お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

iPhoneのバッテリー交換は正規店より非正規店がおすすめ?メリット・デメリット比較 | スマホスピタル

iPhoneのバッテリー交換をするなら、Apple正規店が安心?とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
実はApple正規店よりも非正規店のほうがiPhoneのバッテリー交換におすすめなケースがあります。

本記事ではApple正規店、非正規店どちらでiPhoneのバッテリー交換をするのがおすすめなのか、徹底比較します。
iPhoneのバッテリー交換でよくある質問にも回答しているので、ぜひ最後までご覧ください。

そもそもApple正規店って?

iPhoneやiPadの修理を依頼する際、Apple公式サイトで修理予約を行うとApple Storeのほかに「Apple正規サービスプロバイダ」が表示されます。
Apple正規プロバイダ(正規店)とは、Apple社から修理の認定を受けた修理店でApple Storeと同等のクオリティで修理が受けられます。

Apple正規店は全国各地にあり、ビックカメラやカメラのキタムラなど、家電量販店が認定されているケースが多いです。
Apple Storeが近隣にない場合でも、Apple正規店でiPhoneのバッテリー交換ができるため、Apple Care+に加入されている方は便利なのではないでしょうか。

Apple正規店と非正規店の比較

Apple正規店以外に、街中にあるスマホ修理業者のような非正規店でもiPhoneのバッテリー交換が可能です。
非正規店というと、不具合が起きやすいのでは…?と心配になるかもしれませんが、実はメリットもあります。

ここで、Apple正規店と非正規店の特徴を比較してみました。

AppleCare+の利用可否

iPhoneのバッテリー交換をApple正規店で行う大きなメリットは、Apple Care+が利用できることです。
Apple Care+はApple製品を購入した際に加入できる有料保証サービスで、加入中はバッテリー交換が無料で受けられます。
また、万一iPhoneを落下、水没などの事故で故障させてしまったときも、Apple Care+未加入と比較して安く修理が可能です。

一方、Appleから認定を受けていない非正規店は、Apple Care+の対象外となり、保証が受けられません。
そのため、バッテリー交換に費用がかかり、さらにApple Care+に加入していていても正規店でのサービスが受けられなくなる可能性があります。

Apple Care+に加入されている方がバッテリー交換をするなら、Apple正規店で保証を適用したほうがよいでしょう。加入していない場合は、Apple正規店、非正規店どちらでバッテリー交換しても問題ありません。

使用する部品

Apple正規店では、Apple Storeと同様にiPhoneの純正バッテリーに交換してもらえます。
純正のため、いままでと変わりなく使用ができ、安全面や性能面でも高い信頼性があるでしょう。

非正規店ではほとんどの場合、互換性のあるバッテリーを使用しています。
互換バッテリーは使用するメーカーや製品によって性能にバラつきが発生する可能性があり、粗悪なパーツを使用している店舗もあります。パーツ品質の明示をしている、修理後保証のある業者を選択すると良いでしょう。

また、Apple正規店ではApple社の厳しいトレーニングを受けた技術社がバッテリー交換をします。非正規店では技術力に不安があるケースもあります。国の厳しい基準をクリアした総務省登録修理業者などを選択しましょう。

修理にかかる時間

iPhoneのバッテリー交換にかかる時間は、Apple正規店と非正規店で大きく異なります。
Apple正規店でバッテリー交換を行うには、まず予約が必要です。
Apple公式サイトで近隣の正規店を検索し、最短の日時を指定して予約が可能ですが、地域や店舗によっては、数日待つ必要があるでしょう。

一方、非正規店は予約なしで店舗に来店しても、即日バッテリー交換してもらえるケースがあります。
もちろん、店舗の混雑状況によっては待ち時間や預かりになる可能性もありますが、殆どの場合が即日で対応してもらえるでしょう。
修理時間も早ければ15分、長くても1時間程度で完了する業者が多いため、すぐにバッテリー交換してもらえます。

