• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhoneがリンゴループで進まなくなってしまう前兆を2つご紹介これになったらすぐにデータバックアップを取りましょう!
お役立ち情報
SCROLL DOWN

困ったときは

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneがリンゴループで進まなくなってしまう前兆を2つご紹介これになったらすぐにデータバックアップを取りましょう!

今回はiPhoneの故障の中でやっかいな「リンゴループ」に関してです。以前にはリンゴループになったらどうすればいいか?などの記事を公開させていただいております。そこで今回は少し違う角度からリンゴマークについてご紹介させていただければと思います。というのもiPhone修理店を営んでおりますと様々なiPhoneの症状を皆さんからご相談いただきます。もちろんリンゴループに関してのご相談も数多くいただいており、その数多くのご相談いただいたところ2つの共通点を発見してしまいました!ということで普通では中々分からない!iPhone修理技術者が教えるリンゴループ1歩手前の症状!ということでご紹介致しますのでよろしくお願い致します。

 

恐怖のリンゴループとは?

まずリンゴループという現象ですが、iPhoneの電源を一度切り、再度電源を入れると一番最初に画面真ん中にリンゴのマークが表示されると思います。そこからしばらくすると起動してパスコード入力画面だったり現在時刻を表示された画面になったりしますよね。リンゴループとは上記のリンゴマークは付くのですがその次に起動するはずがまたリンゴマークが表示されるということを繰り返してしまう症状のことをいいます。※ちなみにアップルの正式名称ではないらしいです。つまりリンゴマークが付いたり消えたりしてそこから進まないという症状です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2020-12-19-15-32-41

このリンゴマークが付いたり消えたり・・・・

 

リンゴループになる前兆その1

多数の方のリンゴループに至る経緯をお聞きして共通、もしくは多い内容の1つが「iPhoneが重いから再起動した」再起動とは電源を一度切って再度電源を入れるということを指します。精密機器ですと調子が悪い場合は再起動することで調子が戻ることも多いのでiPhoneが重いと感じて再起動することもとてもよく分かります。しかしながらiPhoneが重い!と感じたら危ない!と思っていただいていいと思います。もちろん再起動しても問題ないことの方が多いのですがリンゴループに陥る際には多くの方がiPhoneが重いから再起動した。ということでした。このようにリンゴループに陥る1歩手前の症状が現れたらいち早く各バックアップを取りましょう!面倒と思わずにここはバックアップを取っておくともしもの時に備えられますので是非!オススメ致します!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2020-11-07-17-15-51

iPadでも発生します!

 

リンゴループになる前兆その2

こちらはiPhoneのストレージがいっぱいです!というメッセージが良く表示される・・・ということが挙げられます。これが良く出るとiPhoneの中にデータを入れることが出来ない状態になります。このような状態で例えばiOSの自動アップデートが起動してしまうと中にデータを入れることが出来ないにも関わらず新しいデータを入れようとするアップデートが自動で始まりますのでiPhoneはパニック状態となります。そうなるとシステムとしてバグが発生してしまう、もしくはあえてそのようにしているのかもしれません。このようなことでリンゴループに陥てしまうとほとんどの場合がiPhoneを初期化しないと使うことが出来なくなってしまいます。バックアップをコマメにとっていればもちろんそのデータは守られますがバックアップなしの場合は全部消えてしまいます!ですのでiPhoneのストレージがいっぱい!もしくは間もなくいっぱい!という表示が出たらiPhoneの中のデータを一度整理してみてはいかがでしょうか?そのまま使い続けるとある日朝起きたらリンゴループだった!なんてことが突然やってきます・・・その前に少し面倒ですが是非行動されると安心ですよ♪ではまた!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。