お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの修理不可になりやすいケース

iPhoneはすごく国内で人気があります、iPhoneの修理ももちろん多くなってますので、

故障した時の修理の選択も増えてきてます。

しかし、残念ながら、すべての故障したiPhoneが無事に修理できるわけではありません。

iPhoneはたくさんの部品が組み合わさってできている電子機器・精密機器です。

Appleや正規代理店や非正規店野修理屋に行っても修理不可といわれたっり、

修理して壊れてしまうリスクが高いと言われたりするケースもあります。

修理不可の原因

まずは修理不可になりやすいケースを紹介します。

 ・Touch ID 、Face ID は故障してしまった場合は...

パスワードを忘れて生体認証ができない場合とパスワードを解除するときに使用するTouch ID 、

Face ID などの生体認証機能が正常に動作しなくなるケース に関して、

この症状は経年劣化でなることが多く、多くの修理店では修理不可となることが多いです。

 

Face ID 使えなくなった原因ははリアカメラとフロントカメラがあります。

フロントカメラが故障しているとFace ID が使えなくなることもあります。

そのようなときは、フロントカメラの交換で改善されます。

(iPhoneX以降はFace IDが破損すると起動が出来なくなることがあります。)

 

iPhone5S~iPhone8まではTouch ID指紋認証機能が搭載されています。

故障してしまうとホームボタンの交換は可能ですが、交換すると指紋認証は一切使えなくなります。

セキュリティーの問題でそのような構造となっていて、

端末の指紋センサーに搭載されているチップは本体のチップと整合性があり、

世界に1つだけの物となります。その理由で修理が不可能になります。

iPhone7以降は更にきびしく、ホームボタンを交換すると起動すら出来なくなるケースもございます。

交換するとリンゴループという症状になります。

Appleでの修理も基本的に全機種で端末交換修理になります。

 

・水没修理

水没修理はほとんどの店ででできますけど、事前に修理しても治らない場合があると言われると思います。

水没修理は基板洗浄なので、水没してしまったiPhoneを修理するためには、内部基板の洗浄および乾燥が必要です。

また、水濡れにより故障してしまった部品については交換修理が必要になることもあります。

しまし水没で基板が故障してしまった場合は修理不可になることが多いです。

 

スマホスピタル名古屋金山店は修理が難しい場合でもデータ復旧サービスを承っております。。

大事なデータを取り出すことができます。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。