• TOP
  • お役立ち情報
  • 【充電口に異物が詰まった】充電口の故障、放置は危険?【マイクが使えない】
お役立ち情報
SCROLL DOWN

困ったときは

スマホスピタルお役立ち情報 【充電口に異物が詰まった】充電口の故障、放置は危険?【マイクが使えない】

iPhone(あいふぉん)Android(あんどろいど)などの

各種修理を承らせていただいておりますスマホスピタルイオン相模原店でございます。

 

スマートフォンを使う上で皆さまが必ず避けては通れない

「本体の充電」に関してですが、当店にも

・充電が一切できなくなった

・充電の反応がしたりしなかったりする

・充電の反応はしていても電池が増えない

など、スマートフォンの充電にまつわるトラブルで

ご相談をいただくことが増えております。

 

さらには

・充電ケーブルがスマホの中で折れて詰まってしまった

・電話をするときに相手に自分の声がとどかない

など解決が難しそうな問題や

一件関係の無さそうな「マイクの機能」

実は機種によって充電口のパーツと一緒になっていることがあり

充電口のパーツが損傷してしまうと連動してマイク機能の

調子が悪くなってしまう事がございます。

 

そして今回ご紹介をさせていただくのはそんな「充電口に関するトラブル」の中でも

「今すぐ交換するわけでは無いけど、調子が悪い」という症状を

修理せずに、放置しておくことの危険性についてです。

結論からお伝えすると、放置することによって

「今後全く充電できなくなったり」

「修理自体も不可になる場合」など

致命的な不具合につながるケースになりかねません!

どういった理由でそうなるのでしょうか?

詳しくお伝えさせていただければと思います。

 


スマホやiPadの充電口パーツの構造について


 実はiPhoneやAndroid、iPadなどで必ずついている充電口パーツですが

機種によって「パーツの取り外し方」が異なります。大まかには

・コネクタータイプ

・基盤に直接はんだ付けされている場合

と大きく2タイプございます。

 「コネクタータイプ」の物は「パチッと」端子にはめることで接続できるので

比較的簡単に取り外しができます。

ただし「基盤にはんだ付けされている場合」

2~300℃の熱で溶けるのですがそれで初めてパーツの取り外しが出来るので

パーツを付け外しするのも容易ではありません。

 

そしてこのように「充電口のパーツが強く固定されていればいるほど」

調子の悪い状態で使い続けることで、基盤から充電口の接点ごともげてしまう事がありえます。

どうなるかというと「もう何をしても直せない状態」に陥るという事です。

 

ちょっと調子が悪いかもしれない

という状態からは修理が出来る場合がありますが

完全に壊れてしまうとパーツ交換では改善できなくなる可能性があるので

早めに修理をしていただくか、データの移行作業をし機種変更を検討するか

どちらかをおススメさせていただいております!

 

充電口の不具合に限らず、不具合の放置は大変危険です!

ちょっと調子が悪いなと感じた時はお早目に当店にご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。