• TOP
  • スマホスピタル立川
  • 修理速報
  • 【任天堂スイッチライト】アナログスティックの交換方法のご紹介! データそのままで即日修理可能です!お気軽にご依頼お待ちしております!
修理速報
SCROLL DOWN

ゲーム機修理

スマホスピタル立川 【任天堂スイッチライト】アナログスティックの交換方法のご紹介! データそのままで即日修理可能です!お気軽にご依頼お待ちしております!

★機種名 :Nintendo Switch Lite 任天堂 スイッチ ライト


★修理箇所 :アナログスティック(両方)


★症状 :アナログスティックを傾けても動かない。思い通りに動かない


★左アナログスティック費用 : ¥3480円(税込)(2022年7月8日現在価格) 30分~

★右アナログスティック費用 : ¥4980円(税込)(2022年7月8日現在価格) 45分~

 ~~~修理内容~~~

 

大人気ゲーム機、任天堂スイッチライトの修理依頼を頂きました!

 

今回ご紹介する修理内容は、アナログスティックを動かしてもキャラクターやカーソルが動かない状態。との事でした。

 

 

任天堂スイッチや任天堂スイッチライトでは、スティックの動作チェックやボタン類の動作チェックができるようになっています。

設定より確認が出来ますので故障しているかどうかご判断可能です。

 

ジョイコンのアナログスティックやスイッチライトのスティックは共通パーツのため、修理キットが市販で販売されています。

自己分解による修理も可能ですが…

ジョイコンは壊しても買い直しが簡単に出来ますが

スイッチライトの場合は本体の買い直しになってしまいます。

 

過去にも自己分解による修理を行い、基板の破損につながった事例も何件かございます。

スイッチライト修理は修理店へお任せ下さいませ✨

 

 

 

 

 

アナログスティックが誤動作や動かなくなる原因ですが、アナログスティック内部にあるプラスチックパーツが擦り減ってしまう事で誤動作につながっています。

アナログスティックの構造上、消耗品のため破損したら交換といった流れとなります。

 

 

任天堂スイッチライトでは、アナログスティックが通常白色のスティックとなります。

限定モデルでは、赤色スティックや青色スティックが使われています。

 

当店では、黒色、白色、青色、赤色のご用意がございます。

 

 

 

 

任天堂スイッチや任天堂スイッチライト、ジョイコンを分解するには、Y字ドライバー・+ドライバーが必須になります。

スイッチライトの裏面には、4本Y字のネジで固定されており、ネジとドライバーのサイズが合わないとネジ穴を潰してしまうリスクがございます。

 

 

 

 

Y字ドライバーは市販で売られていますが、1本1000円する物~500円程度で買える物もございます。

 

 

 

 

 

裏面以外にも本体上部に+ネジ2本を取り外します。

こちらの端末ですが若干本体が曲がっている状態でした。

落下や衝撃などで曲がってしまう事があり、最悪の場合ブルースクリーンの症状になる恐れがございます。

普段からバックアップを推奨します。

 

 

 

 

スイッチライトの下側の充電口付近にも+ネジ2本で固定されています。

ネジ穴潰れの取り外しにもご対応しております。

 

 

 

ネジを外し、フレームを取り外すと基板やプレートの登場です。

任天堂スイッチライトにかぎらず、外したネジは元あった場所に取り付けましょう。

起動しなくなるリスクがございます。

 

上にあるプレートは4本のネジで固定されています。

 

 

 

 

プレートを外しはじめに外す箇所になります。

メイン基板とサブ基板をつなぐフレックスケーブルの接続を外します。

 

 

 

 

白い棒を上にあげケーブルを抜きます。

 

白い棒のパーツは非常に壊れやすく、簡単にはずれてしまったり、ケーブルを差し込む時に斜めになってしまい破損に繋がります。

しっかりとケーブルはまっすぐ差し込みましょう。

 

 

 

 

 

ケーブルの下にあるバッテリーコネクタを外します。

基板側のコネクタごと外してしまい破損させてしまう事例がございます。

 

 

 

 

写真では外れていますが、ソフトトレー+イヤホンジャックパーツを取り外し、銅板も取り外していきます。

それぞれネジで固定されておりネジを無くさないようご注意下さいませ。

 

 

 

 

アンテナケーブルや画面ケーブルなどを取り外し分解していきます。

 

 

 

 

メイン基板を取り外し、アナログスティックを交換していきます。

アナログスティックは+ネジ2本で固定されています。

 

 

 

破損したアナログスティックを取り外し…

 

 

 

 

新しいスティックを取り付け逆手順でパーツを戻していきます。

 

 

 

 

続いて左側のアナログスティックの交換を行います。

左側には、サブ基板が搭載されており、アナログスティックや電源ボタン、スピーカー、液晶の接続にもなります。

右側のスティック交換より左側のスティック交換のほうが簡単かつ時間もかかりません。

 

 

 

 

サブ基板に取り付いたパーツ類を取り外し基板を取り外していきます。

 

 

 

 

基板を外すことでアナログスティックを取り外すことが出来ます。

 

 

 

 

アナログスティックをとりはずし新しいパーツを取り付け逆手順で取り付けていきます。

 

 

 

背面パネルを戻しネジを締めスティックの補正よりチェックを行います。

 

アナログスティック交換以外にも、イヤホンジャック交換や冷却ファン交換、バッテリー交換、充電口修理、水没復旧、基板修理などにもご対応しております。

 

ご来店が難しい方でもご郵送での修理にもご対応可能です!

お気軽にご相談下さいませ✨

 

スマホスピタル立川
住所
〒190-0022 東京都 立川市錦町1-3-28 エス・アール・エスビル401号室
営業時間
9:00〜19:00(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。