• TOP
  • お役立ち情報
  • 高性能なスマホカメラがあればデジカメはいらない? 両者の違いに注目してみた。スマホカメラの修理はスマホスピタル博多駅前店へ!
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 高性能なスマホカメラがあればデジカメはいらない? 両者の違いに注目してみた。スマホカメラの修理はスマホスピタル博多駅前店へ!

スマホスピタル博多駅前店はiPhone修理やAndroidスマホ修理の専門店です。
iPhone修理なら大抵即日完了!
キャナルシティ博多から徒歩約3分、JR博多駅から徒歩約5分ですので、お買い物や出勤のついでに預けて、帰りに受け取ることができます。
iPadやゲーム機修理だってもちろんOK!
まずはお気軽にご相談下さい。

 

スマホのカメラってかなり高性能だし、たいていの撮影ならもはやデジカメいらないんじゃないの?
……そう思っていた時期が私にもありました。

実際、iPhone、HUAWEI、Xperiaなどカメラに力を入れているメーカーは多く、大きなアピールポイントになっています。
カメラの老舗LeicaがSHARPと共同開発したAQUOS R6は、スマホでは前例のない1インチセンサーを搭載して話題になりましたし、Leica自らもLeitz Phone 1を発売しました。
ここまでくると、一眼レフなどの本格的な単独カメラはプロカメラマン以外必要ないのではないか、と考えるのも自然なことと言えます。

しかしよく調べてみると、やはりスマホカメラはスマホ向けであり、両者には埋まらない溝がはっきりと存在することがわかりました。
簡単にではありますが筆者が調べたことを紹介してみたいと思います。

 

1. センサーサイズ
スマホのサイズに収めなければいけないので当然かなり小さめです。
以下はiPhoneXS分解時の写真ですが、右上の銀パネルの下に2つのバックカメラが収められています。
またフロントカメラは上側にありますが、センサーはレンズ直下にあるので大体の大きさがわかります。
一方一眼レフデジカメのセンサーもレンズとだいたい同じくらいの大きさと考えると、面積比は10倍くらい? 大きなものならスマホの30倍くらいはありそうです。
センサーサイズが大きければそれだけ高精細の写真が撮れるということ。
AI学習などを活用したコンピュータ処理でうまくカバーしています(=コンピュテーショナルフォト)が、ハードウェアの違いは覆しようがありません。
逆に言えばコンピュテーショナルフォトが発達したおかげで、大きなデジカメを持ち歩かなくても同等の写真を撮れるようになったとも言えます。

スマホスピタル博多駅前店 iPhoneXS

2. 望遠レンズやフィルター
ドデカイ望遠レンズをつけた一眼レフカメラを見たことありますか?
遠くのものを綺麗に撮るにはああいった追加装備をつけるか、レンズを動かしてピント調整が必要です。
が、スマホにそんなものつけることはできないし、レンズが飛び出して調整することもできません。
スマホカメラのズームは、カメラユニットに収まる範囲でレンズを動かしているか、デジタル的に拡大処理しています。

そんなスマホカメラの弱点を克服するために、あらかじめ望遠撮影用に調整したカメラユニットが追加されました。
最近のスマホカメラが二眼やそれ以上になっているのは、従来満足に撮影できなかった距離を補完するためです。
超広角カメラやマクロカメラを搭載している機種もありますね。

そしてもうひとつ、偏光フィルターやNDフィルター、クロスフィルターが付けられません。
水族館など、ガラス越しに撮影したら光の反射まで写ってしまって残念な結果になったことありませんか?
偏光フィルターはそういった光の反射を抑えてくれます。
NDフィルターは入射光を減らしてくれるので、明るい真昼の撮影などで白飛びしなくなります。
スローシャッターで滝などの水の軌跡が流れる様子を撮ることもできます。
クロスフィルターは、イルミネーションなどが十字に描かれるアレです。
スマホ用のこれらフィルターもありますが汎用なのでクリップでカメラの前に固定する感じ……スマートじゃないですね!

 

3. ボケ
ポートレートモードで背景をぼかすこともできますが、スマホの場合はデジタル処理で擬似的に再現しています。
LiDARセンサーで測距できればかなり精度硬いのですが……。
レンズの焦点距離から発生するボケではないので、髪の毛や花の茎など細い部分、複雑な部分がうまくいかないこともあります。
これもやはりレンズを動かせないスマホの弱点を他の技術で補っていると言えそうです。

 

筆者が思う大きな違いはこの3つ。
まとめると、スマホカメラは一眼レフには及ばないが、手軽に楽しめる、荷物を減らせるという点が大きなセールスポイントと言えそうです。
取って代わるものではないのですね。

そんなスマホカメラが壊れたらスマホスピタル博多駅前店が修理します!
スマホスピタル博多駅前店 iPhone11Proこんなふうにヒビが入ったiPhone11Proカメラレンズも即日修理!
約30分でヒビのない姿に生まれ変わりますぞ~。
Androidの場合は入荷に時間がかかる場合もありますのでお早めのご相談下さい。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。