お役立ち情報
SCROLL DOWN

困ったときは

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの充電口を長持ちさせる方法とは?

 

iPhone(アイフォン)、Android(アンドロイド)の修理を承っております、

スマホスピタル横浜関内店です。

 今回はiPhoneを使用する上で重要な部分の「充電口」について紹介致します。

 充電口も壊れることがある?

突然ですが、iPhoneのドックコネクター(充電部分)の不具合でお困りの方はいらっしゃいませんか?

ドックコネクターは毎日の充電や、(機種によりますが)イヤホンジャックとして頻繁に使用します。

そのため、充電ケーブルやイヤホンの抜き差しによる摩擦や経年劣化などで不具合が起きやすくなっています。

 

 

ドックコネクターの不具合でよく見られる症状には・・・

 

・充電器反応はあるが何時間たっても電源がつかない

・充電器を差し込んでも反応しない

・充電口が破損していることにより何かに引っかかってしまい奥まで入らない

・(iPhone7以降の端末で)イヤホンを挿しても音が聞こえない

 

といったものがあります。

 

 

充電口に不具合があり充電ができないiPhoneは、いずれ電源が切れてしまいます。

そう考えると、電源が入らなくなり使えなくなるのも時間の問題ですよね・・・

また、充電口の不具合ということはケーブルを使ってパソコンと接続しても、

パソコンがiPhoneを認識できなくなってしまい、

バックアップが取れないなんてことにもなり兼ねません。

充電もできない、バックアップも取れないなんて大変ですね・・・

 

 

さらに、ドックコネクターは上記でご紹介した役割のほかに、

メインの集音マイク、ラウドスピーカーの接点、

(機種によりますが)バイブレーションやホームボタンなど、様々な機能に干渉しています。

 

 

そうすると、

 

・通話中に相手に声が届かない

・スピ―カーから音が出ない

・バイブレーションが動作しない

 

といったそのほかの不具合も発生してしまう可能性があります。

 

 

日常生活に支障をきたしてしまう前に、なるべく早く修理をしましょう!

iPhoneの充電口を長持ちさせる為にはどうすれば??

 iPhoneの充電口は長年の使用や端末にとってはあまりよろしくない使用方法によって

故障が早まってしまう事があります。

 

・充電しながら端末を使用する

・車の電気で充電する

・充電口内部に水に濡れた状態で使用する

 

 

 

当店ではiPhoneの修理を“本体交換”ではなく、“パーツ交換”にて承っております。

そのため、iPhoneに保存しているアプリや写真、連絡先などの大切なデータを

初期化する必要がありません。

事前にご予約をしてからご来店いただくと、最短30分程度で交換修理が可能です!

 

お客様のご来店お待ちしております。

 

 

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。