iPhoneのバックアップ設定を解説!修理業者はここがおすすめ

iPhoneを何らかの理由で初期化すると、それまで使っていたデータは消えてしまいます。また、機種変更したiPhoneには何もデータが入っていません。そんなときでも今までどおり使えるようにしてくれるのが「バックアップ」です。iPhoneでは、どのようにバックアップ設定すれば良いのか紹介します。


この記事は約8分で読み終わります。

バックアップとは

私たちがスマートフォンやパソコンで使う文書やメール、音楽、写真、動画、各種設定などのデータは、本体に保存されるのが一般的です。これをUSBメモリやSDカードといった外部記憶媒体に同じ状態で保存するのを「バックアップ」といいます。

最近ではインターネット回線の高速化によって、「クラウド」と呼ばれるサーバーにもデータの保存が可能になりました。iPhoneでいえば「iCloud」です。

データをバックアップしておけば、万が一本体に保存していたデータが消えたときや、別の端末で同じデータを使いたいとき、簡単に復元できます。あらかじめバックアップしておいたデータを、所定の位置に入れ直すだけです。

スマートフォンやパソコンでは、専門的な知識がなくても、メニューを選ぶだけで多くのデータのバックアップや復元が自動的にできるようになっています。

目次へ

どんな時にバックアップが必要?

では、どんなときにバックアップが必要なのか、事例を見てみましょう。

iPhoneやiPadを修理に出すとき

Apple Storeや正規のサービスプロバイダー、キャリアショップでは、修理をするとき症状に関係なく、初期化して保存されているデータを消去します。修理ではなく、交換で対処する場合もデータの移行はしません。

また、修理に出す時点で画面操作が不可能になってバックアップができなかったり、記憶媒体の故障でデータが消えてしまったりする場合もあるでしょう。

故障の中には、何の前触れもなく起こるものもあります。そんなときでも普段からバックアップを取っておくと安心です。盗難や紛失でも同じことがいえます。

iPhoneやiPadを機種変更するとき

機種変更で購入した新しいiPhoneやiPadには、最低限のアプリがあるだけで、データは入っていません。これまでどおりに使うには、前の機種からデータをバックアップし、新しい機種で復元するという作業が必要です。

もちろん、前の機種にデータを入れたまま手元に残し、新しい機種を一から使うこともできます。しかし、2台に分けて使うのは明確な目的が無いと不便です。また、前の機種は下取りに出したり、売却したりすると、新しい機種の購入資金になります。

データをバックアップし、復元して1台にまとめるほうが便利でお得です。

目次へ

【3つの手段】バックアップの設定方法

続いて、iPhoneはどのようにバックアップ設定をすればいいのか、よく使われる3つの手段を見てみましょう。

iCloudでバックアップ

インターネット上のサーバーにデータをバックアップする方法です。インターネットに接続できれば、パソコンが無くてもiPhoneの操作だけでバックアップができます。

ただし、やり取りするデータの容量が多くなるので、利用にあたってはキャリアのモバイルネットワークではなく、Wi-Fiに接続しなければいけません。

また、iCloudは最初の5GBまで無料ですが、それを超えると追加料金がかかります。月額料金は、50GBで130円、200GBで400円、2TBで1,300円です(2021年2月現在)。家族で分け合うこともできます。

iCloudは3つのバックアップまで保存できるので、容量を節約したいのであれば、最新のバックアップだけを残して、ほかは削除するようにしましょう。

iCloudでバックアップするには、最初にデバイスをWi-Fiに接続します。次に「設定」→「(ユーザー名)」を選択し、「iCloud」をタップしましょう。もし、ユーザー名が表示されなければ、Apple IDとパスワードでログインします。

下のほうに「iCloudバックアップ」があるので、オンにすると「今すぐバックアップを作成」という項目が表示されるはずです。タップしてバックアップを始めましょう。バックアップが終わって、最新の日時が表示されていれば成功です。

なお、「iCloudバックアップ」がオンになっていると、以下の条件が揃っているとき、自動的にバックアップを行います。

・電源に接続されている
・画面がロックされている
・Wi-Fiに接続されている

もし不都合があるなら、バックアップが終わるたびに「iCloudバックアップ」をオフにしておきましょう。

iCloudにバックアップしたデータを復元するときは、デバイスの初期設定で行います。すでにデータが入っているデバイスに復元する場合は、先に「設定」→「一般」→「リセット」から「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップしましょう。「iPhoneを消去」という項目が表示されるので、タップすると初期化が始まります。

