修理速報
SCROLL DOWN

ゲーム機修理

スマホスピタル大阪駅前第4ビル switchLiteスティックのゴムが取れて使いにくい状態に…修理より元通りに戻りました!

本日お持ち込み頂きましたのは任天堂から発売されているswitchLiteになります。

 

今回の状態ははスティックのゴムが取れてしまい操作がしにくいとの事でお持ちいただきました。

修理内容としてはアナログスティック交換になります。

 

修理前のお写真がこちらになります。

それでは修理に取り掛かります。

switchLiteアナログスティック交換修理

 

switchLiteは裏面から開ける修理となっております。

ネジを外し裏蓋を取っていきます

L,Rボタン、イヤホンジャックの辺りがしっかりと爪で固定してある箇所になります。

持ち上げる力加減に注意を図り引っかかっている爪を少しずつ外していきます。

外し終わるとこちらです。

今回は表から見ると左スティック

今の状態では裏向きになっているので右側のスティックを交換します。

 

switchLiteの基板は2つあり

一つはメイン基板もう一つはボタン基板と呼ばれています。

 

今回の修理はボタン基板を触る修理となっております。

メイン基板に比べボタン基板は小さいパーツとなっているので

ヒートシンクを外さない状態で修理することができます。

ボタン基板にはアナログスティック、スリープ、ボリュームスピーカー、液晶、Lボタン、ZLボタンの機能の役割があります。

アナログスティックの修理の際は先ほどのパーツを触る必要があります。

小さいパーツとなっているので取り外しの際は慎重に行います。

 

ボタン基板を外し終わるとアナログスティックを交換することができます!

交換後がこちらになります。

 

あとは分解した順番に組み上げ作業を行うと修理が完成です!

アナログスティック(左)の交換時間は最短30分からご案内しております。

 

アナログスティック交換のご希望の際はスマホスピタル大阪駅前第4ビル店までお越しくださいませ!

 

スマホスピタル大阪駅前第4ビル店
住所
〒 530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4 大阪駅前第4ビル B2階35号
営業時間
10:00~20:00(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。