修理速報
SCROLL DOWN

バッテリー交換修理

スマホスピタル広島駅前

内部で膨らんだバッテリーが画面を押し上げて隙間が出来たiPhoneXのバッテリー交換修理を実施しました。

iPhoneX バッテリー交換修理について

今回修理のご相談を頂いたのは、
安芸区にお住いのお客様より、
お使いのiPhoneXの端末で突然画面が浮いてきたとのお話で、
内部で膨らんだバッテリーが押し上げてしまっている状態の修理依頼を頂きました。

iPhoneX 内部で膨らんだバッテリーが画面を押し上げて隙間が出来た端末の状態

最初に、お持ちいただいた端末の状態を確認してみます。

内部で膨らんだバッテリーが

まず、画面が浮いてきたとの事でしたが、
確かに中央付近から本体と画面に隙間が出来ている状態で、
とりわけ操作が出来ないわけではありませんが、
普通に使い続けるのには不安に思ってしまう状態です。

この様に隙間ができる原因の多くは、
端末内部にあるバッテリーが膨張してしまい、
内側から画面部品を押し上げている事が多いのです。

特に長く使用を続けていると、
バッテリーが劣化してしまい、
それにより膨張してしまう事が有ると言われます。

よってバッテリーの劣化具合を確認するために、
続けて設定からバッテリーの状態を見てみます。

内部で膨らんだバッテリーが

するとバッテリーの最大容量の数値は86%を示しており、
極端に劣化が進んでいるという程ではない物の、
現実としてバッテリーが膨らんでしまっている為交換の作業を進めていきます。

iPhoneX 内部で膨らんだバッテリーが画面を押し上げて隙間が出来た端末の修理完了

では改めてバッテリーを新しいものへと交換を行い、
端末を起動して動作の確認を行います。

 

まず、バッテリーの最大容量の数値ですが、
交換を行った事により100%に改善されている状態で、
端末の起動にも充電残量の増加などにも特に異常は見られません。

また、端末側面から見てみても、
先程修理前にできていた本体と画面部品との間にできていた隙間も埋まり、
問題なく端末を操作できるようにもなりました。

その後お客様ご自身にも実際に端末の動作を確認して頂き、
特に不具合もないとの事で、無事修理を終え、
iPhoneXの端末をお返しすることが出来ました。

最後に

今回突然バッテリーが膨張して画面が浮いてきたとのお話でしたが、
バッテリーが膨張する原因はいくつか考えられます。

例えばバッテリーの充電を行いながら、
動画を見たりゲームをする等といった、
ながら充電はバッテリーの劣化を進め膨張の原因になりやすいと言われます。

他にも車のバッテリーのように電圧の高い環境で充電を行うと、
スマートフォンのバッテリーに負荷がかかりすぎる為、
これも膨張してしまう原因になる事が有るとも言われるようです。

もしお使いの端末で同様にバッテリーの劣化・膨張などでお困りの際は、
是非スマホスピタル広島駅前店にご相談下さい。

スマホスピタル 広島駅前店
住所
〒732-0821 広島県広島市南区大須賀町13−5 田村ビル 3F
AREA SEARCH

修理店をエリアから探す

お住まいのエリア別に近くの店舗が検索できます。スマホスピタル全国各店では、ご予約不要で飛び込みの来店も大歓迎です。みなさまのご来店、心よりお待ちしております。
エリアから店舗を検索