• TOP
  • お役立ち情報
  • スマホの保護フィルムやガラスコーティングはどっちがいい?性能をご紹介
お役立ち情報
SCROLL DOWN

スマホ修理

スマホスピタルお役立ち情報 スマホの保護フィルムやガラスコーティングはどっちがいい?性能をご紹介

保護フィルムって何?

多くの方がご存知かと思いますがおさらいしておきます。保護フィルムとはスマホの画面を保護するアクセサリーです。ここで保護と聞くと多くの方は画面割れなどの脅威から保護する、と思われるかもしれませんね。
ですが、保護フィルムも進化しており、様々な用途の保護フィルムがあります。簡単に保護フィルムの種類についてご紹介しましょう。

代表的な保護フィルム2選

フィルムは大きく分けると樹脂素材タイプとガラス素材タイプの2種類に分けられます。その2つの決定的な違いは名前の通り素材になります。基本的な構造はその2つになり、そこから様々な効果をプラスすることで用途によって保護フィルムを選ぶことができるのです。では2つの保護フィルムについて解説していきましょう。

樹脂系保護フィルム

先ほどもご紹介しましたが、保護フィルムには樹脂素材が用いられています。厳密にはPET素材というポリエチレンテレフタレートというポリエステルの一種になります。身近なものだとペットボトルにも使用されてる素材なんです。
薄くて柔らかいので保護フィルムに最適なんです。ですが、柔らかい素材なので気泡が入りやすく、貼り付ける際には注意が必要です。

値段は100円~3000円前後のものが多い印象です。100円ショップなどにも置いてることもあり、値段はかなり安いものから少し高いものまであります。効果や性能によって値段は前後するので、性能をチェックしてから購入するようにしましょう。

ガラス系保護フィルム

名前の通り、ガラスを素材に作られているフィルムです。保護フィルムに比べると厚みがあるのが特徴ですが、傷や衝撃に強いです。ガラスなので硬く、貼り付ける際に気泡が入りにくいことも特徴です。ご自身で貼るのであれば、ガラスフィルムの方が難易度は低いです。しかも、ガラス素材なので、画面に貼り付けても画面が奇麗に見えることも特徴の一つです。

値段は1000円~5000円、更に高額のものまであります。保護フィルムに比べると高くなります。高額にはなりますが性能はお墨付きです。画面が奇麗に見えますし、傷や衝撃から画面を保護してくれます。また、貼り付けも簡単なので非常にお勧めです。

保護フィルムの種類

基本になっているのは先ほどご紹介した2種類になります。そこから機能がプラスαすることで、様々な種類ができるのです。その種類を見ていきましょう。

マットタイプ
別名アンチグレアとも呼ばれます。画面のつやを消してマットな画面になります。太陽光などの光の反射を抑えるので、屋外などでは画面が見やすくなります。また、さらさらの指触りも特徴で、指紋がつきにくくしてくれます。ですが、画面が薄いすりガラスのような見た目になります。そこまで見た目が変わるわけではないのですが、覚えておきましょう。

光沢タイプ
その名の通り画面に光沢感が出ます。太陽光などの光を反射することで、高級感を出しますが、その分屋外などでは少し画面が見えにくくなるかもしれません。また、マットタイプに比べると指紋がつきやすいのも注意ですが、画面の映り方は非常に奇麗です。

衝撃吸収タイプ
画面を衝撃から守ってくれる非常に強いタイプのフィルムになります。画面に衝撃が加わったとしてもフィルムが衝撃を吸収してくれます。通常のフィルムに比べると衝撃に対する効果は優れています。スマホをよく落とす方にはお勧めです。

ブルーライトカットタイプ
スマホの画面から発生する青色光をカットしてくれるフィルムです。目にかかる負担を軽減し疲れにくくしてくれる効果があります。見え方はそこまで変わらないことが多いのですが、ブルーライトをカットする割合で画面が暖色系に見えることもあります。よくスマホを見る、という方にはお勧めです。

覗き見防止タイプ
電車など人が多く、長い時間近い距離に人がいる場合には重宝します。スマホには様々な情報な入っています。画面を見られることによって情報が知られてしまう危険もあるため、気になる方にはお勧めです。正面から画面を見る分には問題ないのですが、左右から画面をのぞくと、画面が見えなくなるので覚えておきましょう。

いかがでしたでしょうか?一口に保護フィルムといっても様々な種類があります。性能が分かれば自ずと選択する保護フィルムも見えてくるはずです。では次にガラスコーティングについてご紹介します。

ガラスコーティングって何?

