修理速報
SCROLL DOWN

ドックコネクター交換修理(充電部分)

スマホスピタル横浜駅前 【郵送修理可能】充電が出来ない、iPadの充電口修理即日でお返し出来ます。

今回お預かりしたのはiPad6(A1893)

ライトニングケーブル(充電ケーブル)を挿しこんでも充電反応が全くない状態です。

お客様曰く、ライトニングケーブルを少しずらしたら反応してたけど

しばらくそのように使用していたら、とうとう反応しかくなり充電が出来なくなったそうです。

今回はiPadの充電口の故障でしたが中にはゴミが詰まっているだけのことや、

ご使用の充電ケーブル側が故障している可能性もあります。

 

ご不安な場合は下手にいじらずすぐにご相談くださいませ。

(症状が悪化する場合がございます)

 

お店のライトニングケーブルを使っても全く反応しませんが、

液晶画面はついているので充電口だけ交換すれば直りそうだと判断しました。

 

20210503_202912 (1)

 

iPad6の充電口修理は基板に直接付いているもので修理するには基板を外さないといけません。

その為にはまず、フロントパネルや、液晶画面を外していきます。

指紋が付いたりするとまた大変なことになるので慎重に開けてきます。

フロントパネルや、液晶画面を外した後は本体フレームから基板を取り外していきます。

基板に付いている諸々のケーブルなどを外していき最後に基盤を外すのですが、

結構強い粘着テープでフレームに付いているので、無理やり剥がそうとすると

基板が壊れてしまい充電口を修理したとしても起動しなくなったりするので熱を当てて粘着を弱めつつ慎重に外していきます。

 

 

外した後は本題の充電口の修理ですが、

iPad6の充電口はコネクターではなく基板についてる、パターンに半田で付いているので

はんだ付けの作業が必要になります。

20210504_104820 (1)

 

金色が綺麗に並んでいる部分をこれから剥がしていきます。

一気に剥がすと本体のパターンが剥がれるのでゆっくり時間をかけて作業をしていきます。

 

20210504_105734 (1)

 

剥がれた後の写真です。

半田を付けている状態なので今は銀色ですが、なにも付いていないと金色の部分になります。

あとはここに新しい充電口をはんだ付けして基盤と戻して動作の確認です。

 

20210504_183631 (1)

 

無事に充電が出来るようになりました。

充電が溜まっているのも確認できました。

スマホスピタル横浜駅前店では充電が出来なくなった

iPad、iPadPro、iPadmini

の修理もデータはそのままでお返し可能です。

また、遠方で直接お店に来店できない、このご時世で外出が怖いなどありましたら

郵送での修理も対応しています!

お困りの際は是非当店へお越しくださいませ!

スマホスピタル横浜駅前店
住所
〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸1丁目10−17 須賀ビル3A号室
営業時間
10:00〜21:00(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。