お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 スマホを充電中に寝落ちすると爆発するかも…!?

iPhone 爆発

最近スマホの発火や発煙に関するニュースをよく目にします。

今回、興味深い情報が発表されたのでご紹介したいと思います。

それが…

スマホを充電中に寝落ちするとかなり危険!

という情報です。

皆さんもよくあることのではないでしょうか?

ですが、非常に危険なことがわかったので、是非とも見直していただきたいと思います!

 

スマホを充電中に寝落ちるとなぜ危険なの?

ではまずはスマホを充電中に寝落ちしてしまう危険性についてご紹介したいと思います。

例えば、スマホを充電中に動画再生やゲームをした状態で寝落ちしてしまったとします。

その状態で布団をかけて1時間放置した結果が以下になります。

表面温度が49℃まで上昇したとの報告があるのです!

 

この温度はそもそも低温やけどになってしまう可能性もありますし、バッテリーに対してもよくないのです!

ではまずはバッテリーの性質についてご紹介しましょう!

 

スマホに搭載されているバッテリーってどんなの?

スマホ バッテリー

スマホに搭載されているバッテリーはリチウムイオンバッテリーといって、繰り返し充電をすることで使用できる設計になっています。

なので、多くの小型電子機器にリチウムイオンバッテリーが採用されています。

例えば、パソコンや電動自転車のバッテリーもリチウムイオンバッテリーなんです。

皆さんの周りにも探せば色々リチウムイオンバッテリーが見つかるかもれませんね!

ではそのリチウムイオンバッテリーの特性とご紹介していきましょう。

 

リチウムイオンバッテリーには2つの電極があり、正と負の極があります。

簡単にいうと+と-になりますね!

リチウムイオンバッテリーは電解液の中でリチウムイオンが電極を行き来することで充電や放電を行います。

この際に同時に熱も発生してしまうのですが、通常特に問題ありません。

しかしながら、異常に発熱してしまうと問題が起きてしまいます。

 

iPhoneなどのApple製品についてAppleの公式サイトにも記述されているのですが…

適切な範囲は16℃~22℃とのことです。

35℃以上を超えてしまうとバッテリー容量に回復不可能なダメージを与えてしまう可能性がある、とのことです。

簡単に言えばリチウムイオンバッテリーは高温に弱い!ということですね!

 

今回の実験では表面温度が49℃まで上昇したのですが、これではかなり上回っています。

バッテリーに深刻なダメージを与えてしまっていますね…

ではバッテリーに負荷がかかってしまうとどのようなことが起きてしまうのでしょうか?

 

リチウムイオンバッテリーに負荷がかかるとどうなる?

リチウムイオンバッテリーは熱に弱いのですが、負荷がかかりすぎるとどうなってしまうのでしょうか?

 

バッテリーの充電がすぐになくなる

これは皆さんの周りでも起きているのではないでしょうか?

ただ、こちらはバッテリーに負荷がかかってしまった結果、バッテリーが劣化してしまった、ということになります。

バッテリーの充電がすぐになくなってしまう、と感じた方はバッテリーが劣化している可能性があります。

ただ、バッテリーの劣化はいつかは起きてしまうことなので、そこまで深刻になる必要はないかと思います。

 

バッテリーが膨張してしまう
スマホ バッテリー

リチウムイオンバッテリーの特性なのですが、リチウムイオンが電解液を行き来する際に、微量にガスを発生させます。

そのガスがバッテリー内に溜まってしまうことにより、バッテリーが膨張してしまうのです!

バッテリーが膨張するだけでは、そこまで悪化するわけではないのですが…

落下や衝撃が加わってしまうと、火花が引火して爆発する可能性があるのです!

 

バッテリーが爆発してしまう

今回ご紹介している症状になるのですが…

バッテリーに著しく負荷がかかってしまうと、バッテリーが爆発してしまう可能性もあります。

爆発までもいかなくても、発火や発煙することもあるのです!

特に発熱が著しい場合と、先ほどご紹介したバッテリーが膨張した場合は特に注意が必要です!

 

バッテリーを爆発させないためには?

バッテリーは条件によっては爆発してしまうことはご紹介した通りです。

では、バッテリーを爆発させないためには何ができるのでしょうか?

 

高温な場所で長時間放置しない

バッテリー自身が発熱することが多いのですが、外気温によってバッテリーが高温になる事例も少なくないです!

というのも、実際にそういった現象があるのです!

夏の暑い日にスマホを車内に置いていたところ、スマホが発火した事例もあるのです。

スマホを発熱させないことも大事ですが、熱い場所に放置しないことも大切ですね!

 

ながら充電を避ける

バッテリーを充電しながら、iPhoneを使用すると、バッテリーや本体が発熱しやすくなります。

皆さんも経験があると思いますが、特に処理が必要なゲームアプリや動画を視聴しながら、充電をすると発熱が促されます。

充電する際は使用を控えた方が良いでしょう。

 

就寝中の充電を避ける

先ほどもご紹介しましたが、充電中に寝落ちしてしまうと、

条件によっては本体温度が著しく上昇してしまいます…

その結果、バッテリーが爆発や発火する事例もあるので要注意です!

 

純正の充電器を使う
スマホ 充電器

皆さんが使われている充電器は純正品ですか?

もしくはメーカー認定品ですか?

充電器なんて、全て同じだろー

と思われている方!

大間違いです!

世界中ではスマホの発火事例が多数上がっているのですが、その中に充電機器のトラブルで発火した可能性がある事例も少なくありません!

純正の充電器であれば、スマホに適切な電圧、電力で充電を行うのですが、粗悪品などはスマホが要求する以上の電流を発生させることがあり、

バッテリーにはかなり負担になってしまいます。

なので、充電器はメーカーのものを使用した方が安心ですね!

 

バッテリーに異常を感じたらスマホスピタル大阪梅田店で修理を!

バッテリーに異常を感じた際は早めの対応が良いです!

今回ご紹介したスマホのバッテリーが爆発してしまう可能性もあります!

スマホスピタル大阪梅田店では、スマホのバッテリー交換修理もデータそのままで最短当日でご返却しております!

皆様のご来店お待ちしております!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。