お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 バッテリー交換をしても消費の早さが変わらない原因は?

shopstaff1消耗が早くなってきたからバッテリー交換をしたのに消耗の早さが変わらない…

そんな経験ありませんか?

実はこれ、意外と多いんです!

今回はその理由についてご紹介していきたいと思います。

 

バッテリー交換後も消費が早い理由

iPhoneの使い方は人それぞれだと思います。

となると、そのiPhoneの消耗の仕方もそれぞれ異なります。

その中でも影響が大きいものを紹介します。

 

komatta_woman2

 

iOSのバージョン


iOSのアップデートとは最新機種へのバグの改善であったり機能の付けたしてくれるものです。

バージョンアップの意味はありますが、古い端末に最新のバージョンにアップデートしてしまうと、不調が起きることもあります。

もともと入るはずではなかった機能が搭載されることにより、購入当初よりも出来ることが増える分消費するものも増えるため、バッテリーの減りも必然的に早くなってしまいます。

古い端末であればある程度のバージョンで打ち止めにするか、思い切って機種変更をするのもひとつの手段かと思います。

スマホスピタルの一部の店舗では機種変更の手続きも可能ですので、ご相談ください。

システムやアプリの設定方法


システムで一番消耗に影響するのはバックグラウンドで動き続けるものです。

例えば位置情報を使うサービス、Wi-FiやBluetoothの検知などがあげられます。

位置情報を使うサービスに関しては、アプリの起動中のみ使用に変更するか、オフ設定にすることをお勧めします。

また、Wi-FiやBluetoothもコントロールセンターからの一時的なオフではなく、使わない場合は設定画面からオフにすることをおすすめします。

これでも大きく影響が変わらない場合は、iOSやその他の原因が考えられます。

充電方法


自宅にいる時などに、充電ケーブル等に繋ぎっぱなしで使用していませんか?

これはバッテリーの過充電になるのでバッテリー劣化に大きく影響します。

劣化したバッテリーはフル充電しても完全充電が出来ないので、消耗が早くなってもおかしくはありません。

こういった使い方をし続ける限り、何度バッテリー交換をしても症状が改善しないことがあります。

充電方法を変えるだけでもバッテリー劣化の早さが抑えられます。

一度劣化したものは元に戻らないので、リセットするためにも再度交換修理に持ち込まれてもいいかもしれませんね。

上記内容を確認しても変わらない場合はスマホスピタルへ!

バッテリー交換をしても消耗の早さが変わらない理由はご確認いただけたと思います。

ただ、ご紹介した内容を試していただいても変わらない場合、単純にバッテリーの初期不良や、品質によるものの可能性もございます。

スマホスピタルで取り扱っているバッテリーは、PSEマークの付いた安全基準を満たしたバッテリーをご用意いたしております。

即日での交換対応も行っておりますのでお気軽にご来店ください。

iPhoneのバッテリー交換修理でしたら、データそのままで最短15分で対応いたします。

iPhoneのバッテリーで何かお困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。