• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhone5、iPad4(セルラー)のバックアップができない!? iCloudやGPS、アップデートが使えない症状の改善について【iOS10.3.4】
お役立ち情報
SCROLL DOWN

困ったときは

スマホスピタルお役立ち情報 iPhone5、iPad4(セルラー)のバックアップができない!? iCloudやGPS、アップデートが使えない症状の改善について【iOS10.3.4】

iPhone5以前の端末がAppleからのサポートをとうに外れてしまっていることは、もう何年も経過していますので周知の事実かと思われます。

最後とされたアップデートされたのは2017年7月で、この際にiOS10.3.3となり、それ以降は最新OSに上がることもなく2年の間沈黙していました。

 

しかしこの度、iOS10.3.4というものが2019年8月に登場しています。

 

2019年11月後半現在、このiOS10.3.4にアップデートしていないiPhone5やiPad4(Wi-Fi+Cellular)をお持ちの方は、少し厄介なことになるかもしれません。

 


iOS10.3.4にアップデートしていないiPhone5・iPad4(Wi-Fi+Cellular)を使用している方々へ


 

iPhone5やiPad4を使用中の方々には、基本的にはAppleから通知が出ていたのでご存知の方が多いかと思われます。

2019年11月3日までにiOS10.3.4にアップデートをしていないと、GPSの位置情報が狂ってしまい、誤った日程・時刻がシステムに保存されてしまう恐れがあるとされています。

 

更に厄介なのが、11月3日を過ぎてしまうと、Wi-Fiからのアップデートを受け付けなくなってしまう上に、バックアップも取れなくなってしまうと言われています。

 

この期間を過ぎてしまった場合は、基本的にはPCからiTunesを介してアップデートを試みる他、方法は無くなってしまうそうです。

 


筆者も少し被害を受けました


 

そんなiPhone5の障害報告も知らぬまま、筆者は昔使っていた端末を掘り出して、音楽プレーヤーとして使おうとしたのです。

自費でバッテリーを購入して替えて、いざ使ってみようかなあと思っていた際に情報が回ってきました。

 

時すでに遅し。2019年11月20日。つい先日の出来事です。

そんなの聞いてないよ……と思いましたが、修理屋として情報を仕入れるのが遅いのはいかほどかと自分を叱り、とりあえずPCからのバックアップを試みます。

 

しかし、上手くいかないのです。

なんと、PCのiTunesからもバックアップが出来なかったのです。

うそでしょ……と軽く落胆しましたが、ここは修理屋の頭脳の働かせ時だと思いつつ、別の方法でアップデートを試みました。

 

結果的には改善したので良しなんですが……。

 


改善方法は単純でしたが、全員が改善できるかは不明です


 

あくまで私が解決できた方法としてご紹介させて頂きますが

「ある一定の時刻から狂ってしまうのなら、時刻を事が起こる前に戻してしまえばいいのでは?」

という発想の下、とりあえず時刻設定を手動に切り替えて、2019年の9月ぐらいに設定したところ、バックアップが進んでくれました。

 

しかも、Wi-Fiを使用してのアップデートです。まさかこんな些細なことで出来るとは思わなかったです……。

 

ただ、これが全員に当てはまるかどうかは全くもって不明ですので、あくまで参考程度に、そして時刻設定を変えているので若干リスクはあると捉えて頂ければと思います。

とりあえず筆者はこれでどうにかなりました。

 

もしもiPhone5やiPad4(Wi-Fi+Cellular)をお持ちで、iOS10.3.4へのアップデートが出来ていない方は、参考にして頂ければと思います。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。