修理速報
SCROLL DOWN

画面交換修理(重度)

スマホスピタル熊本下通 液晶損傷のiPhone Xs(A1920、A2097、A2098、A2099、A2100)を画面交換しピカピカにしました。スマホスピタル熊本下通店

本日修理させていただくiPhoneは2018年に9月21日より発売されたiPhone Xsの画面交換修理となります。
モデル番号はA1920、A2097、A2098、A2099、A2100です。
日本で発売されている端末はA2098となりますので、ご自身のモデル番号が気になる方は設定画面から見てみてください。

iPhone XsはiPhone Xの後継機モデルとして発売された機種となります。
iPhone XsとiPhone Xとの大きな違いは内蔵されているチップが違うというところだと思います。
後は、カメラ機能として、ポートレートで被写界深度の調整が出来るようになったところでしょうか。
カメラにこだわりのある方はiPhone XよりiPhone Xsを購入されるといいと思います。
耐水性能も向上しているとのことですが、スマホスピタル熊本下通店でも数多くの水没復旧修理を承っているのであてにしない方がいいでしょう。
後はバッテリーが切れた際でも予備電力機能が備わったことによりSuicaを電源が切れた状態でも使用することが可能とのことです。
状況にもよると思いますが、最大5時間と言われているとのこと。
これは便利な機能ですよね。

容量に関しては64GB、256GBの間に128GBが設けられていますね。
3パターンあると用途によって選べるのでいい部分だと思います。
私は最近動画撮影を行うので大きければ大きいほど嬉しい派です。
画面の大きさに関してはIPhone Xs、iPhone Xは同じ大きさとなっています。
修理部品はiPhone XsとiPhone Xでは別部品となるので、性能は異なると言うことですね。

それでは本日の修理をご紹介させていただきます。
まずは修理前の画像となります。

iPhoneXs 画面交換修理

iPhoneXs 画面交換修理

液晶損傷により、画面表示が出来ない状態で細かい部分は確認することが出来ない状態でした。
修理前の動作確認など行うのですが、今回は出来ないためこのまま修理に入ります。

iPhone Xsの分解方法はiPhone Xとさほど変わりがなく、iPhone Xを分解したことがあればiPhone Xsも分解できるかと思います。
中の構造に関してもiPhone Xに似ており、画面コネクトの位置も変わりがないです。
どの機種でもそうなのですが、分解する際は必ずバッテリーコネクトを外し、その他のパーツを順に取り外していかなくてはいけません。
バッテリーコネクトを付けたまま修理をしてしまうと、内部でショートしてしまい、最悪の場合電源が入らなくなってしまう可能性があります。
気をつけましょう。

全ての部品を取り外し、新しい画面へ取り付けを行います。
今回のお客様は画面以外の損傷がどうかわからなかったので、ここで一旦動作確認を行い、問題がなければ組み上げを行っていきます。
画面を仮付けし、動作確認を行いましたが、特に異常は見られなかったので、すべてを組み上げていきます。
修理後の画像がこちらです。

iPhoneXs 画面交換修理

iPhoneXs 画面交換修理

修理前には見えなかった部分もキレイに表示されるようになりました。
修理後の動作確認も行い、すべての動作が大丈夫でしたので、これにて修理完了となります。
お客様にも確認していただき、中の写真やデータもそのままとのことでお喜びいただけました。
修理後にはガラスコーティングも行われ、ピカピカの仕上がりとなりました。

iPhoneの事でお困りの際は是非スマホスピタル熊本下通店をご利用下さいませ。
またスマホスピタル熊本下通店ではコロナウイルス感染予防対策として郵送修理の受付も行っております。
外出を控えられている方や店舗まで行けないという方でも大丈夫です!
お気軽にスマホスピタル熊本下通店までお問合せ下さいませ。

スマホスピタル熊本下通
住所
〒860-0807 熊本県熊本市中央区下通1丁目9−11 ライズ銀座通りビル 2F
営業時間
11:00〜20:00(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。