修理速報
SCROLL DOWN

バッテリー交換修理

スマホスピタル大丸札幌 AQUOS R 修理サポート終了のバッテリー交換と修理事例のご紹介!

AQUOS R(SH-03J/SUV39)修理について詳しく解説!


SHARPから販売されている人気機種

AQUOS(アクオス)シリーズのバッテリー交換について解説していきます。

今回ご紹介するのは、

AQUOS R

docomo、au、SoftBankから販売されている端末で、

2017年7月7日に発売されて2022年現在約5年が経過しています。

充電の消耗もかなり早くなっていて、朝イチ満充電でも一日持たないという方が多いのではないでしょうか?

すでに発売されてすぐに使い始めている方はすでに5年使用しています。

バッテリーの消耗のストレスから解放されるためにはバッテリー交換しかありません。

また、故障してしまった場合どうすれば良いのか?

ここでは、AQUOS Rのバッテリー交換やその他の修理について解説していきます。

AQUOS Rの型番はキャリアによって違い、下記の通りです。

docomo:SH-03J

au:SUV39

それではAQUOS Rのバッテリー交換はどこですればいいのか?解説していきます。

目次

この記事のPOINT

  • AQUOS Rバッテリー交換の方法や費用についての詳細がわかる。

サポート終了のAQUOS Rはバッテリー交換できるのか?


まずは各キャリアのAQUOS R修理サポートについて解説していきます。

docomoのサポートページによると、

AQUOS R SH-03Jは故障修理受付(オンライン修理含む)・ソフトウェアアップデートの配信等を終了しております。

上記の記載があります。

docomoサポートページはこちら

auの修理サポートには、AQUOS R(SHV39)の修理サポートは2022年3月31日の記載があり、2022年9月現在修理サポートは終了しています。

auサポートページはこちら

SoftBankも同様に修理サポート終了の機種一覧の中にAQUOS Rの記載もありました。

SoftBankサポートページはこちら

各キャリアで購入された方はすでに全ての修理サポートが終了してしまっている状況です。

ではAQUOS Rのバッテリー交換は諦めて機種変更するしかないのでしょうか?

ご安心ください。

結論からお伝えするとAQUOS Rのバッテリー交換は可能です!

次は実際にどうすればAQUOS Rのバッテリー交換ができるのかを解説していきます。

ポイント

  • docomo/au/softbankでのAQUOS R修理サポートは2022年9月現在すでに終了している。

AQUOS Rのバッテリー交換はどこでできる?費用と修理時間を解説


AQUOS Rバッテリー膨張

先ほど、各キャリアでのAQUOS R修理サポートが終了してしまったことは説明しました。

現時点でAQUOS Rのバッテリー交換をできるのは、スマホスピタル大丸札幌店のような街の修理店以外ありません。

全国的に増加傾向にある修理店ですが、Androidの修理をしている店舗はまだまだ少ないのが現状です。

札幌市を例にすると、おそらく2022年現在AQUOSのバッテリー交換に即日対応できるのは、

スマホスピタル大丸札幌店ともう1店舗くらいだと思います。

まずはwebで「AQUOS バッテリー交換」と検索してみると良いでしょう。

近隣でAQUOS修理に対応している店舗が表示されると思います。

次にバッテリー交換の費用ですが、スマホスピタル大丸札幌店は下記の通りです。

AQUOS R バッテリー交換料金

交換料金:10,780円(税込)

作業時間:45分

※2022年9月現在の価格

最新の修理価格は下記をご確認下さい。

上記はあくまでも参考価格として表記させていただいています。

バッテリー交換の費用は店舗によっても違うので、ご来店を予定している店舗にHPで修理価格を確認してみると間違いないと思います。

次に街の修理店に依頼する際のポイントを解説していきます。

前提として抑えておきたいのは、

AQUOS修理に対応している店舗でもシャープの純正品を使用して修理できるわけではないということです。

しかし、修理店が使用するバッテリーの多くは、安心して使用できるPSEマーク入りのバッテリーを使用しているので、

動作や性能は問題ありません。

純正に拘りがある方以外のたくさんのお客様に満足していただいています!

AQUOS Rバッテリー交換事例の紹介


スマホスピタル大丸札幌店にAQUOS Rのバッテリー交換を依頼していただいた事例をちょっとご紹介します。

AQUOS Rバッテリー膨張2

こちらの画像を見てください。

背面おパネルが不自然に浮き上がってしまい、背面パネルと本体に隙間ができています。

この状態は「バッテリーが膨張」して、内部から背面パネルを押し上げている状態です。

このようにバッテリーが劣化してくると

  • 充電の消耗が早くなる
  • 充電してもバッテリーが電力を溜め込まなくなる
  • 突然起動しなくなる
  • 使用している時に電源が落ちる
  • バッテリーが膨張してくる

上記のような症状が見られます。

AQUOS Rバッテリー膨張3

話をバッテリー膨張に戻しますが、このように膨張してしまったバッテリーを放置するのは危険です。

バッテリーの膨張は、発火の危険性がありとても危険な状態です。

膨張の原因はバッテリーの劣化に加え、

充電ケーブルを接続したまま、ゲームや動画閲覧等の

高負荷がかかる動作を日常的に行うとバッテリーが膨張しやすくなると言われています。

バッテリー膨張はなるべく早く機種変更するか、バッテリー交換することをお勧めします!

音が出ない?AQUOS Rスピーカーの修理事例


AQUOS. Rスピーカー修理2

次にご紹介するのは、AQUOS Rのスピーカー修理です。

急に音が出なくなってしまい、音楽を再生しても何も聞こえないといった症状です。

このような故障もスピーカー交換で改善します。

スマホスピタル大丸札幌店の強みは、パーツの部分交換ができることです。

今回のような故障はスピーカーを交換することで改善する可能性が高いので、

まずはスピーカーを交換します。

AQUOS. Rスピーカー修理3

スピーカーを交換しても症状が改善しない場合は基板故障が考えられるため、修理不可となる場合もあります。

今回の修理依頼については、無事にスピーカー交換で改善しました!

スピーカーに修理費用や作業時間は下記の通りです。

AQUOS R バッテリー交換料金

交換料金:10,780円(税込)

作業時間:45分

※2022年9月現在の価格

最新の修理価格は下記をご確認下さい。

AQUOSシリーズについては全ての故障に対応できるわけではありません。

交換パーツが入荷しにくい機種や、交換パーツが流通していない機種もあります。

修理依頼が多い機種については最大限修理パーツの在庫を確保してお待ちしていますが、

有難いことにたくさんの修理依頼をいただいております!

在庫切れの際は入荷まで数日お時間をいただく場合もありますので、ご了承ください!

以上がAQUOS Rのバッテリー交換とスピーカー故障の修理についてに解説です!

修理を検討されている方の参考になれば幸いです!

 

関連記事はこちら

SHARP AQUOS R3のバッテリー交換はどこでできる?費用や交換方法を紹介!

 

AQUOS R2 バッテリー交換!サポートが終了しても安心!料金と作業時間は?

 

AQUOS sense4水没により画面が真っ暗になってしまった修理事例ご紹介!

 

音量ボタンがつぶれてセーフモードから抜けれられなくなったAQUOS R(SHV39)を即日修理

 

AQUOS sense2(SH-M08/SUV43)バッテリー交換について解説!

iPhone修理のスマホスピタル大丸札幌店
住所
〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西4丁目7番地 大丸札幌店3F KiKiYOCOCHO
営業時間
10:00〜20:00(修理時間は大丸札幌店の営業に準じます)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。