• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhoneの画面が割れてしまった、タッチが効かない時の対処方法とは?
お役立ち情報
SCROLL DOWN

困ったときは

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの画面が割れてしまった、タッチが効かない時の対処方法とは?

iPhoneユーザーの方は、もし画面が割れてしまったり、

急にタッチが効かなくなってしまった場合どうしたらいいの?!

という声をたくさん頂きますので今回はiPhoneの画面割れがしまった時にどうしたらいいのかをご案内します!

画面割れ

そもそもiPhoneの画面ってなんで割れるの?

iPhoneなどのスマホの画面は、ガラスによって作られています。

ガラスと言えども、精密機器用の強度の高いガラスを使用していますので多少の衝撃には

耐えることができるようになっていますが落としどころが悪いと画面が割れてしまう事も。

 

画面を守るためにも保護フィルムを貼ることをお勧めしますが

そのフィルム以外の箇所にぶつかってしまうともちろん割れてしまいます。

iPhoneの画面が割れてしまったら?

まずは画面全体が操作できるかどうかをチェックしましょう

ガラスが割れてしまうと、iPhoneの状態によっては一部タッチが効かないという事もあります。

iPhoneの画面の構造上、ガラスの下に液晶、その下にタッチセンサーがついていますが

大量生産されているコピー品の液晶ですとガラスの真下にタッチセンサーがついています。

ですので非正規店にて安く画面を交換したことがあるという人ですと万が一落としてしまった場合、

少しの衝撃でも液晶のタッチ操作が出来なくなってしまう可能性があります。

 

画面の上下左右のスワイプや、アプリを長押しして反応していれば今のところは問題ないという事が確認できます。

ただ、現状触れていても内部のセンサーが傷付いていたりすると徐々にタッチ操作が出来なくなってしまうなんてこともあります。

 

まずはバックアップを取っていつでも修理に出せるように用意しましょう!

 

タッチ操作が効かない場合はどうしたらいいの?

画面が割れてもないのにタッチが効かない!

そんな場合はまずは再起動をしましょう。

システムが処理に追い付いていない場合、タッチセンサーが正常に反応してない時があります。

その場合は強制再起動を行いましょう。

iPhone6sPまでの機種・・・ホームボタンとスリープボタンを同時長押し

iPhone

 

iPhone7以降の機種・・・音量ボタンの+(プラス)ボタンを押してすぐにー(マイナス)ボタンを押して

スリープボタンを長押しする

iPhone7

 

iPhone7以降のホームボタンは感圧式センサーに変わっている為、本体が起動していないと操作出来ません。

 

強制再起動を試しても改善しない場合は?

iPhoneのタッチセンサーが破損している可能性があります。

その場合は画面交換をすることで改善することがほとんどです。

まずは早めに修理に出しましょう。

当店スマホスピタルでは画面の破損具合を軽度・重度で判断していますが

タッチ操作が出来ないiPhoneに関しては重度判断とさせていただきます。

ガラス割れの場合は来店いただいた際にスタッフにて判断させていただいております(‘ω’)

 

 

画面が割れる瞬間って一瞬なんですよね・・・

無茶な持ち方をしてしまった、手が滑ってしまいiPhoneを落としてしまった、なんてことがあったら

まずはiPhoneの状態を確認して、そのあとは修理に出しましょう!

iPhoneの修理って時間かかりそう・・・って思っている人は大間違い!!!

iPhoneの画面交換修理は最短40分で完了します!

さらにデータはそのままで修理が出来るので万が一画面操作が出来ないiPhoneでも

データを残したまま修理が出来ます(‘ω’)

奈良市や橿原市、西大寺、天理でiPhone修理をお探しの際は

当店スマホスピタル奈良店を是非ご利用くださいね!(^^)!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。