画面を保護するには保護フィルムしかないと思っていませんか?実は今、貼らない画面保護が話題なんです。その名も「ガラスコーティング」。ガラスコーティングはスマホの画面にコーティング剤を塗装することで、保護フィルムと同等の役割を担ってくれる優れものなんです。まず簡単にガラスコーティングの性能についてご紹介します。

ガラスコーティングの性能とは?

先ほどガラスコーティングは貼らない画面保護だとお伝えしましたが、果たしてそんなことができるのでしょうか?ご存じない方はガラスコーティングの性能を覚えておいてください。

指紋や汚れが付きにくくなる
スマホの画面はガラスでできているので、表面には細かな凹凸があります。その凹凸に皮脂などの汚れが付着することで、画面が汚くなるわけですが…
ガラスコーティングでは、画面の細かな凹凸をある程度埋めてくれます。なので、画面を奇麗に保つことができます。画面が汚れてしまっても、画面をサッと拭くことで簡単に奇麗になります。

厚みがない
保護フィルムを敬遠される方の中には、フィルムの厚みが嫌な方もいらっしゃるのではないでしょうか?特に画面の淵の部分の厚みにほこりや汚れが溜まってしまうこともあるかと思います。ですが、ガラスコーティングでは厚みがほとんどないので、汚れが溜まってしまうなんてこともありません。

1度の施工で効果が2~3年持続
ガラスコーティングは1度施工すれば、効果が2~3年持続するといわれています。皆様がスマホを機種変更するタイミングはどれくらいでしょうか?多くの方が2~3年になると思います。1度施工すれば次の機種変更まで効果が持続してくれます。また、施工を重ねることによって効果が高まるので、気に入った方は複数回施工することをお勧めします。

ほぼ全てのスマホに対応
最近では格安スマホが多く流通しています。価格が安い分人気の機種もあります。ですが、大手の携帯会社以外で販売しているスマホでは、保護フィルムがない…なんてこともあります。ガラスコーティングは機種を選ばず施工できるのでお勧めです。

画面を硬くしてくれる
もちろん、画面を強化する役割もあります。施工当初はあまり硬くならないのですが、約1ヶ月ほどでガラスフィルムと同等以上の硬度になります。

では次にガラスコーティングの種類についてご紹介します。実は保護フィルムと同じくガラスコーティングにも複数の種類があります。気になった方は是非ともチェックしてくださいね。

ガラスコーティングの種類

先ほどご紹介したガラスコーティングは基本的なガラスコーティングになります。今からご紹介するのはそこにプラスαされた機能になります。

ブルーライトカットガラスコーティング
保護フィルムでもご紹介しましたが、ガラスコーティングにもブルーライトをカットするものがあるのです。ブルーライトをカットすることで目に負担がかかりにくくなります。長時間スマホの画面を見る方などにお勧めです。

抗菌ガラスコーティング
コロナ禍で菌が気になる方も多いと思います。そんな方には抗菌ガラスコーティングがお勧めです。全ての菌に効果があるわけではないのですが、人体に影響を及ぼす悪性のウイルスの一部にも効果があるとされています。もちろん、通常通りスマホに触っても問題はないので、いつも通りに使用することができます。

撥水ガラスコーティング
撥水効果だけのガラスコーティングはあまりないのですが、ガラスコーティングをすることで撥水効果が期待できます。最近では耐水・防水スマホが主流になっていますが、まだまだそれらの機能がないスマホも多いです。撥水効果があるガラスコーティングを施工することで、スマホが水没しにくくなります。耐水・防水スマホでないのでしたら、是非とも施工しておきたいところです。

ガラスコーティングの疑問

実はスマホスピタルでもガラスコーティングを施工しているのですが、お客様から頂戴するご質問に回答したいと思います。

ガラスコーティングは剝がすことができる?
→できません。ガラスコーティングを施工すると剝がすことはできないのですが、見た目はほとんど変わらないのでご安心ください。

