お役立ち情報
SCROLL DOWN

スマホ修理

スマホスピタルお役立ち情報 iPadが反応しない理由は何?原因や対処法を状況別に解説

iPadを操作しているときに、突然本体やタッチパネルが反応しなくなって困った経験がある人も多いのではないでしょうか。このようなときは、まずトラブルの原因を探ってみましょう。原因に適した対処法を施すことで、トラブルが改善できる可能性があるからです。

本記事では、iPadが反応しないときの原因や対処法をわかりやすく解説します。原因や対処法はタッチパネルやタッチペンなどの状況別に解説しているので、今まさにトラブルに直面している人はぜひ参考にしてみてください。

iPadの本体が反応しない原因と対処法

これからiPadを使用しようとしたときに、本体が反応しないことがあります。ここでは、iPadの本体が反応しない原因と対処法を解説します。

バッテリー切れを起こしている

iPadが起動しないときには、まずバッテリー切れの可能性を疑って充電してみましょう。充電する際には、できる限りApple社の純正品とコンセントの使用がおすすめです。非純正品やパソコンのUSBポートで充電する場合、出力が弱く正常に充電が完了しないケースがあるからです。

充電をスタートしたら、iPadのステータスバーやロック画面にバッテリーアイコンが表示されているかを確認しましょう。バッテリーアイコンが表示されなければ、別の充電器やケーブルに交換して再度試してみてください。

ソフトウエアに不具合が起きている

iPadを使用する際には、まず電源ボタンを押してスリープを解除します。このときにiPad本体が反応しない場合は、ソフトウエアに不具合が起きている可能性が考えられます。ソフトウエアの不具合が起きやすいケースは、おもに次の通りです。

  • iOSをアップデートせずに放置していた
  • アップデートの失敗 など

ソフトウエアの不具合が原因でiPad本体が反応しないトラブルは、再起動で改善されることがあります。再起動の手順は、ホームボタンが搭載されているモデルとそうでないモデルで異なります。また、電源がオフにならずフリーズした場合や、再起動の手順で反応がない場合はiPadを強制的に再起動してみましょう。

ホームボタン非搭載モデルの再起動方法

ホームボタン非搭載モデルは、iPad Pro12.9インチ (第4世代)とiPad Pro12.9インチ (第3世代)、iPad Pro11インチ (第2世代)、iPad Pro11インチの4種類です。

  1. 「電源ボタン」と「音量ボタン」の一方を同時に長押し
  2. 画面に電源オフスライダが表示
  3. 長押しを解除
  4. スライダをドラッグ
  5. 電源がオフになるまで30秒程度待つ
  6. 「電源ボタン」をリンゴマークが表示されるまで長押し

<強制再起動の方法>

  1. 「音量を上げる」ボタンを押してすぐ離す
  2. 「音量を下げる」ボタンを押してすぐ離す
  3. 「電源ボタン」をリンゴマークが表示されるまで長押し

ホームボタン搭載モデルの再起動方法

ホームボタンを搭載しているのは、Face IDに対応していないすべてのモデルです。

  1. 「電源ボタン」を長押し
  2. 画面に電源オフスライダが表示
  3. スライダをドラッグ
  4. 電源がオフになるまで30秒程度待つ
  5. 「電源ボタン」をリンゴマークが表示されるまで長押し

<強制再起動の方法>

  1. 「電源ボタン」と「ホームボタン」を同時に長押し
  2. リンゴマークが表示されたら離す

iPad本体に故障など不具合がある

iPadが起動せず再起動や充電でもトラブルが解消されないときには、本体が故障している可能性が考えられます。たとえば電源ボタンや内部のパーツに不具合が起きている場合などです。

本体の故障はユーザー自身で対処できないため、専門業者に修理を依頼しましょう。修理の依頼先は、Appleリペアセンターや正規サービスプロバイダなどさまざまです。Appleリペアセンターの修理期間は、5~7営業日と決して早くありません。

一方で街の専門業者に依頼すると、Appleリペアセンターよりも早い修理が期待できます。専門業者選びで迷った場合は、全国に店舗を展開しているスマホスピタルにご相談ください。スマホスピタルは、修理内容によっては翌日お返しが可能です。

来店予約なしでの修理にも対応しているので、突然iPadが故障して困ったときでも安心です。ただし、混雑状況によってはお待たせする可能性があるため、スムーズにご案内できる来店予約をおすすめします。

