お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 【iOS11.3以上】iPhoneのバッテリーが劣化しているか調べるには

iphone バッテリー 劣化 確認

iPhoneのバッテリーは、使えば使うほど劣化してゆきます。

とはいえ、現時点でどれくらい劣化しているのかが分からないと、交換すべきかどうか判断がつかないですよね。

 

というわけで、意外と知られていない、iPhoneのバッテリーの劣化具合を調べる方法をご紹介します。

 

バッテリーの状態を調べる方法

1.iPhoneのOSバージョンが11.3以上の方は、まずは設定画面を開きましょう。

※OSのバージョンは設定の「一般」⇒「情報」の「ソフトウェアバージョン」で確認できます。

 

2.設定画面の中に「バッテリー」という項目を見つけましたか?見つからない場合は上から順番に根気よく探してください。必ずあるはずです。

3.「バッテリー」という項目を見つけたらそこをタップします。すると、「バッテリーの状態」と書いてある項目があるのでタップします。

4.「最大容量」と書いてある項目で、現在のバッテリーの状態を確認できます。

バッテリーが劣化しているか判断するには

先ほどの項目で「最大容量」を確認するところまでたどり着けたら、そこに90%だとか80%だとか書いてある数字を見つけることができるかと思います。

これは、新品の頃を100%として、現在どれくらいまで電気を貯められるかを表した数字です。

最大容量が50%になっていれば、新品のころと比べて5割ほど溜められる電気の量が減っているということがわかります。

 

小さなコップに注がれた水を一気飲みするとすぐになくなってしまうように、最大容量が少なくなったバッテリーもすぐに電池切れを起こすようになります。

バッテリーの減りが早くなる原因は、そもそも溜められる電気の量が少なくなっているせいだった、というわけですね!

 

ちなみに、Appleの推奨するバッテリー交換時期は、最大容量が80%近くになってからと言われています。

劣化具合が大きいと「お使いのiPhoneのバッテリーは著しく劣化しています」というわかりやすい表示が出たりしますので、そうした表記も参考にしてみましょう。

最大容量がわからないときは

iPhoneのiOSバージョンが11.3未満だと、バッテリー最大容量を確認することができません。

また、11.3以上であっても、iPhone5や5s、SEの場合は同じく最大容量を確認できません。

こんな場合も、AppStoreでバッテリー診断アプリをダウンロードすればある程度劣化具合を確認することができます。

 

ただし、バッテリー最大容量を確認したときに表示される数値はあくまで目安であり、これは本体の設定もバッテリー診断アプリでも同様です。

最大容量が90%を超えていても「お使いのバッテリーは著しく劣化しています」という警告が出ていることもありますし、設定画面ではなにも異常がなくても、体感的には明らかに減りが早いと感じることもあります。

たいていの場合、スマホを2~3年ほど使っているとバッテリーが寿命を迎えると言われています。また、ゲームやYouTubeなどを頻繁に楽しむ方、一日に何度も充電を繰り返すくらい激しく使う方、逆に充電ケーブルに繋ぎっぱなしで何日も放置するような使い方をしている方は、通常よりも早くバッテリーが劣化します。

使っている年数や使い方も加味して検討するとよいでしょう。

 

スマホスピタル奈良店では、iPhoneのバッテリー交換を最短15分で行っています。新しいバッテリーに交換して最大容量が100%まで戻れば、減りの早さも改善できます。お気軽にご来店くださいませ!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。