お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 充電口に詰まった”ホコリ”にご注意!

iPhone 充電できない

iPhoneの充電口(ドックコネクター)は、経年劣化などによって充電できなくなることがありますが、それ以外にも実は「中にホコリやごみが詰まって充電できない」という例も結構多いのです!

 

故障?ほこりが詰まっているだけ?どちらなのか見分けるには

パーツの故障なのか、それとも異物が詰まっているだけなのか見分けたいとき、まずは充電ケーブルを挿してみましょう。

ドックコネクターが故障している場合、ケーブルをしっかり奥まで挿しても反応がなかったり、ケーブルをぐりぐりするとたまーに反応があったりしますが、ケーブル端子が奥まで入らない場合、ドックコネクター内に異物が詰まっている可能性が高いです。

ドックコネクターはホコリやゴミが入り込みやすく、長く使っているうちに徐々に詰まっていく例はかなり多いのです。特に、工事現場などの粉塵が発生しやすい環境で使っている方に多い印象がありますね!

できれば別売りのカバーなどを使い、ホコリやゴミが入り込みにくいように保護しておくことをおすすめします。

 

ドックコネクターのゴミを取り除くには

中に異物が詰まっているだけで、ドックコネクター自体に問題がない場合、ゴミを掻き出してしまえば再び充電できるようになります。ピンセットなどを使い、端子を傷つけないように慎重につまみ出せば良いのですが、端子を傷つけると今度こそ本当にドックコネクターが壊れてしまう…というリスクはもちろんあります。

当店では、スマホの清掃などメンテナンス作業も承っております。ドックコネクターの異物を取り出すことももちろん可能!

ドックコネクターにゴミが詰まっているっぽい!でも自分で掃除するのは怖い!という方は、スマホスピタル天王寺店にお任せくださいませ。

また、「充電ケーブルの先が折れた!しかも先っぽがドックコネクタの中に残っちゃった!」「イヤホンジャックが折れた!」、というケースもあるのですが、当店でメンテナンスを行うことで詰まった端子やイヤホンジャックを取り出せた例もあります。がっつり奥まで入り込んでいた場合、部品交換するしかないこともありますが…

 

ドックコネクターは結構デリケートです。カバーをつけたり定期的に掃除するなどして、大事に扱ってくださいね!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。