バッテリーの膨張などで早く交換する必要がある場合は、すぐに対応してもらえる非正規店がおすすめです。

修理後の保証

iPhoneのバッテリー交換をした後、まれに動作が不安定であったり、充電がされなかったりなどトラブルが発生する可能性があります。
バッテリー交換後にトラブルが発生した場合、Apple正規店では修理完了後90日間の間、またはApple Care+の加入中は交換などの保証が受けられます。
交換後すぐにトラブルが起こらなくても、保証期間内であれば万が一バッテリーにトラブルが起こっても無償で対応してもらえるでしょう。

また、非正規店でも修理後の保証を行っている業者があります。
修理対応期間や内容は業者によって異なりますが、長ければ6ヶ月ほど無償で再修理を保証してもらえます。
修理後の保証に関しては、非正規店の保証期間を確認してからバッテリー交換を依頼する先を決めてもよいでしょう。
iPhone即日画面修理ならスマホスピタルへ

iPhoneのバッテリー交換料金は正規店と非正規店どちらがお得?

ここからは「バッテリー交換」の修理料金を「Apple正規店」と「非正規店(例としてスマホスピタル」)で比較・紹介していきたいと思います。

Apple正規店でiPhoneをバッテリー交換した場合の料金

Apple正規店でiPhoneのバッテリー交換をする場合、Apple Storeと同一料金となります。
Apple Care+に加入していない場合、iPhoneのバッテリー交換にかかる費用は、下記の通りです。

iPhone モデル 修理料金
iPhone 15 シリーズ 15,800円
iPhone 14シリーズ 15,800円
iPhone 13シリーズ 14,500円
iPhone 12シリーズ 14,500円
iPhone 11シリーズ 14,500円
iPhone XSシリーズ 14,500円
iPhone XRシリーズ 14,500円
iPhone Xシリーズ 14,500円
iPhone 8シリーズ 11,200 円
iPhone 7シリーズ 11,200 円
iPhone SE(第2・3世代) 11,200 円

参考|Apple iPhone の修理サービス
※上記料金は税込価格です。

Apple Care+に加入されている場合は、無料でバッテリー交換が可能です。

非正規店でiPhoneをバッテリー交換した場合の料金

非正規店でiPhoneのバッテリー交換をした場合、依頼する業者によって大きく異なります。
破格の値段でバッテリー交換を行っている業者もいますが、交換後の保証がまったくない可能性もあるため、業者選びは値段だけでなく保証内容も確認しておきましょう。

一例として、スマホスピタル 新宿アルタ店でiPhoneのバッテリー交換をした場合の料金を紹介します。

iPhone モデル 修理料金
iPhone 15 シリーズ お問い合わせください
iPhone 14シリーズ 9,180円〜
iPhone 13シリーズ 7,680円〜
iPhone 12シリーズ 6,080円〜
iPhone 11シリーズ 5,080円〜
iPhone XSシリーズ 4,080円〜
iPhone XRシリーズ 4,080円〜
iPhone Xシリーズ 3,680円〜
iPhone 8シリーズ 2,800円〜
iPhone 7シリーズ 1,780円〜
iPhone 6シリーズ 1,080円〜
iPhone SE(第2・3世代) 1,180円〜

参考|スマホスピタル新宿アルタ店|修理料金 iPhoneバッテリー交換(2024年5月22日時点)
※上記料金は税込価格です。
iPhoneのバッテリー交換にかかる費用は業者によって異なりますが、スマホスピタルはApple正規店よりも安価です。また修理後も最長6か月の保証が適用されます。
Apple正規店では修理サービスの対象外となっているiPhone 6シリーズ以前のバッテリー交換も店舗によって対応できる可能性があります。