タッチ感度は落ちる?
→ほとんど変わりません。稀に数十回単位でガラスコーティングを施工された方もいらっしゃいますが、使用感はほとんど変わらないとのことでした。

ガラスコーティングを施工していても修理に出せる?
→もちろん修理可能です。正規店・非正規店に関わらず基本的にお出しいただけます。

見た目が変わる?
→先ほどもご紹介しましたが、見た目はほとんど変わりません。ガラスコーティングを施工したかどうかも触ったりよく見なければわからないほどです。ですが、ブルーライトカットガラスコーティングに関しては、画面の見え方が若干暖色系になる可能性もあります。

スマホスピタルで保護フィルム貼り付け、ガラスコーティングが可能

スマホスピタルでも保護フィルムとガラスコーティングを取り扱っています。当店人気の保護フィルムとガラスコーティングそれぞれご紹介します。

スマホスピタルが取り扱っている保護フィルム

スマホスピタルでは複数の保護フィルムをご用意しております。今からご紹介する保護フィルム全て、通常タイプとフルラウンドタイプがあります、通常タイプとは画面の淵まで覆わないタイプで、フルラウンドは画面の淵まで覆うタイプになります。ケースの有無や形状に合わせてお選びください。

衝撃吸収フィルム
まずご紹介したいのは衝撃吸収フィルムです。樹脂系の素材のフィルムに衝撃吸収加工がされております。それぞれ、先ほどご紹介したマットタイプと光沢タイプをお選びいただけます。それぞれの用途に合わせてお選びください。衝撃をかなり吸収してくれるので、よくスマホを落とされる方にはお勧めです。

ガラスフィルム
次にご紹介するのが強化ガラスフィルムです。硬度9Hの強化ガラスフィルムになりますので、画面を傷や衝撃から守ってくれます。ガラスの素材でできているので、画面がかなりクリアに見えます。画面の見え方が気になる方にはお勧めです。

スマホスピタルが取り扱っているガラスコーティング

次にスマホスピタルが取り扱っているガラスコーティングについてご紹介します。ガラスコーティングは3種類あるので、是非チェックしてみてください。

通常ガラスコーティング
ベーシックなガラスコーティングになります。先ほどご紹介したガラスコーティングの基本的な機能は全て揃っております。施工してから約1ヶ月で硬度は9Hにまで硬くなるので強度も安心できますし、汚れをつきにくくしてくれるのもポイントでしたね。

ブルーライトカットガラスコーティング
ブルーライトカットガラスコーティングも施工しております。こちらも基本的な機能は通常ガラスコーティングと同じなのですが、プラスαでブルーライトをカットする機能が付いています。画面の見え方が変わるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、画面の見え方はそこまで変わりません。

抗菌・抗ウイルスガラスコーティング
最後にご紹介するのは今の時世に嬉しい抗菌・抗ウイルスガラスコーティングです。抗菌機能のガラスコーティングは今までも多かったのですが、抗ウイルスガラスコーティングはそこまで多くありません。スマホの画面には非常に多くの菌やウイルスがいるといわれています。少しでもスマホの画面を綺麗に保ちたいというのでしたら、抗菌・抗ウイルスガラスコーティングはお勧めです。

保護フィルムとガラスコーティングを施工したお客様の口コミ

では実際にスマホスピタルで施工させていただいたお客様の口コミをご紹介したいと思います。

フィルムの貼り付け等をしていただきました!
対応がとても丁寧で、綺麗に仕上げていただきました!!
またお願いしたいと思います。

3台ガラスコーティングしていただきました、ブルーライトカットも入れてもらいました。早いし安いし助かります!