→スマホスピタルに相談する

iPadのタッチパネルが反応しない原因と対処法

iPadは起動するもののタッチパネルが反応しないときは、ユーザー自身で対処できる可能性が高いです。ここでは、iPadのタッチパネルが反応しない原因と対処法を解説します。

厚手のフィルムを貼っている

iPadには、画面を保護する目的や覗き見を防止する目的などでフィルムを貼っているユーザーが多いです。しかし、ユーザーの目的を果たすためのフィルムが、iPadのタッチパネルに悪影響を与えている可能性があります。

フィルムにはさまざまなタイプや素材があり、快適に使用するためにはiPadとの相性が大切です。特に厚手のフィルムや表面にジェル状のものがコーティングされているフィルムなどは、タッチパネルの反応を妨げやすいので注意しましょう。

iPadが熱による不具合を起こしている

iPadは、ときとして本体が熱を帯びることがあります。これは熱暴走と呼ばれており、CPUに負荷がかかったり充電しながら操作したりしたときに起きやすい現象です。タッチパネルが反応しない場合、熱暴走によって本体に不具合が起きている可能性が考えられます。

iPadが熱を帯びてタッチパネルが反応しないときには、本体を冷やすようにしましょう。ただし、冷蔵庫や保冷剤で急激に冷やすと結露が発生し、さらにダメージを与える可能性があるので注意が必要です。iPadを風通しの良い場所に置いたり冷却ファンを使用したりして、自然に冷えるのを待つようにしましょう。

感度の調整がうまくできていない

iPadは、タッチパネルへの力加減や反応の速さなどの感度の調整が可能です。タッチパネルが反応しない場合、感度の調整がうまくできていない可能性があります。感度の調整は、設定アプリの「タッチ調整」や「3D Touch」の項目から設定できます。
※3Dタッチは現在「触覚タッチ(ハプティックタッチ)」と名称を変更しています。

【タッチ調整】

  1. 設定アプリを開く
  2. 「アクセシビリティ」をタップ
  3. 「タッチ」をタップ
  4. 「タッチ調整」をタップ
  5. 「保持継続時間」、「スワイプジェスチャ」、「繰り返しを無視」、「タッチ開始位置を使用」などを調整
  6. 感度の調整完了

【3D Touch】

  1. 設定アプリを開く
  2. 「アクセシビリティ」をタップ
  3. 「タッチ」をタップ
  4. 「3D Touchおよび触覚タッチ」をタップ
  5. 調整したい機能をオン
  6. スライダで感度を選ぶ
  7. 感度の調整完了

iPadのキーボードが反応しない原因と対処法

iPadは、スマートキーボードやBluetoothキーボードなどをつないでノートパソコンのようなつかい方も可能です。ここでは、iPadのキーボードが反応しない原因と対処法を種類別に解説します。

純正のスマートキーボードの場合

iPadのキーボードが反応しないときには、どの種類を使用しているかで原因や対処法が異なります。Apple社純正のスマートキーボードの場合、反応しない原因として考えられるのはおもに接触不良とOSのバージョンが古いことです。

スマートキーボードが反応しないときの対処法は次の通りです。

  • iPadとキーボードをつなぎ直す
  • 再起動

接触不良では、iPadとキーボードを一旦外して再度つなぎ直すとトラブルが改善されることがあります。また、再起動はさまざまな不具合を解消する際に有効な手段のひとつです。再起動の手順は、「iPadの本体が反応しない原因と対処法」の「ソフトウエアに不具合が起きている」を参照してください。

Bluetoothキーボードの場合

Bluetoothキーボードは無線でつなぐため、反応しない原因としてiPadとの接触不良は考えられません。キーボードが反応しない原因として考えられるのは、おもにバッテリー切れや物理的な距離などが挙げられます。

具体的な対処法は次の通りです。

  • iPadまたはキーボードを充電する
  • デバイス間の距離を短くする

キーボードが反応しない場合、デバイスがバッテリー切れになっている可能性があります。iPadとキーボードの状況を確認し、バッテリー切れであれば充電しましょう。Bluetoothは、デバイス間の距離が遠いとうまく接続できないときがあります。

Wi-Fiの通信距離が50~100メートルを想定されているのに対し、Bluetoothは遠くても10メートル程度だからです。そのため、iPadにBluetoothキーボードをつなぐときはデバイス間の距離が遠くならないように注意しましょう。

