お知らせ
SCROLL DOWN

その他

スマホスピタル難波 スマホ熱中症にご注意

スマホ熱中症にご注意

暑い日に多い!?スマホ熱中症

今年は梅雨の終わりが早いので全国の平均気温も上がり
蒸し蒸しと暑く外に長時間は厳しい日が続いています。

そんな暑い時期に起こるトラブル
それは『スマホ熱中症』です。
スマホも熱中症になるの?!と思われた方もいらっしゃるかと思いますが
身近なケースで言うと
外で地図アプリを開いていると熱くなったというご経験はありませんか?
他にも車内に置いていたスマホをいざ使おうと手に持ってみるとすごく熱くなっているとか
上記のような症状が巷では『スマホ熱中症』といわれているようです。

スマホ熱中症になった時に、注意をしないといけないことが
急いで熱を急激に下げてはいけないということです。
一気に熱を下げてしまうと本体に負荷がかかり本体故障につながってしまいます。

対策としてはスマホの下に10円玉を数枚並べて敷いておくことで
ゆっくり熱を逃すことができるのでおすすめですが
10円玉がない場合は扇風機やドライヤーなどの冷風を当ててゆっくりと冷ますことです。

膨張バッテリーにも影響が!

膨張バッテリーもこの時期に増えるトラブルです。
iPhoneやAndroidスマホ、iPodやゲーム機でも考えられる症状ですが
熱が原因でリチウムイオンが内部に溜まって画像のように風船みたいに
パンパンに膨らんでしまいます。
膨らんだバッテリーが背面パネルを押し上げたり
内側から画面を圧迫させて
破損させてしまうことがあるので
気づいたら早めに対処した方が良いトラブルです。

Apple公式サイトでは「Apple製デバイスは、広い周囲温度範囲で
正しく動作するように設計されており、
最適な範囲は16°C~22°Cです。バッテリー容量に
回復不能な損傷を与える可能性があるため、
35°Cを超える周囲温度にデバイスをさらさないことが
特に重要です。損傷を受けた場合は、
そのバッテリーが一回の充電でデバイスを
駆動できる時間が通常よりも短くなります。」
と注意書きとして書かれています。

上記の通り、バッテリーは温度に影響することがわかりますが
当店でも夏真っ盛りの7月、8月や
真冬の12月、1月はバッテリーの交換修理の
ご依頼が特に多く増える時期にあります。

今年は梅雨明けも早く6月半ばから猛暑が
続いているのでバッテリーの劣化や膨張が多く
お問い合わせもよくいただきます。

スマホスピタル難波店ではiPhone、iPad、iPodtouch、
Xperia、HUAWEI、Zenfone、OPPO、AQUOS、Galaxy、
Google pixel、arrows、HTC、Motorola、ASUS、Xiaomi、
Switch、SwitchLite、3DS、new3DS、PSvita、PSPの
バッテリーをご用意しています。

バッテリーを変えると今後も使用できる

電池を変えると、使用方法にもよりますが
約2年程度今後も引き続きご使用いただけます。
長く使っていると思い入れもありますしなんといっても使いやすさがありますよね。
機種変更も考えるかと思いますがデータの引っ越しはとっても面倒ですし
古いアプリなどは新しい機種にうまく移行できないこともあります。
バッテリーを変えれば問題なく使用できるんであれば電池交換してみようかなと
初めてのお客様がお越しいただくことも。

交換時間は最短20分でお返しできる機種もございます。
『こんなに早くに終わるんだったらもっと早く来ればよかった!』と
お言葉をいただくこともあります。
初めてのお客様はお日にちがかかる作業だと思われますが
いえいえ、実は即日修理でしかも短時間でお持ち帰りいただけるんですよ。
そして、1番のネックであるデータは消えることがありませんので
データを取り出して、また入れて・・・

といった面倒な作業は修理前、修理度に必要はありません!

バッテリー交換修理をご検討の場合は
ぜひ、スマホスピタル難波店にお気軽にご相談ください。

当HP内の各機種の修理価格に載っていない機種は
取り寄せも可能ですので一度お問い合わせください。

バッテリー交換は2,900円〜
PSEマークが入っている安全なバッテリーになりますのでご安心ください。

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしています。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。