• TOP
  • スマホスピタル池袋
  • 修理速報
  • 画面と本体の間に隙間ができてしまっている。その症状、バッテリーの膨張が原因である場合がほとんどです。iPad mini3のバッテリー交換修理。
修理速報
SCROLL DOWN

バッテリー交換修理

スマホスピタル池袋 画面と本体の間に隙間ができてしまっている。その症状、バッテリーの膨張が原因である場合がほとんどです。iPad mini3のバッテリー交換修理。

今回の修理は、iPad miniの第3世代です。

画面と本体の間に隙間ができてしまっているという症状です。

特に落としたりして衝撃を与えた記憶もないとのことでしたので、バッテリーの膨張が原因であると考えられます。

iPadやiPhoneに使われているリチウムイオンバッテリーは、劣化とともにバッテリー自体が膨らんでくる事があります。

その膨らみが大きくなってしまうと、画面の接着が剥がれて浮きあがってくるのです。

特にiPadのバッテリーは写真のように本体の大部分を占めるため、膨張すると大きな力で画面が押し上げられることになります。

今回はガラス割れや液晶の破損は見られませんでしたので、バッテリー交換のみで修理完了です。

スマホスピタル渋谷では、iPadの修理も受け付けています。

 

画面が剥がれて浮き上がってしまうと、ゴミや水分が中に侵入しやすくなり、故障の原因になってしまいます。

iPadにはiPhoneなどのスマートフォンと同じリチウムイオン電池という種類のバッテリーが使用されています。

バッテリーは消耗品ですので、使っているうちにどんどん劣化していきます。

その劣化は、バッテリーの持ちが悪くなるといったことで感じられる事がほとんどです。

しかし、それ以外にもバッテリーの膨張という形で現れることがあります。

劣化の際バッテリー内部でガスが発生してしまうことにより、バッテリーが大きく膨らんでしまうのです。

その結果、iPadやiPhoneでは画面が押し上げられて接着が剥がれ、画面が浮き上がってくるといった現象が起こります。

そのまま放置しているとさらに大きく膨らんでしまい、画面割れや液晶の破損につながることもあります。

バッテリーが膨張しているのに気がついたら、スグに交換してしまいましょう。

 

スマホスピタル渋谷では、ご来店のみではなく郵送でも修理を受け付けています。

ご来店の時間が取れない、遠くて直接ご来店できないといった方もぜひご活用ください。

池袋駅徒歩30秒にはスマホスピタル渋谷もございますので、近郊の方はそちらもご利用くだい。

 

SO

スマホスピタル池袋
住所
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目29-14 オリエント池袋 404号室(4階)
営業時間
10:00~20:00※最終受付19:30(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。