Apple正規店・非正規店のメリット

ここでApple正規店、非正規店でiPhoneのバッテリー交換を行うメリット・デメリットを確認してみましょう。

Apple正規店のメリット・デメリット

Apple正規店でiPhoneのバッテリー交換をするメリット・デメリットは下記の通りです。

メリット デメリット
  • 純正バッテリーなので高品質
  • Apple Care+加入中は無料交換可能
  • Apple社のトレーニングを受けた技術者が交換
  • Apple Care+に加入していないと高額
  • 予約が必要
  • 店舗が少ない地域もある

Apple正規店の最大のメリットは、Apple Care+の加入でバッテリー交換が無料なことでしょう。
バッテリー交換後もApple Care+のサービスが継続されるため、安心して利用できます。

しかし、Apple Care+に加入していないと、1万円以上の交換費用が発生するのはApple正規店のデメリットです。
バッテリー交換のための予約も必要で、地域によってはApple正規店が遠方にしかない可能性もあります。

非正規店のメリット・デメリット

非正規店でiPhoneのバッテリー交換をするメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
  • 交換費用が安い
  • 即日対応が可能
  • 古いiPhoneシリーズのバッテリー交換も可能
  • 一度交換するとApple正規店のサービスが受けられない
  • 非純正バッテリー
  • 修理後の保証がない可能性がある

非正規店の最大の特徴は、交換費用の安さでしょう。
Apple Care+に加入していない場合、Apple正規店でバッテリー交換すると1万円以上かかりますが、非正規店なら1万円未満のケースも多いです。
また、即日対応や古いiPhoneシリーズのバッテリー交換に対応してもらえるのも非正規店のメリットでしょう。

しかし、一度非正規店で修理サービスを受けるとApple正規店での修理サービスが受けられなくなってしまいます。
業者によっては、バッテリー交換後にトラブルが発生しても、保証がない可能性もあるため、事前に確認しておかなければなりません。

iPhone即日画面修理ならスマホスピタルへ

iPhoneのバッテリー交換でよくある質問

最後にiPhoneのバッテリー交換でよくある質問に5つ回答します。
バッテリー交換をApple正規店でするか、非正規店でするか迷ったときはぜひ参考にしてください。

iPhoneのバッテリー交換を正規店でするとデータが消える?

iPhoneのバッテリー交換をApple正規店で行った場合、基本的に症状診断の過程でデータが削除される可能性が高いです。
Apple正規店であるビックカメラでは、診断や修理の過程で本体データをすべて削除するとしているため、必ずバックアップを取るよう注意喚起されています。

ほかのApple正規店でも同じように、バックアップが推奨されているので、Apple正規店へバッテリー交換を依頼する際は、データが消える可能性が高いです。
Apple正規店へバッテリー交換を依頼する際は、忘れずにバックアップをとっておきましょう。

iPhoneのバッテリー交換はどこでやるべき?

iPhoneのバッテリー交換をどこですべきか悩んだ場合は、次のポイントで選ぶのがおすすめです。

  • Apple Care+に加入しているか
  • 非純正バッテリーの使用に抵抗がないか
  • Apple正規店でのサービスが受けられなくなっても問題ないか

Apple Care+に加入している場合は、無料でバッテリー交換ができるApple正規店を利用するとよいでしょう。
バッテリー交換後も保証が続くため、故障などのトラブルが起こっても安心です。

Apple Care+に加入されていない場合は、非純正バッテリーやApple正規店での修理サービスが受けられなくなっても問題なければ非正規店での修理はメリットがあります。
非正規店で修理サービスを受けると、Apple正規店での修理サービスが受けられなくなる可能性があります。
しかし、バッテリー交換などの費用は非正規店のほうが安く、即日対応してもらえる可能性が高いです。

iPhoneのバッテリー交換をどこでするか悩んだ場合は、Apple Care+に加入しているかどうかで決めてもよいでしょう。

Apple正規店の予約方法は?

