• TOP
  • お役立ち情報
  • 水没によるiPhoneの故障はAppleCareの保証対象?修理手順もご紹介
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 水没によるiPhoneの故障はAppleCareの保証対象?修理手順もご紹介

皆様のiPhoneは保証に加入されていますでしょうか?

購入先によって保障内容が異なりますが、ご自身の加入されている保証をしっかりと理解されている方が少ない印象です。

もしものときのために保証に加入されていると思いますが、いざ保証を使って修理をしようとしても保証が使えない…という悲劇が起きてしまうこともあります。

今回はiPhoneの故障の中でも多い水没とAppleCareについてご紹介します。

水没したiPhoneがAppleCareを使って修理できるのか、修理手順もご紹介するので是非とも読み進めてください。

この記事でわかること

  • AppleCareの種類
  • AppleCareの加入状況を確認する方法
  • iPhoneが水没したか確認する方法
  • 水没したiPhoneはAppleCareの保証対象か
tel_banner

Appleの保証には2種類ある

そもそも、Appleの保証には2種類あります。

補償内容が大きく異なりますので、覚えておきましょう。

AppleCare


1つ目はAppleCareになります。

AppleCareは簡単に説明すると初期不良などの製品保証になります。

購入から1年間過失がない自然故障であれば、修理や交換、返金という対応が可能です。

また、購入後90日間の無償テクニカルサポートを受けることができ、基本設定や操作などの基本的な初期設定に関するサポートも受けることができます。

AppleCareはiPhoneを購入した際に自動的に加入されているので、保証内容を把握していないと思っていた修理金額と違う!ということになりかねないので注意です。

AppleCare+ for iPhone


2つ目はAppleCare+ for iPhoneです。

AppleCareは無料で製品についてくるのに対して、AppleCare+ for iPhoneは有料で加入する保証サービスになります。

AppleCareは自然故障が基本的な保証内容でしたが、AppleCare+ for iPhoneは過失や事故による故障でも修理が安価で受けることができます。

ここで注意なのが、Appleの修理サポートが終了していない限り、AppleCare+ for iPhoneに加入していなくても修理サービスは受け付けてもらえます。

ですが、AppleCare+ for iPhoneに加入していない、しているとでは修理金額がかなり変わります。

AppleCareとAppleCare+ for iPhoneの違いを簡単にまとめると以下になります。

POINT!

AppleCareは無料でiPhoneを購入したときに付いてくる。
AppleCareは製品保証で過失や事故に対応していない。
AppleCare+ for iPhoneは過失や事故にに対応しており、修理が安価で受けることができる。

AppleCareに加入しているか確認する方法

では、皆様のiPhoneがAppleCareやAppleCare+ for iPhoneに加入しているか確認する方法をご紹介します。

もし、iPhoneが故障してしまって修理に出したいけど、保証に加入しているかわからない…

という方は是非とも確認してみてください。

パソコンからAppleの公式HPで確認する方法


パソコンからAppleの公式HPで保証の加入状況を確認することができます。

確認方法は以下になります。

  1. マイサポート-Appleサポート公式サイト(外部リンク)
  2. 【マイサポートにサインイン】をクリック
  3. Apple ID/パスワードを入力
  4. 2ファクタ認証が届くので入力

購入した製品の一覧が表示されるので、確認したい製品をクリックすると、保証状況が確認できます。

iPhoneから確認する方法


iPhoneが使える状況でしたら、iPhoneから確認することをお勧めします。

というのも、確認方法が非常に簡単だからです

Appleの公式HPのようにパスワードやIDなどを入力する必要はありません。

iPhoneから確認する方法は以下になります。

  1. 設定アプリを開く
  2. 【一般】をタップ
  3. 【情報】をタップ

【AppleCare+】の項目が表示されるので確認しましょう。

tel_banner

iPhoneが水没したか確認する方法

水没したiPhone6s

では次にiPhoneが水没したか確認する方法をご紹介します。

水没したと思っても、実は水没しておらず保証が使えない…ということもあるかもしれません。

その故障が水没によるものなのかはっきりとさせることで、修理に出す場合でも症状を正確に伝えることができます。

iPhoneが水没したか確認する方法は簡単で特別な工具や技術がなくても確認することができます。

iPhoneには液体侵入インジケータと呼ばれる水分に触れると赤く変色するシールが品胎内部に貼られています。

どこにそのシールが貼られているかといいますと、iPhone5以降はSIMカードを抜いた場所に貼られています。

詳しくはApple公式HPに記載されておりますのでご確認ください。

液体侵入インジケータの確認方法(Apple公式HPにリンクします)

このシールが赤く変色していたらiPhoneは水没しているという判断になります。

iPhoneの水没による故障はAppleCareの保証対象?

