• TOP
  • お役立ち情報
  • 誰でもできちゃうバッテリーメンテナンス方法!「バッテリーリフレッシュ」をご紹介致します。
お役立ち情報
SCROLL DOWN

困ったときは

スマホスピタルお役立ち情報 誰でもできちゃうバッテリーメンテナンス方法!「バッテリーリフレッシュ」をご紹介致します。

毎日、人によっては長時間使用することの多いスマートフォンですが、普段の生活を送る上でスマホの部品の中で、まず一番初めに消耗するのはバッテリーになってきます。もちろん使い方によって消耗具合は様々ではありますが、電子機器として利用するのであればバッテリーは必ず消耗しますね。今回は、スマートフォンになくてはならないバッテリーを少しでも回復させる「バッテリーリフレッシュ」の方法をご紹介致します。使用できない時間は出てきますが、ほぼ新品でも一日でバッテリーを激しく消費する方ほど、今回のメンテナンスをお試し頂きたいと思います!

メンテナンス方法

まずはお使いの携帯電話のバッテリーを使いきりましょう。バッテリー残量が少なくなると不安になる方も多いかと思いますが、ここはぐっとこらえて頂きたいと思います。バッテリーが切れれば電源が当然電源が落ちますので、シャットダウンしたらそのまま3時間ほど放置しておきます!再起動などでシステムはリセットさせることが出来ますが、電子部品は常に動いていますからね、たまにでいいので休息を与えることが大切となります。その後、なるべく触らずに満充電をしてあげましょう。iPhoneであれば充電をした時点で起動に必要な電力が残っていれば勝手に起動します。その他のスマホでも電源は入らないが、電池の溜まり具合が確認できたりするので、100%になるまで充電してあげて下さい。これでバッテリーリフレッシュは完了です!

どんな効果があるの?

おおまかに分けて3つの効果が期待できます。

①バッテリー劣化を遅くすることができる

常に動き続けているよりも、定期的に休息があった方が電子部品にも効果的です。これはバッテリーだけでなく、本体基板などにも有効で、脳である基板を休ませることで経年劣化を遅らせることが期待できます。ただ、人間のように回復するわけではないので、ある程度遅らせる、といったところになります。

②温度

①の内容と重なる部分はありますが、本体基板も使用していたり、充電しているとどうしても熱が発生します。スマホが熱くなるという症状を体験したことがある方も多いかと思いますが、処理の多いアプリを使用したり、画面の点灯、通信、その他機能などを同時に行うと本体基板が熱を持ち、それがバッテリーに熱を与え劣化が進んでしまいます。せっかくの便利な機能ですから同時に使用したいところかと思います。バッテリーリフレッシュと同時に基板を休ませる時間をつくることで劣化を遅らせることが期待できます。

③電池残量の表示

電源を切らずにずっと使っていると、バッテリーの残り表示がどんどん減ったり、充電が一時期よりも早く100%になってしまうことがあるかもしれません。それもバッテリーが疲弊している可能性があり、リフレッシュさせることでより正確に表示されることがあります。ただ、すでに劣化が進んでいるバッテリーや基板ですとあまり改善が見られない可能性があります。

バッテリーリフレッシュ時の注意点

放電した後長い間放置しない

人間も考えることや悩んでいることが積み重なった時は、頭を空っぽにしてリフレッシュすることがあるかと思いますが、あまりにもその期間を長くとりすぎると能力が下がったり、社会復帰出来なくなったりする症例があります。バッテリーも同様に一度放電して、数日、数週間放置してしまうと元のバッテリーの状態によっては充電ケーブルを繋いでも充電出来ない、本体を起動するだけの電力が出せなくなることもあります。大切だからといって甘やかしすぎると、バッテリーも働かなくなるようですね。

寒すぎる、暑すぎるところではやらない

通常で使用するときも同様ですが、暑すぎる、寒すぎる環境ですとバッテリーそのものや本体基板の劣化が進んでしまうことがあります。iPhoneですと0℃~35℃の環境で使用することを想定して設計されていることもあり、端末の温度が大きく下がるもしくは上がってしまうと電子機器にとってはダメージとなります。ご自宅などの人が快適に過ごせる場所で試してみるのがいいでしょう。

バッテリーの劣化が激しかったり、ストレージがいっぱいだと起動できなくなることも

劣化しきったバッテリーを使用していたり、端末内の容量がギリギリで使用していると、再起動した時にホーム画面までたどり着かず再起動を繰り返す現象が起こることがあります。場合によっては修理をしたりデータをすべて削除しないと再び使用できなくなるということもございます。普段電源を切ることがめったにないという方は、念のため注意が必要です。

最後に

今回、バッテリーリフレッシュによってバッテリーの寿命を少しでも延ばす方法についてご紹介致しました。使用できない時間も長くそんなに時間取ってられない!という場合であれば、スマホスピタル埼玉川越店でバッテリー交換修理をお試し頂くことも可能です。iPhoneであれば多くの機種が30分前後で新品に交換できます!その他スマートフォンでもお取り扱いがあるものは1時間前後でお渡しできるものもあるため、一度ご相談くださいませ。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。