お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhone のバッテリー劣化で起こる不具合は?

 

iPhoneの故障修理の問い合わせで、

最も多いご依頼は、画面割れに関連した修理ですが、

その次くらいに多い修理依頼の一つとしては、

バッテリーの劣化に関連した、

バッテリー交換の修理依頼が挙げられます。

 

今回は、バッテリーの劣化によって引き起こされる

故障や不具合をいくつかご紹介していきます。

 

 

①バッテリーの持ちが悪い

iPhoneを長年使っていて、バッテリーが劣化してきたと

考えやすい症状としては一番わかりやすい症状だと思います。

夜寝る前に充電して、朝起きた段階では100%の充電があった

にも関わらず、とくに利用していないのに電池残量が、

すぐに30%まで下がってしまったり、

少しの利用で、すぐに電池が切れてしまったりすると、

いよいよ電池が弱ってきたかなと考えます。

 

バッテリーの減少には、お使いの機種とiOSのバージョン、

アプリのダウンロード状況も関係しており、

1%ごとの減少に関しては、減る早さが速くても

基本的にバッテリーの劣化は関係ありません。

 

ですが、上に挙げたような、急激な減少は

バッテリー劣化が原因の可能性が高いです。

 

 

②充電がなかなか溜まらない

iPhoneの充電時間は、残量20%くらいから

充電を始めた場合、大体3~4時間くらいです。

もちろん完全に残量が0の状態からだと、

それよりも時間はかかりますし、

より多い状態だと、時間は短くて済みます。

 

これが、バッテリーが劣化してくると、

充電ケーブルを挿してから充電が溜まっていく

速度が極端に遅くなり、なかなか100%まで

溜まらなくなります。

 

使っている充電器の電圧に関係しますが、

バッテリー劣化が原因のことが多いです。

 

 

③勝手に再起動がかかる、電源がOFFになる

とくに無理な使い方をしているわけではない

にも関わらず、iPhone利用中に突然再起動が

かかってしまったり、電源がOFFになってしまったり

するのも、バッテリーが劣化して起こることがあります。

 

もちろん、起動部分の不具合に関しては、

単にバッテリーが劣化して発生しているだけでは

無いかもしれませんが、バッテリーが劣化し

iPhoneが本来のパフォーマンスを発揮できず、

不具合を起こしている可能性は十分にあります。

 

 

④液晶に表示不良が出る、画面パネルが浮いてくる!

特に落としたりなど衝撃を加えていないにも

関わらず、本体フレームから液晶画面パネルが

浮いてきたり、液晶画面状にシミのような

表示不良がでてくることがあります。

 

これは、バッテリーが劣化してくることにより、

バッテリーが膨張して、上部にある液晶パネルを

圧迫して起こることがあります。

 

バッテリーの膨張も個体差があるため、

全体的に膨張することもあれば、

一部が膨張して凸凹になったりと

様々です。

 

iPhoneの構造上、

各パーツの配置に余分な箇所がなく、

ピッタリに作られているので、

バッテリーの少しの膨らみでも

液晶パネルを圧迫して様々な症状を

引き起こします。

 

液晶の表示不良や液晶パネルの浮きが

バッテリーの劣化で生じているとは、

なかなか考えにくいですよね。

 

 

最新のiOSでは、バッテリー診断ができる

プログラムが追加されましたが、

実際に使っていて、こういった症状が起こっている場合、

バッテリー劣化の可能性が十分にあります。

 

バッテリー交換修理はお時間もかかりません。

 

もし気になるところがありましたら、

是非一度当店までご相談ください。

 

 

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。