有線キーボードの場合

iPadで有線キーボードが反応しないときには、おもに接触不良と電力不足が原因として考えられます。ユーザーがきちんとつないだと認識していても、実際は奥まで差し込まれていないこともあるからです。電力不足の場合は、キーボードをつないだときにiPadの画面にメッセージが表示されるので確認してみましょう。

有線キーボードが反応しないときの対処法は次の通りです。

  • iPadとキーボードをつなぎ直す
  • 充電しながら使用する

電力不足でキーボードが反応しないときは、アダプタのLightningコネクタにUSB-Lightningケーブルをつないで充電しながら使用しましょう。

iPadのタッチペンが反応しない原因と対処法

iPadでメモをとったり絵を描いたりする際には、ApplePencilや互換性のあるタッチペンを使用すると便利です。ここでは、iPadのタッチペンが反応しない原因と対処法を解説します。

ApplePencilの自動接続機能が切れている

iPadでApplePencilを使用する際には、デバイス同士のペアリングが必要です。ペアリングとは、デバイスとデバイスを無線でつなぐことです。ApplePencilは一度ペアリング設定したデバイスは自動接続になりますが、バッテリーが切れたときは再度つながなければなりません。

ApplePencilのバッテリー切れによる自動接続の解除を回避するためには、残量が0%にならないようにこまめに確認しましょう。バッテリー残量の確認は、次の手順でiPadから行えます。

  1. 「ウィジェット」の下部にある「編集」をタップ
  2. 「バッテリー」をタップ
  3. バッテリー残量の表示

代用のタッチペンを使用している

iPadで使用するタッチペンは、ApplePencilでなくても意外なもので代用できます。タッチペンは、電気を通すものであれば使用できるからです。邪道ですが、市販のボールペンにアルミホイルを巻きつけてもタッチペンの代用になります。

しかし、代用のタッチペンは、手で持つ部分までアルミホイルが巻かれていない場合やペン先が細すぎる場合は反応しません。ペン先が硬く細いと画面を傷つける恐れがあるため、代用のタッチペンを使用する際にはシリコンや樹脂などの柔らかい素材を選びましょう。

ペン先が汚れている

iPadのタッチペンが反応しないときには、ペン先の状態を確認してみましょう。ペン先が汚れていたりホコリが付いていたりすると、タッチペンがうまく反応しないからです。汚れやホコリが付いているときは、クリーニングクロスでお手入れするとタッチペンの感度が戻る可能性があります。

また、ApplePencilの場合はペン先の緩みで反応しないことがあります。キャップを着脱する際に、ペン先が緩むときがあるからです。iPadでApplePencilを使用する前には、ペン先が緩んでいないかをチェックすると良いでしょう。

反応しないiPadへ対処する際に知っておくこと

iPadの本体やタッチパネルが反応しない場合、原因に適した対処法を施せば改善されるケースも少なくありません。しかし、iPadの状態や対処法によってはさらなるトラブルを招くリスクがあるので注意が必要です。

ここでは、反応しないiPadを対処する際に知っておきたいことを3つ解説します。

初期化するとデータが消える

さまざまな対象法を試してもiPadが反応しないときには、次の手順で初期化するのも手段のひとつです。

  1. パソコンで「iTunes」を開く
  2. iPadをパソコンにつなぐ
  3. 画面の案内に沿って操作
  4. パソコンでデバイス「iPad」を選ぶ
  5. 「デバイスを復元」をクリック
  6. 確認画面で「復元」をクリック
  7. 初期化開始
  8. iPadが再起動
  9. 初期化完了

しかし、トラブルが改善されないからといってすぐに初期化するのは避けるようにしましょう。なぜなら、iPadは初期化すると本体に保存されたデータがすべて消えてしまうからです。特にバックアップを取らずに初期化すると、データを元に戻すのは難しくなります。

万が一のトラブルに備えて、iCloudやiTunesを使用して定期的にバックアップを取っておくと初期化後に再設定する手間が省けます。

iPadの画面のヒビは放置しない

iPadの画面は、強い衝撃を受けるとヒビ割れが起きることがあります。画面にヒビが入ったiPadは、タッチパネルが反応しないだけでなく操作中に怪我をしてしまうリスクがあるので注意が必要です。iPadの画面には、ガラスと液晶が一体化したモデルとそうでないモデルの2種類があります。