もちろん上記の他にも沢山の口コミを頂戴しております。少しでも気になった方は是非ともチェックしてみてください。

スマホスピタルのガラスコーティングの流れ

よくご質問を頂くのですが、ガラスコーティングの流れを教えてほしい。というご質問にお答えしたいと思います。

①スマホの汚れを取り除く
まずは画面の汚れを綺麗にしていきます。汚れが残った状態でコーティング剤を付着するとコーティング剤がなじまないからです。指紋などの皮脂もしっかりと取り除きます。

②コーティング剤を塗装する
画面を綺麗にした後はコーティング剤を塗装します。専用の布を用いてゆっくり回しながら塗装します。

③気化させる
コーティング剤が全体になじんだら、コーティング剤を一旦気化させます。スチームを当てて、コーティング剤を気化させます。その際にイヤホンジャックなどの穴があればティッシュペーパーなどで塞ぎます。

上記の作業を3回繰り返します。以上が基本的なガラスコーティングの流れになります。片面の施工は15分ほどで可能です。最初は4Hほどの硬度なのですが、約1ヶ月で9Hの硬さにまで硬くなります。
また、ガラスコーティングは回数を重ねる度に強度が増すので、気に入った方は2回以上施工してみてくださいね。

保護フィルムとガラスコーティングどっちがいい?

どちらも対応可能なスマホスピタルだからこそ、お客様からよくご質問を頂きます。ここでは保護フィルムとガラスコーティングのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

保護フィルムのメリット・デメリット

・メリット
保護フィルムのメリットに価格が挙げられます。先ほども保護フィルムの価格をご紹介しましたが、安いものだと100円のフィルムもあります。もちろん性能も多少比例するのですが、それでもガラスコーティングよりかははるかに安いです。気軽に試すことができるのが保護フィルムのメリットの一つですね。
また、保護フィルムは貼り直すことができます。フィルムが割れてしまっても、違うフィルムに変えたいときでも、簡単に貼り替えることができるも安心できるかと思います。

・デメリット
保護フィルムを嫌がる人の中にはフィルムに気泡やほこりが入って、気になるから貼りたくない、と思われる方も多いのではないでしょうか。確かに、一度気になってしまったら、ふとした瞬間に気になってしまいますよね…
また、消耗品というところもデメリットの1つです。フィルムは経年劣化してしまい、端の方がめくれてしまったり、浮いてしまったりした経験はありませんか?その度に貼り直すとなると、かなり手間がかかってしまいます…
更に、性能の差が激しいのもデメリットの1つに挙げられます。よくわからない人からすると、どれが良くて、どれが悪いのかわかりません。100円のフィルムと5000円のフィルムではかなりの性能の差があります。そのような性能を見分ける力が必要になります。

ガラスコーティングのメリット・デメリット

・メリット
画面が奇麗という点がガラスコーティングの最大のメリットなのではないでしょうか。先ほど保護フィルムのデメリットに気泡やほこりが入る、とお話ししましたが、ガラスコーティングではそのような心配はありません。奇麗な画面が数年続くと思うとかなり魅力的ですよね。
また、フィルムと違い、剥がれることがないので非常に経済的です。その分施工を重ねることでより強度が増します。

・デメリット
1度施工したら剥がせないというところがデメリットに挙げられます。特に剥がす必要はないのですが、心配の要素ですね…保護フィルムはフィルムが割れた際は貼り替えればいいのですが、コーティングではそうはいきません。コーティングを施工した画面が割れてしまった際は、画面の修理が必要になります。もちろん、割れにくくなっているのですが、剝がせないのはデメリットですね。

迷ったらガラスコーティング

迷ったらガラスコーティングをお勧めします。というのも…実はガラスコーティングをした上から保護フィルムを貼ることができるのです。なので、ガラスコーティングをして、その上に少し安価な保護フィルムをされるお客様も多いです。そうすることによってガラスコーティングのデメリットも少なくなります。なので、保護フィルムかガラスコーティングかで迷われている方は、ガラスコーティングを是非とも検討してみてくださいね。もちろん、スマホスピタルでも施工可能ですよ。

まとめ

今回は保護フィルムとガラスコーティングについてご紹介しました。画面を保護する役割は同じですが、性能はかなり変わります。皆様にぴったりの画面保護の方法があれば幸いです。スマホスピタルでも保護フィルムとガラスコーティングの施工は可能です。ご予約のお客様優先ではありますが、飛び込みでご来店いただいても対応しております。是非ともお気軽にご相談ください。皆様のご来店お待ちしております。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。