修理速報
SCROLL DOWN

画面交換修理(重度)

スマホスピタル熊本下通 タッチが出来ないiPhoneSE第2世代の画面交換修理

iPhoneSE第2世代の画面交換修理をご紹介!

今回は、iPhoneSE第3世代には負けてない!今でも現役iPhoneSE第2世代です!

お持ち込みいただいたiPhoneSE第2世代がコチラ↓

iPhoneSE2/iPhone修理前

…?どこが故障しているんでしょう?画面割れもないし液晶割れもない。
あ!バッテリーですね!?と、操作してみたら何やら違和感が…
なんとこの部分、タッチが全く効きません。

iPhoneSE2/動作の確認

どうやら故障箇所は画面パーツだったようです。

伺うと、落としてしまってからタッチができないそうです。
しかし、使う分に不自由はないから大丈夫と思っていそうですが…
タッチができないから電話が取れない!電源も切れない!あ、意外と厄介だぞと思ってご来店下さいました。

電話が取れないと携帯電話の意味もなくなりますからね…
さっそくiPhoneSE第2世代の画面交換修理に移りましょう♪

~iPhone修理の様子~

それではiPhoneSE2の画面交換修理に取り掛かります!

まずは、画面を固定しているネジと粘着剤をとっていきます。
粘着剤を取るときは画面を少し温めてピックを挿し込んで切っていきます。
この時、深く挿し込んだり力ずくで画面を開くと内部のケーブルやパーツを傷めてしまうので注意しましょう!
その後、粘着剤が取れたらゆっくりと開いていきます。
後は各種ケーブルを取り外せば画面が取り出せます。

iPhoneSE2/画面の取り出し

続いていろいろなパーツを取り外していきます

まずはイヤースピーカーやフロントカメラなど!

iPhoneSE2/パーツの取り出し①

ここは電話する時はもちろん、インカメ撮影の時に使うフロントカメラも付いています。
意外と故障してしまうと厄介なパーツなので慎重に取り外しましょう。

続いてホームボタン!

iPhoneSE2/パーツの取り出し②

iPhone7以降のTouch IDが搭載されている機種は、基板とホームボタンが連動しています。
そのため、ホームボタンが壊れたからと新しものに交換するとTouch IDが使えなくなってしまいます!
つまり、2つで1つ!切ってしまったり故障させないように慎重に取り外しましょう。

最後にヒートシンクパネル!

iPhoneSE2/パーツの取り出し③

これは簡単に言えば大きな金属の板です。
なんでこんなものが!?と思うかもしれませんが実は重要なんです。
名前の通り熱を逃すためのパーツです。内部の熱を逃す役割ももちろんあります。
それ以外に、液晶パネルの熱を逃す役割もあります。
液晶パネル自体、そこまで熱に強い素材ではありません。画面をずっとつけていて熱くなって画面がダメになった…
なんて事が起きないためにもこのヒートシンクパネルは必要なんですね。

最後に組み上げ!

取り外したパーツ達を新しいパネルに取り付けていきます。
後はコネクター類を取り付けて、組み上げていけばiPhone修理は完了です!
お預かりしてたった30分の即日修理でお返しできました。

画面割れしてないのにどうして?

今回お持ちいただいたiPhoneSE第2世代は、画面割れも何もないのにタッチ操作ができなくなっていました。
実は画面割れなどがなくてもこのようになってしまうケースがいくつかあります。
まずは簡単に画面の構造についてご説明します。
大まかにiPhoneに使われている画面パーツは、上からガラス→タッチセンサー→液晶→バックライトの順で構成されています。
ここからどのようなパターンで故障してしまうか考えてみましょう!

・衝撃が加わった場合

最初に考えられるケースとしては落とした衝撃によってタッチセンサーが故障するパターンです。
つまり、落としてしまった衝撃で2番目のタッチセンサーが故障しているパターンです。
よくある症状として、落として画面割れとタッチ操作不良
が起こっているが液晶の表示は問題がないという状態もあります。
これは、ガラス部分とタッチセンサーが落とした衝撃で故障しているんですね!

・圧力が加わった場合

次に画面割れしてないのにタッチセンサーが効かないというパターンがこちらです。
これは画面割れこそ起こっていないものの、内部のタッチセンサーや液晶が破損してしまうパターンが多くあります。

・水に濡れてしまった場合

本体自体が水没してしまった場合はガラス以外のパーツが故障する可能性が非常に高いです。
特に、画面割れが起こっている端末は要注意!
ヒビ割れした部分から雨水などが染み込み内部のパーツを誤作動させたり故障させるケースが多くあります。
また、水没してしまうと本体基板自体が故障するリスクもあります。
そうなるとデータはそのままで修理できる可能性も低くなるので、早めのiPhone修理が大切です!

そんな時は総務省登録修理業者のスマホスピタル熊本下通店にご相談ください!

先程説明した画面割れしてないのにおかしくなるというパターンはどれも画面交換修理で改善される場合がほとんど。
しかし、水没してしまっていると改善されない場合もあります。
そのため小さな画面割れも放置せず、早めのiPhone修理が肝心です!

そんな時でも、データはそのまま最短30分即日修理ができる総務省登録修理業者のスマホスピタル熊本下通店にお任せ下さい♪

スマホスピタル熊本下通店の紹介

スマホスピタル熊本下通
住所
〒860-0807 熊本県熊本市中央区下通1丁目9−11 ライズ銀座通りビル 2F
営業時間
11:00〜20:00(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。