Apple正規店の予約方法は、下記の通りです。

  1. Apple公式サイトから「iPhoneバッテリーサービス」へアクセス
  2. 修理オプション「修理予約」を選択
  3. Apple IDへログイン
  4. 「持ち込み修理」を選択
  5. 近隣のApple Store、またはApple正規店へ予約

お近くの修理取次窓口へiPhoneを預けて、Apple正規店で修理してもらうことも可能です。
お近くにApple Store、Apple正規店がない場合は、修理取次サービスも検討してみてください。

iPhoneのバッテリー交換で非正規店を選ぶポイントはある?

iPhoneのバッテリー交換を非正規店で行うなら、下記のポイントを押さえておきましょう。

  • 総務省登録修理業者
  • 実績や評判
  • バッテリー交換費用
  • バッテリー交換時間

総務省登録修理業者は国が定めた厳しい基準をクリアしている業者で、実績や評判と共に確認しておきたいポイントです。
これまでのバッテリー交換実績や評判を確認しておくと安心して依頼できるでしょう。
また、バッテリー交換にかかる費用や時間についても、業者によって大きく異なるため事前に確認してみましょう。

iPhoneならどのモデルでもバッテリー交換できる?

基本的にAppleが修理対応していれば、どのiPhoneシリーズでもバッテリー交換が可能です。
しかし、古いモデルの場合は、バッテリーが在庫切れで交換できないケースも。

Appleが修理対応しているiPhoneモデルは下記の通りです。

修理対応モデル 修理対応期間
iPhone 14シリーズ 発売日から最長5年
iPhone 13シリーズ 発売日から最長5年
iPhone 12シリーズ 発売日から最長5年
iPhone SEシリーズ 発売日から最長5年
iPhone 11シリーズ 2023年頃まで
iPhone Xシリーズ 在庫が続く限り

iPhoneの修理サービスが適用されるのは、新しいiPhoneが発売されてからおおよそ5年です。
修理部品の在庫によって、最長7年間修理サービスが受けられますが、基本的に古いiPhoneシリーズはバッテリー交換が難しいと考えてよいでしょう。
古いiPhoneシリーズのバッテリー交換をする場合は、事前にApple正規店に問い合わせし、バッテリーの在庫確認しておくのがおすすめです。
Apple正規店でバッテリー交換が難しい場合は、非正規店で対応してもらえる可能性があるので諦めずに問い合わせてみましょう。

iPhoneのバッテリー交換ならスマホスピタルへ!


iPhoneのバッテリー交換に悩んだら、Apple Care+に加入しているか確認してみましょう。
加入中の方は、Apple正規店で無償バッテリー交換サービスが受けられます。

しかし、Apple正規店を利用するには予約が必要なため、すぐにバッテリー交換したいなら非正規店を利用するのもおすすめです。
非正規店は予約なしでもバッテリー交換対応してもらえる可能性が高く、Apple Care+に加入していない方はApple正規店よりも安く交換できるでしょう。

スマホスピタルでは、iPhoneのバッテリー交換を最短即日、15分程度~行っています。総務省登録修理業者で、修理後の保証は業界最長クラス(2023年11月時点)の6か月間で安心です。
すぐに予約がとれるApple正規店がない、Apple Care+に加入していない方は、ぜひスマホスピタルでiPhoneのバッテリー交換をしてみてはいかがでしょうか。


店舗一覧へ

2014年より、日本PCサービス株式会社にて、年間700件以上のパソコン・スマホ・タブレット修理およびお困りごと解決を行うフィールドエンジニアとして活躍した後、IT人材の育成や事業責任者として業界に従事。2021年11月、同社取締役に就任。
同年12月よりスマホ・iPhone修理のスマホスピタルを運営する株式会社スマホスピタル 取締役として、全国のスマホ修理事業を統括。
2023年5月、特定非営利活動法人 IT整備士協会の理事に就任。リテラシー格差、使い方やトラブル時の正しい対処法など、スマホの正しい知識の普及のためスマートフォン整備士検定の構築に携わるなど、スマホ・パソコンをはじめIT関連業界に10年以上従事。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。