Twitterを新しいスマホで引き継ぐには?機種変更時にやること

Twitterは自ら情報を発信したり、親しい人たちと交流できたりするなど、今や日常生活に欠かせないツールです。機種変更後に使えなくなったら、困ってしまいます。どのように引き継げば良いのか紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

スマホを機種変更したらTwitterのアカウントはどうなる?

アプリの中には機種変更にあたって、アップデートやバックアップが必要になるなど、手間がかかるものもありますが、Twitterの引き継ぎは比較的簡単です。

Twitterは機種変更してもデータを引き継げる

Twitterでは、ユーザーが投稿したり取得したりしたデータをサーバーに保存しています。そのため、アカウント情報を入力してログインするだけで、機種変更後の新しいスマホでも従来と変わらず使えるので、難しくありません。同様に別のスマホやパソコンなど、違う端末でもログインによって同じ情報を表示できます。

Twitterは、ブラウザから開くこともできますが、アプリをインストールするほうが便利です。機種変更後のスマホに入っていない場合は、iPhoneならApp Store、AndroidならGoogle Playからインストールしましょう。

Twitterの引き継ぎに必要な情報

ログインしてない状態でTwitterのアプリを開くと、新規にアカウントを作成するか、既存のアカウントでログインするか選べるようになっています。ログインを選択するとアカウント情報を入力する画面が出てきます。

上の枠には登録している電話番号かメールアドレス、ユーザー名のいずれかひとつ。下の枠にはパスワードを入力します。

Twitterで新規にアカウントを作成したときは、メールアドレスか電話番号のどちらか(あるいは両方)を登録しているはずです。ユーザー名は、プロフィールで表示される「@~」で始まる英数字を指します。

アカウント情報が間違っていなければ、画面下にある「ログイン」ボタンをタップするとホーム画面が表示され、引き継ぎは完了です。

ちなみにひとりで複数のアカウントを保有している場合は、アカウントごとにログインしなければいけません。

アプリの場合は、ひとつのアカウントでログインが終わったら、左上の三本線のアイコンをタップしてメニュー画面を開きます。ユーザー名の横にある下向きの矢印をタップすると、「作成済みのアカウントを使う」という項目が表示されるので、タップして同じようにログインしましょう。

ログイン後は、アカウントのアイコンをタップするだけで簡単に切り替えられます。

パソコンの場合は、画面左下に表示されるユーザー名をクリックし、「既存のアカウントを追加する」からログインです。再度ユーザー名をクリックすると、アカウントの一覧が表示されるので、切り替えたいアカウントを選択しましょう。

目次へ

機種変更をする前に!事前にやること

このように、Twitterはログインで正しいアカウント情報を入力すれば、簡単に引き継ぎできますが、間違っていると失敗します。そうならないように事前の確認や再設定が必要です。

ユーザー名・メールアドレス・電話番号を確認する

まずは古いスマホやパソコンでTwitterを開きます。アプリの場合は左上の三本線をタップして、出てきたメニューの中から「設定とプライバシー」→「アカウント」を選択しましょう。

パソコンの場合は、メニューの「もっと見る」→「設定とプライバシー」→「アカウント」→「アカウント情報」です。

ユーザー名と電話番号、メールアドレスが表示されるので、控えておきます。それぞれの項目をタップすると、追加や変更が可能です。特にユーザー名は、これを機に単なる英数字の羅列ではなく、分かりやすいものに変えておくと良いでしょう。

パスワードを忘れている場合は再設定をする

同じ画面にはパスワードの項目があり、タップすると新しいものを入力して変更できます。ただし、現在のパスワードも入力しなければいけません。

もし忘れている場合は、「パスワードを忘れた場合はこちら」をタップして再設定しましょう。次の画面でメールアドレスか電話番号、ユーザー名を入力して「検索」をタップします。

パスワードをリセットする方法が提示されるので、選択して「続ける」をタップしましょう。電話番号を選択するとSMSにコードが送信され、次の画面で入力するとパスワードがリセットされます。メールアドレスを選択するとパスワードをリセットするための画面が送信され、「パスワードをリセット」というボタンをタップできます。

もちろん、これらの方法はアカウントに電話番号やメールアドレスが登録されていなければ選べません。登録しても機種変更で電話番号やメールアドレスが変わった場合は何も送られないので、パスワードを設定する前に新しいものへ変更しておきましょう。

最後に新しいパスワードを入力して完了です。

目次へ

機種変更で電話番号は変わる場合は?