再起動して初期設定の画面になったら、「クイックスタート」のところで「手動で設定」を選択しましょう。しばらく進むと「Appとデータ」というページが表示されるので、その中から「iCloudバックアップから復元」をタップします。Apple IDとパスワードを入力して先に進みましょう。

もしセキュリティの画面が表示されたら、「その他のオプション」→「アップグレードしない」を選択します。

利用規約に同意し、復元したいバックアップをタップしたら、画面の指示どおりに進んでいきましょう。途中でApple PayやSiriの設定を求められても後回しにします。最後に再起動して、画面に「復元しました」と表示されれば成功です。

コンピュータでバックアップ

パソコンの記憶媒体にバックアップを保存する方法です。記憶媒体の容量がある限りバックアップできるので、追加の料金がかかりません。インターネットに接続する環境も不要です。

パソコンは、同じApple社製のMacはもちろん、WindowsOSでもiTunesがインストールされていればバックアップできます。ただし、同じMacでも、MacOSがMojave10.14以前であればiTunesを使いますが、Catalina10.15以降はFinder経由です。

まず、事前準備としてパソコンのOSとiTunesを最新のバージョンに更新しておきます。デバイスのOSも同様です。次に「環境設定」を開いて、「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックが入っているか確認します。

事前準備が終わったら、デバイスとパソコンをケーブルで接続しましょう。デバイスの概要が表示されるので、「今すぐバックアップ」をクリックします。画面の上部にバックアップの進行状況が表示され、Appleマークに変われば完了です。

環境設定の中にある「デバイス」を開くと、バックアップの一覧が表示されるので、正常に完了したか確認します。

なお、デバイスにヘルスケアやアクティビティのデータがあり、これらをバックアップするのであれば、暗号化しなければいけません。「バックアップを暗号化」にチェックを入れて、パスワードを設定します。不要であれば何もせずにバックアップしましょう。

復元するときは、デバイスとパソコンをケーブルで接続し、iTunesかFinderを開きます。デバイスの概要が表示されたら、「バックアップを復元」をクリックして、復元したいバックアップを選択する流れです。復元が完了するとデバイスが再起動するので、画面の指示どおりに進みます。

機種変更などで新しいデバイスに復元する場合は、「新しいiPhone/iPadへようこそ」と表示され、復元できるバックアップが選択できる状態です。選択後に「続ける」をクリックすると、復元が始まります。

Googleドライブでバックアップ

iPhoneに入っている写真や動画、連絡先、カレンダーのデータは、Googleドライブにもバックアップできます。Googleドライブがインストールされているデバイスなら、Googleアカウントでログインするだけで、簡単にデータを共有できるのがメリットです。

まずはApp StoreからGoogleドライブをダウンロードしてインストールします。次に左上のメニューアイコンをタップして、「設定」→「バックアップ」と選択し、「バックアップを開始」をタップするだけです。

なお、バックアップされるのは最新のデータだけで、同じ名前のデータは上書きされます。

目次へ

iPhone・スマホを修理に出すなら!

iPhoneが壊れたとき、修理の方法は大きく分けて2種類です。それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

1.Apple Storeで修理

Appleやキャリアの保証が適用されるなら、Apple Storeや正規のサービスプロバイダー、キャリアショップに修理してもらうほうがお得です。画面の修理だけなら3,700円、それ以外の修理でも12,900円で済みます(2021年2月現在)。

ただし、修理にあたっては必ずデバイスが初期化されるので、事前のバックアップが必須です。また、保証が適用されないと高額の修理代を請求されます。

2.大手のスマホ業者で修理

Appleの正規のサービスプロバイダーではありませんが、スマートフォンの修理を専門とする業者でもiPhoneの修理は可能です。大手ではiCracked StoreやiPhone Doctorなどがあります。

保証が切れていても安価で修理できる場合があり、正規の業者よりも店舗数が多いため、待ち時間が短いのも強みです。

スマホスピタルでもiPhoneの修理を受け付けております。リーズナブルに修理できるだけでなく、原則としてデータはそのまま残るので、バックアップが取れていないときでも安心です。修理だけでなく買取も行っています。

バックアップが取れていないiPhoneの修理をお考えの際は、お近くのスマホスピタルにご相談ください。

目次へ

まとめ

iPhoneのバックアップ設定は、iCloudやiTunesを使うと簡単です。万が一に備えて、こまめにバックアップしましょう。もし、バックアップしていない状況で故障した場合は、データを残したまま修理してくれるスマートフォンの修理専門店がおすすめです。

目次へ