリーの最大容量を

確認することができます!

 

「設定」アプリから

「バッテリー」という項目に進んでいただき、

さらに「バッテリーの状態」という項目をご確認ください。

 

バッテリーの状態

こちらからバッテリーの「最大容量」を確認することができます。

 

こちらの中に「ピークパフォーマンス性能」

というような項目があります。

 

こちらの「ピークパフォーマンス性能」については、

iPhone自身が、バッテリーの劣化具合を自動的に判断して

バッテリーが劣化していた場合は、

本体の性能を抑えてセーブするような機能があります。

 

劣化してしまったバッテリーをいたわるような機能となります。

 

バッテリーから一時的に電力が足りなくなってしまうと

突然のシャットダウンとなる原因となります。

 

これを防ぐ為に「ピークパフォーマンス性能」を落とすことがあります。

せっかくのiPhoneですから、性能は落とさないで使い続けたいですよね。

 

そのような場合は、バッテリーを交換することで改善されることが可能です!

完全にバッテリーが劣化してしまうとどうなる?
モバイルバッテリー

とりあえず、バッテリーが劣化してしまっても

バッテリーに給電させる環境があれば

スマホやタブレット端末を起動させることは可能な場合があります。

 

モバイルバッテリー」などは比較的手軽に

利用することが可能です。

 

ですが、完全にバッテリーが劣化してしまうと

スマホやタブレット端末に供給できる電力が足りなくなってしまい、

充電器を繋いだとしても、「充電が溜まらない」場合があります。

 

バッテリー内部にも、ICチップが埋め込まれていますので

このICチップによって、バッテリーの健康状態など

確認することができる、「バッテリーの監視役」となっています。

 

完全に劣化したバッテリーには、電力をため込むことができなくなる理由としては

このICチップの判定により、このバッテリーは危険だと判断された場合は

一時的にバッテリーへの供給を止めてしまうことがあります。

 

そうなってしまうと、基本的にはバッテリーの交換をするしか

スマホを起動させる方法がありません。

 

「モバイルバッテリー」を繋いだまま使用を続けて

その場を凌ぐ方もいらっしゃるかと思いますが、

こちらのように、電力を長時間供給したままにしてしまうと

今度は「基板」にまでダメージを与えてしまう可能性があります。

起動できなくなったスマホもバッテリーを交換すれば復活するかもしれません
バッテリー劣化困った

起動ができなくなってしまい、

充電器に繋いでも、充電マークは出るのに

いつまで経っても充電が溜まらない場合でしたら

バッテリーの劣化による「完全放電」が考えられますので

一度当店にご相談を頂き、

バッテリーの「交換修理サービス」をご利用ください!

 

スマホスピタルは全国に80店舗以上ございます。

お近くの店舗をお探しなら下記の画像からご確認いただけます!

choice shops

お近くのエリアを選択いただければ店舗情報が選択できます!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。