• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhone充電中にマークがついたり消えたり…そんな時にお試し頂ける方法をご紹介致します!
お役立ち情報
SCROLL DOWN

困ったときは

スマホスピタルお役立ち情報 iPhone充電中にマークがついたり消えたり…そんな時にお試し頂ける方法をご紹介致します!

携帯電話を長年ご使用されている方にはお馴染みかもしれませんが、携帯端末には充電のトラブルが付きものですね。充電して少し経ってから様子を見てみたらさっきまでされていた充電がされていない!?なんて経験もあるかもしれません。この時、ついつい、くりくりと充電ケーブルを動かし充電できる位置がないか探してしまいがちかとは思いますが、余計に傷つける原因となるため、一度抜いてから差し直す方法をオススメ致します。それでは、今回は主にiPhoneで充電ができない、途中で止まってしまうという場合の解決案をご紹介させていただきます。

ケーブルを変更してみる

ケーブルの断線や相性によっては正常に充電されないことがあります。ものによっては両面充電が出来ず、決まった向きで差し込まないと反応しないものもございます。純正ケーブルを使用するのが一番確実ですので、普段は大切に仕舞い込んでいる方も、こういった際には引っ張り出してお試しください。

充電口の清掃

充電口に汚れなどが付着しているとうまく充電出来ないことがあります。そのときは、つまようじなどにティッシュを軽く巻き付けて拭取ると正常に充電出来ることがあります。または接点洗浄剤と呼ばれる、ホームセンターなどに売っているものを綿棒などに吹き付けて軽く拭取るのも有効です。この時、力を入れ過ぎて端子を傷つけたりしないようお気を付けください。また、息をフーフーと吹きかけるのも水分が入り込むことがあるため御法度です!エアダスターなどを使って頂くようお願い致します。

ワイヤレス充電を試してみる

iPhone8以降の端末の場合はワイヤレス充電ができる機種がございます。充電端子の詰まりや不具合であれば、充電に関しては可能なこともあります。ただ、ワイヤレス充電を使用する際、置く場所がずれたりバッテリーとの相性によってはケーブルでの充電に比べて熱が発生しやすくなることがあり、安全装置が働いて充電をストップする場合があります。それによってバックアップやアップデートが途中でストップする可能性も考えられるため、ご注意ください。

充電口の交換

スマホスピタル埼玉川越店ではiPhoneの充電口交換修理を行っております。充電口にホコリが溜まりきってしまい奥まで差さらない、部品が故障してしまっているといった場合に有効です。カチッと差し込む感覚も取り戻せるため、非常に快適になりますよ。その際、イヤホンジャックや通話時に使うマイクを同時に交換することになるため、直すほどでもないけど気になっていた不具合が直ることもあるかもしれません。

img_1678

ドックコネクター部品はバイブレーションやスピーカーの下にあるものが多いです。

本体基板の不具合

充電の不具合には、清掃や部品交換によって直らないこともございます。そうなると基板の問題になってきます。店舗での基板修理は出来ませんので、専門部署での修理となり、基板修理の際には1カ月以上お預かりする可能性もございます。

最後に

色々試したけど改善されないという場合にはスマホスピタル埼玉川越店へご相談ください。店舗でもパーツ交換によって直るかどうかを調査させて頂きますので、交換したのに結局充電ができないまま…ということはございません。充電口パーツであるドックコネクターは多くの機種でかなりのお時間を頂く事になります。直るかどうかだけでも調べて欲しいという場合でも調査費用でお調べが出来ます。交換をご希望の場合であれば、調査費用は頂かず部品交換費用のみとなります。修理費用に関しても事前にご相談させて頂きますので、安心して一度ご相談くださいませ。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。