では、水没したiPhoneはAppleCareの保証対象なのか、というところが気になりますよね。

結論から申し上げますと、AppleCareは水没の対象外になります。

先ほどもご紹介しましたが、AppleCareは自然故障による保証なので過失や事故にあたる水没は対象外になります。

なので、iPhoneが水没してしまった際はAppleCare+ for iPhoneを使って修理をするという流れになります。

AppleでAppleCareを使って水没の修理をしてもらおうとしても、通常価格での修理になってしまうので注意です。

POINT!

水没したiPhoneはAppleCareの保証対象外。
AppleCare+ for iPhoneを使って修理をする!

Appleで水没したiPhoneを修理する方法

では水没したiPhoneを修理する方法についてご紹介します。

Appleで水没したiPhoneを修理する方法は大きく分けて2通りあります。

こちらは保証に加入していてもしていなくても手順に大きな差はありません。

注意点として、Appleで修理をするとデータが消去されてしまいます。

厳密にはデータを消去した状態で依頼する必要があります。

なので、事前にバックアップを作成しておきましょう。

持ち込み修理の場合


1つ目がiPhoneを持ち込み修理してもらう方法です。

お近くのAppleStoreに予約をして持ち込みこむだけです。

ここで重要なのが予約をする、ということです。

予約をしていないと当日の受付ができなかったりなど、せっかく足を運んでも無駄足になってしまうことがあるので注意です。

配送交換の場合


2つ目が配送交換です。

Apple指定の宅配業者がiPhoneを取りに来て修理に出す方法です。

Apple公式HPで依頼する流れになりますので、Apple IDやパスワードは必要になりますので注意してください。

比較的に配送交換の方が修理時間は長くなる傾向があります。

必要に応じて代替え機などを用意しておいた方がいいかもしれません。

POINT!

Appleで修理をする場合はデータの保証がないので、初期化される。
修理に時間がかかることがあるので、必要に応じて代替機を用意した方が良い。
AppleCare+ for iPhoneが使えれば安価で修理ができる。

街の修理店で修理する方法

次にスマホスピタルのような街の修理店で修理する方法をご紹介します。

基本的な方法はAppleと変わりませんが、街の修理店での修理はデータがそのままで行えることが多く、面倒な手続きは必要ないことが多いです。。

持ち込み修理の場合


待ちの修理店でも持ち込み修理が可能です。

ほとんどの場合は予約がなくても受け付けてくれますが、混雑時などを想定して予約をしておいた方が無難でしょう。

必要なものはiPhoneだけと手軽に修理に出せて、修理も当日終わることが多いです。

郵送修理の場合


街の修理店でも郵送修理を受け付けているところが多く、お近くに修理店がない場合でも安心です。

ご希望の修理店に連絡し必要なものを揃えます。

その後、修理店の指示に沿って郵送します。

多くの場合は数日で返送されることが多いようです。

POINT!

街の修理店は水没修理もデータそのままで行えることが多い。

iPhoneの水没修理はAppleと街の修理店どっちかがいい?

では、水没したiPhoneの修理はAppleでした方が良いのか、街の修理店でした方が良いのか悩みますよね…

ここでは、Appleでの修理がいい人、街の修理店の方がいい人をご紹介します。

Appleでの修理がおすすめな人


基本的にiPhoneが水没してしまうと、元の水没していない状態に戻すことは難しいです。

なので、できるならAppleでの修理をおすすめします。

Appleでの修理になると、仮に修理不可になっても本体交換が可能です。

なので、新品同等品やリサイクル品にしてくれることがあります。

iPhoneを長く使いたい方はAppleでの修理がおすすめです。

街の修理店での修理がおすすめな人


先ほどもご紹介しましたが、基本的にはAppleでの修理をおすすめします。

ですが、Appleでの修理はデータがなくなってしまいます。

その点、街の修理店だとデータを残した状態で修理をすることが可能です。

長期間バックアップを作成していない人やデータがなくなってしまうと困る人は街の修理店での修理をおすすめします。

tel_banner

AppleCare+ for iPhoneの対象でもデータが重要ならスマホスピタルまで

AppleCare+ for iPhoneに加入していても、データがなくなってしまうのが嫌…手続きが面倒…という方もいらっしゃると思います。

そんな場合はスマホスピタルでの修理をおすすめします。

スマホスピタルではiPhoneの水没修理でもデータそのままで修理が可能です。

また、街の修理店では珍しいデータ復旧サービスも対応しております。

水没修理では復旧できなかったiPhoneもデータ復旧サービスでデータが取り出せることもあります。

あきらめる前にスマホスピタルまでご相談ください。

皆様のご来店お待ちしております。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。