修理速報
SCROLL DOWN

画面交換修理(重度)

スマホスピタル大阪梅田 iPhone11の音は鳴って電話も受信するけど画面は映らない?そんな症状でも即日で修理可能!

今回はiPhone11の画面修理をご紹介

iPhone11が発売されたのが2019年9月ですから発売当初に購入された方は4年ほど使われていることになります。

iPhone11シリーズからトリプルカメラが実装されて、タピオカカメラとも呼ばれるようになりましたね。

今回はそんなiPhone11の画面修理でお持ち込みいただきました。

画面交換修理のご案内と画面が割れた際の注意点や画面が真っ黒になったときの注意点をご紹介します。

皆様もいざというときに備えて是非ともお読みください。

この記事でわかること

  • iPhoneの画面が割れてしまった際の対処方法
  • iPhoneの画面が真っ黒になった際の注意点
  • iPhone11の画面修理の金額と修理時間
  • 修理に出す前に何かやっておく必要があるのか?
tel_banner

iPhoneの画面が割れてしまったときの対処方法

最初にiPhoneの画面が割れてしまったときの対処方法をご紹介します。

誰もが直面するリスクがあるiPhoneの画面割れ…

近年のiPhoneのガラスは強力になっているといっても、それでも強い衝撃が加わってしまうとガラスは簡単に割れてしまいます。

もしも、iPhoneのガラスが割れてしまった際に正しい対処法を行っていれば、二次災害を未然に防ぐことができます。

画面をラップでぐるぐる巻きにする


まず誰でも簡単にできることをご紹介します。

それは、iPhone本体を市販のサランラップでぐるぐる巻きにすることです。

ラップを巻く意味は、ガラス片の飛び散りを防ぎ、指などを怪我しないようにするためです。

方法はシンプルでiPhone本体をサランラップで数回巻いていきます。

あまり巻きすぎると、画面が見えなくなってしまうので巻きすぎには注意しましょう。

こちらの方法はあくまでも応急処置になります。

なので、ラップを巻いたからと言って画面割れがきれいに直るわけではないので注意してください。

ガラス割れ専用のフィルムを貼る


あまり知られていませんが、ガラスが割れてしまったときに貼る専用のフィルムも存在します。

家電量販店ではなかなか入手できないかもしれませんが、ネット通販などではよく見かけます。

こちらの効果もサランラップと同じで、ガラス片の飛び散りを防ぎ、怪我から守ってくれます。

あくまでも応急処置になりますが、覚えておくといいでしょう。

バックアップを作成する


こちらは応急処置とは異なりますが、絶対に行っていただきたい対処方法です。

というのも、iPhoneの画面が割れてしまった際、次は液晶やタッチセンサー、ディスプレイが破損する可能性が高くなるからです。

もしも、液晶などが破損してしまうと、正常に操作することが困難になり、データのバックアップを作成することができなくなります。

データがそこまで重要視しないのであればいいですが、多くの方はデータがなくなってしまうのは困ると思います。

データのバックアップがない状態で、操作ができない状態に陥ってしまうと、機種変更や正規店で修理をしても、データは帰ってきません。

ですが、データのバックアップさえ作成していれば、万が一機種変更や正規店で修理をしてもデータの復元が行えて、選択肢が広がります。

画面が割れているだけだから…と油断せずに一度バックアップを作成しましょう。

iPhoneの画面が真っ黒になってしまった時の注意点

iPhoneの画面が真っ黒になってしまったら焦ってしまいますよね…

ですが、今からご紹介する項目を覚えていれば焦らなくて済むかもしれません。

iPhoneの画面が真っ黒でも本体は生きていることが多い


まず覚えていただきたいのが、iPhoneを落としてから画面が真っ黒でも、画面以外の機能は正常に働いていることが多いです。

その状態でしたら、画面修理で改善することがほとんどです。

仮にバックアップを作成していない状態でも、スマホスピタル大阪梅田店のような街の修理店で画面修理をすれば、データを残した状態で修理をしてくれることが多いです。

なので、画面が真っ暗…データはどうなるんだろう…

と焦ってしまう前に、画面が真っ暗でも本体は生きていることが多い!ということで心を落ち着かせましょう。

むやみに画面を触らない


ご自身のiPhoneにパスコードを設定されている方が多いと思います。

デフォルトの設定だと、パスコードを連続で11回間違えてしまうと強制的に初期化されてしまいます。

パスコードなんて間違いない、と思われている方!

先ほどもご紹介しましたが、画面が真っ暗な状態でも他の機能は正常に機能していることがあります。

また、タッチセンサーが破損してしまって、ゴーストタッチのような誤作動が起きていることも多いです。

せっかく修理をして、画面が真っ暗な状態から回復しても、初期化されていた…

なんてことも起こり得るので、画面が真っ暗になってしまった際は極力電源を落としたり、画面に触らないようにしましょう。

tel_banner

iPhoneの画面が真っ黒になったらすぐにスマホスピタルまで

iPhoneの画面が真っ黒になってしまった際に、できるだけ早く修理に取り掛かることでデータが消去されるリスクは軽減されます。

今回お持ち込みいただいたiPhone11も同じように画面が真っ暗になってしまってお持ち込みいただきました。

iPhone11を落としてしまって、画面が真っ黒になってしまったようです。

ですが、この状態でも着信音などの通知音やバイブレーション機能が働いていることは確認できています。

先ほどご紹介したように、画面が真っ黒でも本体は正常に起動している状態ですね。

img_0039

この状態からデータの取り出しをすることは難しいです。

お客様も、正規店で修理をするとデータがなくなってしまうので、どうしようかと困っていたとのことでした。

スマホスピタル大阪梅田店ではこのような状態でも、パーツのみ交換するのでデータそのままでの修理が可能です。

では修理に取り掛かりましょう。

iPhone11の画面修理でしたら、おおよそ30分ほどで修理が完了します。

img_0040

修理後はこのようにしっかりと起動するようになりました!

画面以外のパーツも問題なさそうでしたので、お返し後はすぐにまた今まで通り使える状態でご返却することができました。

またデータも基本的にはそのままで修理させていただきますので、お困りの際はスマホスピタル大阪梅田店までお持ち込みくださいませ!

tel_banner

iPhone11の修理内容

修理機種名
iPhone11
お持ち込みいただいたときの症状
画面割れ・画面が真っ暗なのに音は鳴る
修理メニュー
ガラス+液晶交換修理(重度)
修理時間
30分
修理金額
11,000円(税込・2022年9月9日時点)

修理前に準備は必要?

お客様からよく、修理前に何か準備は必要ですか?とお問合せを頂きます。

先ほどもご紹介しましたが、スマホスピタル大阪梅田店ではiPhoneの修理はデータそのままで行っております。

なので、正規店のようにデータのバックアップを必須ではございませんが、できるのであればバックアップを作成した方が安心です。

なかなかバックアップを作成していない方も多いので、この機会にバックアップを作成してみてはいかがでしょうか。

修理時間もiPhoneであれば15分~60分ほどで終了することがほとんどなので、代替機を用意する必要もなく便利です。

空いた時間にご来店いただければ、その日のうちに修理してご返却いたします。

スマホスピタル大阪梅田店
住所
〒 530-0012 大阪府大阪市北区芝田2-1-3 梅仙堂ビル403号
営業時間
10:00〜20:00(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。