• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhoneの大容量バッテリーこれが気にらる!大容量に関して紹介します!
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの大容量バッテリーこれが気にらる!大容量に関して紹介します!

最近、iPhoneの大容量バッテリーを探すお客様の来店が当店にも増えております。

スマホスピタルでバッテリー交換で使用しているバッテリーは、純正のバッテリーと同じ用量でPSEマークを獲得してる安全なものです。

今回は大容量バッテリーに関してご紹介いたします。

iPhoneの大容量バッテリーの効果や危険性は?

iPhoneだけではなく中にリチウムイオンバッテリーが入ってる電子機器だったらバッテリーの寿命は大体2年弱になります。

2年が過ぎたら使えなくなる意味ではなく、バッテリーの減りや最大容量の減少も激しくなり、充電してもバッテリーがすぐなくなったり、バッテリーが放電状態になり充電が溜まらないとかもあります。

その時はスマホスピタルに問合せして頂く最短30分でバッテリー交換修理が出来るので、バッテリーの持ちがわくなったと感じましたらいつでもスマホスピタルご相談ください!

大容量バッテリー効果はある?


バッテリーの減りが早くなり、バッテリーを交換する際に少しでも長持ちさせるために、大容量のバッテリーで交換をお探しの方の来店がたまにあります。

実際、その中では修理のために端末を分解してみると、すでに自己修理でバッテリーを大容量バッテリーで交換してるお客様も中にはいらっしゃいます。

果たしてこの大容量バッテリーはiPhoneの使用時間に役立つでしょうか。

上記写真のバッテリーが大容量のバッテリーになります。

修理端末はiPhone7でiPhone7の純正バッテリーの容量が1960mAhなので

そこから320mAh、16%くらい容量が増えております。

このようなバッテリーで交換すると実際バッテリーの最大容量が増えているので、使用可能時間にもある程度影響はあるかと思いますが、実際の話、そこまで体験できるものではないかと思います。

というのも、大容量バッテリーに交換するのはバッテリーが劣化してから交換することがほとんどだと思います。

なので、大容量バッテリーだけではなく、通常の容量のバッテリーに交換しても、バッテリーの持ち時間が長くなるというのは体感すると思います。

大容量バッテリーの安全性


はたして大容量バッテリーは安全でしょうか?

中には国からバッテリーの安全を確認したPSEマークがついてる物もありますが、上記写真のバッテリーみたいに何の印もないバッテリーもあります。

修理スタッフ曰く、目視できるところにはPSEマークはなかったとのことです。

PSEマークとは電気用品の安心安全に使用できるかどうかを点検しているかの基準になります。

なので、PSEマークがないバッテリーを使用していると、爆発や発火のリスクが高くなるということですね。

バッテリーを選ぶときは必ずPSEマークを確認して安全基準を通過してるか確認するのが大事です。

まとめ

今回はiPhoneの大容量バッテリーに関して紹介させていただきました。

メリットもあればデメリットもあるので使用には注意が必要になります。

また、バッテリー交換で自己修理をするとiPhoneが故障する可能性もあります。

大容量バッテリーを交換する際は、PSEマークがつているかを確認してから、交換することをおすすめします。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。