修理速報
SCROLL DOWN

ドックコネクター交換修理(充電部分)

スマホスピタル渋谷 iPadの充電ができなくなる原因は水?iPad Air 充電口修理

充電口が壊れる原因の主なものは異物による物理的な故障と水分によるショートになります。

iPhoneiPadの充電口はドックコネクターというのですが、中をよく見てみると金色のピンがいくつか並んでいるのが見えます。

これが曲がったりするととたんに充電ができなくなります。

ピン自体がそこそこ固くて短いためあまりこれが物理的に壊れることはありませんが異物が入らないように注意が必要です。

そして意外と多いのが水濡れによるショートです。

最近のドックコネクターは水がちょっと入った程度では壊れないようにできていますが水がついた状態で充電器を指すとかんたんに壊れます。

iPadの場合ずぶ濡れになるということはないかもしれませんがその濡れた状態で充電するとすごく簡単に充電ができなくなっちゃうんですよね。

手を洗った後など手に水分が付着しているときに充電器に触るのは避けたほうが良さそうです。

 

iPad Air2 ドックコネクター

今回こちらiPadAirも同じく水に濡れた状態で充電してしまい充電口が壊れたことが見受けられました。

中のピンが黒っぽくなるんですよね。

めちゃくちゃすごい変化ではないので気づかずに何故か充電ができなくなった!と思ってしまう場合が多いですが結構これが原因の呼称が多くございます。

このように交換修理で無事充電ができるようになりました!

また意外とこの充電器側の故障もあったりするので2子は充電器を持っていたほうがいいかもしれません。

タブレットを持っていくのが大変?そんな時は郵送修理!

 

iPadもiPhoneも充電口の形は同じだったのですが最近のiPadはタイプCというものに変わってしまいましたね。

このせいでiPadiPhone同じ充電器で充電していたものがもう一つ充電器が必要になりかさばる!という地味に嫌な状態になっています。

もちろんケーブルが一つ増える程度ではありますがなるべく荷物は軽くしたい。

まぁTypeCになったのは色々と理由があるのですが今回そちらは割愛します。

こちらのTypeCももちろん水や異物で壊れるのでこちらも取り扱いは気をつけましょう!

東京渋谷区でiPad修理ならここスマホスピタル渋谷でした!

池袋でタブレット修理ならスマホスピタル渋谷もご利用ください!

小野

スマホスピタル渋谷
住所
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-5 ダイネス壱番館渋谷 302号室(3階)
営業時間
10:00~20:00 ※最終受付19:30(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。