機種変更で電話番号が変わる場合は、パスワードを変更するときにSMSを受信できるよう、アカウント(またはアカウント情報)の画面で更新しておくのが望ましいでしょう。

そして、もうひとつ忘れてはいけない設定があります。

2要素認証をオフにしておく

Twitterでは、ログイン時のセキュリティを高めるため、「2要素認証」が可能です。つまり、通常のログイン以外の認証方法があることで、万が一パスワードが漏洩しても、不正なアクセスを防げます。

Twitterの2要素認証は、3通りの方法があります。ひとつ目は携帯電話にSMSで認証コードを送る方法、ふたつ目は認証アプリで認証コードを生成する方法、そして物理的なセキュリティキーを接続・同期する方法です。

このうち、最初の携帯電話にSMSで認証コードを送る方法を利用している場合、登録していた電話番号を解約すると、認証コードを受け取れません。こうなると、二度とアカウントにログインできなくなり、設定の変更もできなくなります。

そのため、機種変更の前に2要素認証をオフにしておくのがおすすめです。引き継ぎが終わってから再度設定し直すと良いでしょう。

スマホのアプリの場合は「設定とプライバシー」→「アカウント」→「セキュリティ」という順番で開きます。

パソコンであれば「設定とプライバシー」→「セキュリティとアカウントアクセス」→「セキュリティ」→「2要素認証」です。

バックアップコードを取得しておく

2要素認証をオンにしていると、設定画面の中に「バックアップコード」という項目が表示されます。これは、SMSを受信できないとき、代わりに入力して認証できるコードです。

SMSを受信できないのは、機種変更で前の電話番号を解約したときだけではありません。携帯電話を紛失して受信できない場合もあります。万が一に備えて控えておきましょう。表示するには項目をタップします。

目次へ

Twitterアカウントの引き継ぎ方法

最後に、あらためてケース別にアカウントの引き継ぎ方法をおさらいしましょう。

基本的な引継ぎ方法

基本は、新しいスマホにTwitterのアプリをインストールして開き、「ログイン」をタップしたら、アカウントの情報を入力します。ユーザー名、メールアドレス、電話番号のいずれかひとつとパスワードです。

引き継ぎ前にアカウント情報を控えたり、パスワードを忘れていたら新しいものに変えたりしておきましょう。

2要素認証を設定している場合の引き継ぎ方法

2要素認証で「携帯電話にSMSで認証コードを送る方法」を選択している場合は、ログイン時にSMSで認証コードが送られてきます。それを入力して送信すると、新しいスマホでもTwitterの利用が可能です。

電話番号が変わる場合は、あらかじめアカウント情報を変更するか、バックアップコードを取得しておきましょう。

バックアップコードを利用する場合の引き継ぎ方法

2要素認証でSMSを受信できない場合は、認証コードを入力する画面で「別の方法の2要素認証を選択してください」をタップします。次の画面で控えておいたバックアップコードを入力して送信しましょう。

しかし、バックアップコードを使えるのは一度だけなので、ログインできたら、あらためて新しいバックアップコードを取得します。

目次へ

まとめ

機種変更でTwitterのデータを引き継ぐときは、新しいスマホでアカウント情報を入力してログインするだけです。ただし、電話番号やメールアドレスを変更していたり、パスワードを忘れていたり、2要素認証を利用していたりする場合は、事前の設定が必要です。

簡単とはいえ、万が一失敗すると、そのアカウントは使えなくなってしまいます。スマホスピタルでは、こうしたアプリの設定を引き継ぐお手伝いが可能です。まずは最寄りの店舗にご相談ください。

目次へ