修理速報
SCROLL DOWN

ゲーム機修理

スマホスピタル広島駅前

コントローラーの読み込みができなくなったNintendo Switchの本体スライドレール交換修理を実施しました。

Nintendo Switch スライドレール交換修理について

今回修理のご相談を頂いたのは、
コントローラーの読み込みができなくなったと、
Nintendo Switchの端末の修理に、
安芸区よりスマホスピタル広島駅前店へお越しいただきました。

コントローラーの読み込みができなくなったNintendo Switchの端末の状態

最初にお持ちいただいた端末の状態を確認してみます。

コントローラーの読み込み

まず、端末を起動しコントローラーの接続状況を見てみます。
すると左側のコントローラーを端末にセットしてみても、
確かにお話の通り、コントローラーが認識されません。

また、ケーブルを接続して充電を行ってみても、
やはり充電も行なわれない状態です。

しかし、このコントローラーを別の端末に接続すると、
そちらでは問題なく認識されることから、
本体のスライドレールと呼ばれる接続部品に異常が出ている状態です。

よって、本体のスライドレール交換修理の作業を進めていきます。

コントローラーの読み込みができなくなったNintendo Switchの端末の修理

本体のスライドレール交換修理を行う場合、
最初に背面の黒いカバーを外し、
続けてその下にあるシルバーのヒートシンクプレートを取り外します。

ヒートシンクプレートを取り外すと、
本体基盤等が露出しますが、
バッテリー側のスライドレールを本体から取り外し、
新しい部品への交換作業を行います。

このスライドレールは本体基盤とを繋ぐケーブルをラッチを起こし、
側面にあるネジ止めを外して分解を行います。

その後、新しいスライドレールへ付け替える事で、
作業は一通り完了となります。

コントローラーの読み込みができなくなったNintendo Switchの端末の修理完了

では改めてスライドレールの交換修理を実施し、
その後端末の起動、コントローラーの接続などを試していきます。

コントローラーの読み込み

すると先程は左側にある緑のコントローラーが一切読み込まれていない状態でしたが、
しかし修理後は問題なく接続が行われるようになりました。

また、先程同様に充電のケーブルを接続してみると、
今度は本体からコントローラーへ正常に給電されるようになり、
操作・充電共に、問題の無い事が確認出来ました。

今回Nintendo Switchの端末のスライドレールが故障してしまい、
左手側のコントローラーが使えなくなった状態でしたが、
本体のレール交換修理を実施したことで改善が出来ました。

もしお使いの端末で同様にコントローラーの読み込み不良等でお困りの際は、
是非スマホスピタル広島駅前店にご相談下さい。

スマホスピタル 広島駅前店
AREA SEARCH

修理店をエリアから探す

お住まいのエリア別に近くの店舗が検索できます。スマホスピタル全国各店では、ご予約不要で飛び込みの来店も大歓迎です。みなさまのご来店、心よりお待ちしております。
エリアから店舗を検索