このうちガラスと液晶が一体化したモデルは、表面のヒビを放置すれば液晶に傷がつく可能性があります。一方のガラスと液晶が別のモデルは、表面のヒビが原因で下部の液晶まで傷つけ、タッチができなくなることも少なくありません。

画面のヒビ割れはさらなるトラブルを招く可能性があるため、放置せずにできるだけ早く専門業者に修理を依頼しましょう。

自力でのiPadの修理はリスクがある

iPadに不具合が起きたときには、程度によってはユーザー自身でも修理できます。しかし、自力で修理するとAppleCare+ for iPadの保証対象外になるのでできるだけ避けた方が良いでしょう。AppleCare+ for iPadの保証対象外になると、修理料金に大きな差が生じます。

たとえばiPad?Pro12.9インチ(第3世代)の場合、AppleCare+ for iPadの修理料金は4,400円(税込)ですが、保証対象外では78,980円(税込)です。また、メーカー保証も購入後1年間なので、期間を過ぎていれば修理料金が高額になります。
(2021年11月現在の料金例)

メーカーの保証期間を過ぎ、AppleCare+ for iPadにも加入していないユーザーは、スマホスピタルで修理すれば修理料金を抑えられます。また、お得な割引を実施している場合もございます。詳しくは各店舗までお問い合わせください。

→スマホスピタルに相談する

iPadを修理に出す際の業者の選び方

iPadの修理を受け付けている窓口は、おもにAppleリペアセンターと正規サービスプロバイダと専門業者の3種類です。ここでは、iPadを修理に出す業者の選び方を解説します。

信頼性重視ならAppleリペアセンター

Appleリペアセンターは、iPadをはじめとするApple社製品に特化した修理窓口です。交換や修理に必要なパーツはすべて純正品なので、信頼性を重視する場合はAppleリペアセンターがおすすめです。修理の依頼方法には次の2種類があります。

  • 最寄りのApple Storeに持ち込む
  • AppleリペアセンターにiPadを送付する

ただし、Appleリペアセンターでの修理料金はほかの窓口に比べて高額になりやすい点がデメリットです。また、修理期間の目安は5~7営業日と決して早くないため、お急ぎならほかの窓口を検討した方が良いでしょう。

利用しやすさなら正規サービスのプロバイダ

Apple Storeは、2021年11月時点で首都圏を中心とした10店舗しかありません。しかし、Apple Storeよりも店舗数が多く、Appleリペアセンターと同等の修理が受けられる窓口があります。それはAppleの正規サービスプロバイダです。

Apple社公認の修理業者なので、交換や修理に使用されるパーツはすべて純正品で修理料金もAppleリペアセンターと変わりません。配送修理には対応していませんが、全国各地に100店舗以上を展開しているので持ち込みで修理を依頼したい場合は便利です。

おもな正規サービスプロバイダは、ビックカメラやカメラのキタムラなどが挙げられます。しかし、店舗によっては対応していないため、正規サービスプロバイダの店舗かどうかを事前に確認するようにしましょう。

修理料金が安く修理時間も短い専門業者

街の専門業者は、Appleリペアセンターや正規サービスプロバイダに比べて修理料金が安く、修理期間もスピーディです。全国各地のさまざまな場所に店舗を展開しているケースも多く、気軽に修理を依頼したい場合は専門業者に相談してみると良いでしょう。

店舗によっては即日修理にも対応しているため、iPadが使用できない期間に悩むこともありません。ただし、AppleCare+ for iPadに加入していても適用されない場合があります。

iPadの修理を依頼するならぜひスマホスピタルにご相談ください。総務省登録修理業者として安心・安全なサービスをご提供、技術力にも自信があります。トラブルでデータが取り出せなくなったiPadのデータ復旧取出もご相談に乗れます。iPadの故障でバックアップを取り忘れていてもすべてお任せください。

状況によっては最短翌日のお渡しも可能なため、急なトラブルでお困りの方はお気軽にご連絡ください。

iPadが反応しなくても慌てずに対処しよう

iPadが反応しなくなっても、原因によってはユーザー自身ですぐに対処できるケースも少なくありません。そのため、突然iPadが反応しなくなっても慌てずに、原因を突き止めた上で適切な対処法を試してみてください。

iPadの故障が疑われるときや画面にヒビが入っているときは、放置せずに速やかに修理を依頼しましょう。修理料金は窓口やメーカーの保証期間、AppleCare+ for iPadへの加入の有無で異なるため、事前に確認しておくと安心です。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。