お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 スマホ(iPhone,Android)が何故発火するのか

「iPhoneが発火して・・・」というニュースがたびたびありますね。ニュースを見ていると、iPhoneは発火しやすいという印象を与えてしまう内容になっていることが多いです。しかし、iPhoneが発火しやすいのではなく、Androidやモバイルバッテリーなどのバッテリーを使っているデバイス全部にいえることなのです。ただ、正しく使用しているのであれば、問題なく使えるものなので心配をする必要はありません。発火する可能性が0という訳ではないので、今回はiPhone,Androidなどがなぜ発火してしまうのかについてお伝えできればと思います。

 

発火の原因

iPhoneなどはリチウムイオン電池を使っています。これは、充電ができるようにするためです。モバイルバッテリーも同様にリチウムイオン電池が使われています。リチウムイオン電池は便利なのですが、これが発火の原因となっているのです。メリットがあればデメリットがあるのが当然なのですが、そのデメリットが発火の可能性があるということにあたります。しかし、基本的にはリチウムイオン電池は安全です。安全であるから、様々なデバイスに搭載されていますし、重宝されています。

扱い方を誤って事故につながらないように、ここで勉強しておきましょう!

 

発火する可能性の高い状況

バッテリーの経年劣化

まずは、バッテリーの経年劣化です。長年使用しているとバッテリーは劣化してしまいます。また、昔の機種を使用しないまま放置している場合であっても、バッテリーが膨張する可能性があります。全く使っていない機種であれば、下取りや買取、出品などで手放すことが良いと思います。また、使用しているものであれば、バッテリーを交換して安全な状態で使用するのが良いです。

img_2204

ピークパフォーマンス性能が対応していないとバッテリーが劣化しています

また、最大容量が低くなっている場合も劣化の進行はしているので注意が必要です

 

バッテリーの膨張

バッテリーの膨張は経年劣化による影響がとても大きいですが、その他の要因として、夏の暑いところでのデバイスの使用などがあります。夏の暑いところで使用した場合、デバイス内部の温度は、暑い外気と比べてもとても高くなっています。バッテリーはその影響を特に受けるため、劣化の進行速度が早まってしまいます。また、劣化が進行しているバッテリーの場合であれば、バッテリーの膨張につながる可能性が高くなってしまうのです。バッテリーが膨張したまま使用するのは非常に危険なので、この場合であればすぐにバッテリーの交換に出すことが先決となります。

img_2151

若干バッテリーが膨れていますが、これだけでも画面を押し上げてしまいます

 

衝撃によってデバイス内部のパーツが破損

デバイスを落としてしまった、強くぶつけてしまったということはありませんか?その衝撃によって、デバイス内部のパーツが外れてしまい、バッテリーに刺さってしまう可能性があります。修理の際に、稀に見かけるのはバイブレーションを固定しているネジが外れてしまっていることです。通知などの設定で振動するため、長年使用しているとその振動によりネジが外れてしまうことがあります。バイブレーション自体が磁石になっているので、取れたネジはくっつくことが多いですが、ネジが取れてしまっているデバイスに強い衝撃が加わると、ネジがバッテリーなどに刺さってしまう可能性があります。可能性として低いですが、可能性はあるということに代わりはないので、注意が必要となります。

img_1997

刺さりはしていないもののネジが取れてしまっています

使用者は気づいておりませんでしたが、危険な状態となっています

強い衝撃によってバッテリーに亀裂が生じた

思い切り叩き落としてしまったりすると、バッテリーに亀裂が生じることがあります。亀裂が入ってしまった時点で危ないことはわかると思います。デバイス自体が破損してしまった場合、液晶のガラスや中に入っているパーツの破片などがバッテリーの亀裂部分に刺さってしまう可能性があります。そうなった場合、負の連鎖が続く可能性が高まってしまうので、一度ご相談をすることが良いと思います。中のことは外からは見ることができないため、分解してから確認する流れになります。中の状況を確認した上で、バッテリーの交換をするべきかを検討されるのが良いと思います。

 

バッテリー交換修理の費用

バッテリー交換修理は、機種によって値段が異なります。一概にこの値段というのはお伝えできませんが、iPhone8以前のものを使用している場合であれば、5000円程度が相場だと思います。また、画面交換修理と比べ、修理時間も30分程度と短いため仕事帰りや、買い物で出かけたついでに修理をされる方が多いです。今お使いのデバイスをこれからも長く使われるということであれば、バッテリー交換修理を依頼して安全に使用していただくことが良いです。

まとめ

バッテリー交換をする一番の理由は、充電が1日保たなくなってしまい、不便に感じるためということだと思います。しかし、安全性を高めるため・他のパーツが壊れないようにするためなどの理由で交換修理を出すことも必要だと思います。バッテリーの寿命は、使用状況によって異なりますが、2~3年で劣化が目に見えてわかるようになるので、購入時から2年で一度交換されるのが良いと思います。機種変更に比べればとても安いので。

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。